【速度20km・重さ4kg】持ち運べる「電動スクーター」

まずは、実際に走っている様子から見てみましょう。

Ded7e90c862b1e84db4b5f6ccb415ecc94c96f8b

自転車のかわりにいいかも!組み立てもカンタンそうです。気になるスペックをおおまかに説明するとこんな感じ。

重さ4kg

Bd63968b4f28b831bb0c04de7e1d42539e195776

一般的なママチャリの重さと比べると5分の1くらい!

ボードの長さは40cm

Adb0ab1efcdf748ca8c56091c05320bce0a82f2a

横幅も十分。ちゃんと両足をのせられます。

ハンドルの高さは110cm

5a73d2cb4680d9a080a41aadabfdd4bcd8b008bb

コンパクトだけど、組み立てれば高さも十分♪

走ったルートを保存できる

8e2a3e76d9bb8334c92a972119f2f24524d3fb69

あとでどのルートを通ったか確認できるので、裏道探しにも活躍!

バッグにも収納可能

3fbccfa8a9f75ab58c4b49bfabf7663e92d20b75

電車も乗れます。

スマホでバッテリーや
データがチェックできる

651fbff353e5aac5d7b74471c1a91e6cd3b187bb

などなど機能は多彩。20kmものスピードが出る乗りものが携帯可能、というところが嬉しいですよね。バッグにいれて持ち運べるサイズで、見た目もグッド!

06cc37e0275e7e2970db082b04e3a6b22eec94b5

スイッチやバッテリーメーターはハンドル部分に。

6523ae00c89f2dbeba3bbeddf8f57c1031c4037b

車にのせれば、出先で移動手段として使えますよね。

811d893c9e269e0f5d17e8a56766e1bff3fc17f9

フル充電で走れる距離は10kmほど。300g重くはなりますが、バッテリーは増設できるので最大20kmまで走れます。

残念ながら、日本国内の公道は法律上走れません。が、広い敷地内を移動するセグウェイのような手段としては応用できるかも。今なら「Kickstarter」で299ドル(約3万5千円)で事前予約できます。すでに目標金額は達成、配送開始は2016年3月を予定しているとのこと。安いし、乗ってみたい!

Licensed material used with permission by Crazyfire Technology
Reference:Kickstarter
まず、その見た目に胸がドキドキしませんか?その他、こんなカラーも。まるでボートみたいなゆったり感。フロントバンパーやステップ、吸気口など、細かなところもイ...
このスクーターは、ボディそのものがフレームとして機能するモノコック構造。しかも、その素材として使われているのは植物。え!?麻繊維と樹脂を使って製造した電動...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
天才的なアイデアで世の注目をさらったこのカート。なんと、通常立ち乗りで使用される「バランススクーター」に、ビーチチェアを合体!4輪車両にしてしまいました。...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
ハイテクスニーカーやアウトドアギアによく使われる表現に「ウルトラライト」がありますが、ここで紹介する椅子がまさにそれ。だって1.2kgって言ったら、牛乳パ...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
旅は、いつだってワクワクするもの。特に、出発日の朝に空港へ向かっているときは、なんともいえない高揚感に包まれる。ただし、ちょっとだけ厄介なのが手荷物。もち...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...