毎朝1分で差がつく。弱い自分に打ち勝つ「5つのルール」

僕はこれまで、4,000人以上の人たちのビジネスコーチング、メンタルトレーニング、キャリアデザインのカウンセリング、英会話や資格試験などの学習トレーニングを行ってきました。その経験をもとに、「人と差をつけるためのコツ」をここで紹介していきましょう。

01.
早起きの特効薬は
「起床報告メール」

everymorning-one-minute03160121-03

僕は学習コーチングをやっているのですが、早起きの習慣がつかなくて困っている、という相談をよく受けます。そこでオススメするのが、「起床報告メール」。これは、毎朝決まった時間に「今、起きました」と誰かにメールを送るというもの。簡単なことのように思えますが、効果は抜群です。

ある公認会計士志望のクライアントは、毎朝6時に「今、起きました」とメールを送ってきます。それに対し僕がとくに返信するわけではありません。ただ、ひとつだけルールがあります。それは、必ず一度ベッドや布団から出て、メールを打つこと。

起床報告メールの目的は、実は早起きすることだけではありません。大事なのは、気持ちよく勉強や仕事ができるようにすることです。これが最終的な目的なのです。

02.
「誰でもできること」を
超・徹底的にやる

勉強やスポーツ、仕事を同じようにやっていても、結果を出せる人と出せない人がいます。その違いは、いかに基礎を徹底してやったかにあります。最初のうちは両者にそれほど大きな差は見られませんが、基礎をやらなかった人は、ある程度のところにくると急に伸びが止まってしまうのです。

たとえば仕事なら、どんな業種でも共通の基礎とされているような、挨拶をしっかりする、遅刻をしない、レスポンスはできるだけ早くするなど。郵便物の宛名や宅配便の伝票は丁寧に書く、といったことも同じです。つまり、「やろうと思えば誰でもできること」を超徹底的にやることが、最終的に結果を出すために不可欠なのです。

03.
「限界」と思った地点から
さらにあと一歩がんばる

僕はスクールの受講生やコーチングのクライアントに、「家で勉強をやるときは、そろそろ終わりにしようと思ってから、あと1分踏ん張ってみよう」と言い聞かせています。それまでどれくらいの時間、勉強していたかは関係ありません。5分しかやっていないときでも3時間やっていたときでも、終わり際にあと1分やってみる。そうして、気持ちのよい状態で終わらせるのがベストなのです。

筋肉トレーニングは、苦しいと感じ出した直後の運動で初めて筋肉がつく、といわれています。これと同じように、学習の成果も「限界までやって、さらにあと一歩やる」ところでグンと身につくのではないか、と考えています。だから、「ああ、もうこれ以上頭に入らない」と思ったところで、あともう1分だけがんばってみる。この終わり際の「あと1分」が大きく効いてきます。

04.
ストップウォッチを使って
「学習アスリート」に

僕は勉強するとき、必ずストップウォッチ機能つきの腕時計を使います。ボタンを押すと、心と体が自然と勉強モードに切り替わるのです。勉強は、「何時までにこれを終える」というように時間とタスクを設定したほうが集中力が高まります。「5分間で単語20個覚える」「20分間で問題集を5ページこなす」と決める。この時間を計るときに、ストップウォッチを使うのが有効なのです。

なぜなら、1秒を厳密に計ることが習慣づくからです。1秒をいい加減にすると、ほかの部分の姿勢までいい加減になる可能性があります。「できなくてもまあいいや」などと思いがちになるのです。ほどよい緊張感を持ちながら、秒数にこだわって勉強に挑む。まさに気分は「学習アスリート」です。

05.
スランプ状態こそ成長前夜
グッとこらえて足を踏み出す

勉強には必ず停滞の時期があります。最初は、やる気、未来への希望があって、勉強も楽しめます。ところがある程度までくると、学習への倦怠感が生まれてきます。いわゆる、スランプ状態というやつです。

スランプ状態というのは、踊り場にいる状態です。一見、平らですが、進んだ先にはまた急に伸びる時期があります。スランプを抜けると、目の前の景色がガラッと変わるような瞬間が訪れる。たとえば、英会話のリスニングなら、「あっ、わかるようになった」と思える瞬間が必ずきます。スランプ状態に陥ったら、「『もうすぐ成長できる』という予告なんだ」と思って踏ん張ってみましょう。

毎朝1分で人生は変わる
コンテンツ提供元:サンマーク出版

三宅裕之/Hiroyuki Miyake

シナジープラス㈱代表取締役。早稲田大学商学部卒、コロンビア大学教育大学院修士。㈱ベネッセコーポレーションを経て起業。NLP心理学、英語・中国語、マクロビオティック、引き寄せの法則、ボディエクササイズなど、心技体の各方面にわたる教育事業を展開。現在は中国に在住し、中国人向けのリーダーシップ教育、日本人向けの中国語通信教育も行う。

生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。彼...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
ゲームにルールが存在するのは、プレーヤーを縛るためではなく、ゲームに緊張感のある面白さを与えるためである。じゃんけんでも、サッカーでも、もちろんドラクエで...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
あなたは、毎日訪れる「朝」をどう過ごしていますか?ギリギリまで眠ってバタバタと準備をする人もいれば、優雅に朝食を楽しむことに幸せを感じている人もいるでしょ...
前人未到の大記録を成し遂げたトップアスリートや、何百人もの観客を熱狂させるアーティストなど、「すごい人」はみな、発言や行動に一貫性があります。これは、なに...
彼氏や彼女の存在は、勉強をするにあたってプラスになるのか、それともマイナスになるのか。たとえば、受験期間は異性との交際を我慢してストイックに勉強に取り組む...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
あなたの周りにもきっといる「自分を持つ女性」。とはいえ、具体的にどの行動がそうした印象につながるかは、よくわからないのでは?そこで、それらを言語化してまと...
冬が近づいてくると、理由もなくなぜだか寂しいという気持ちになって、シングルの人は出会いを欲するのではないでしょうか。いまは恋人が欲しくないと考えていたけれ...