スネイプ先生役「アラン・リックマン」の素顔と彼が、共演者に贈った手紙 

海外各紙が、俳優アラン・リックマンの訃報を報じています。69歳でした。映画『ハリー・ポッター』シリーズで、セブルス・スネイプ役を演じ、原作ファンからも「スネイプそのもの」だと高く評価されていた人物です。

その他にも『ダイハード』、『ロビン・フッド』、『ラブ・アクチュアリー』など数々の話題作に出演した名優でした。『ハリー・ポッター』シリーズの共演者もその訃報を知り、悲しみのコメントを寄せています。

ダニエル・ラドクリフ
とてつもなく親切な人でした


 

「アラン・リックマンは、これまで共演してきた俳優の中で最も偉大な役者の一人。疑う余地はありません。悪役として知られていましたが、とてつもなく親切で、寛大で、謙虚で、面白い人でした。そして、『ハリー・ポッター』シリーズでは、ぼくを子供扱いすることなく、同じ大人として接してくれた人です。まだ幼かった頃から、彼と一緒に働けたことは、これ以上ない幸せです。彼が教えてくれたことは、これからもぼくの中で生き続けます。映画界は、あまりにも偉大な存在を失ってしまいました」

 

  エマ・ワトソン 一緒に働けたことを とても幸運に思います

 

I'm very sad to hear about Alan today. I feel so lucky to have worked and spent time with such a special man and actor. I'll really miss our conversations. RIP Alan. We love you

Posted by Emma Watson on 2016年1月14日

 

「今日、アランのことを聞いてとても悲しい気持ちです。あんなに素晴らしい人と一緒に時間を過ごし、あんなに特別な俳優とともに働けたことを幸運に思います。一緒に話した時間が恋しい。安らかに眠ってください。愛を込めて」

J.K.ローリング
素晴らしい役者であり
とても素敵な人でした

「言葉にできないほどのショックを受けています。アラン・リックマンの訃報を知りました。彼は本当に素晴らしい役者であり、とても素敵な人でした」

アラン・リックマンが
生前に書いた手紙

俳優としてだけでなく、ひとりの人物として多くの人から尊敬を集めていた彼ですが、生前に書き遺したあるメッセージが、いま再び話題になっています。「Independent」が紹介したのは、映画雑誌『Empire Magazine』に掲載されたもの。

それは、2011年に『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の撮影が終わったとき、アラン・リックマンがキャストたちと自分の役にあてて書いた別れの手紙。彼の人柄が感じられます。

「たったいまスネイプ先生として最後のアフレコ収録を終え、スタジオから戻ってきたところです。回想シーンが映しだされたスクリーンには、10年前のダニエルやエマ、ルパートたちの姿があり懐かしかった。まだ12歳の頃です。ちょうどニューヨークに行っていたのですが、そのときブロードウェイでダニエルが歌って踊っているところを見ました(とても素晴らしかった)。どうやら、人生はあっという間に過ぎてしまうようです。3人はもうすっかり大人になりました。作者のJ・K・ローリングと電話で話したときから、もうずいぶん経ちました。スネイプの衣装が変わらないことには意味があると説得されたときのことです。まだシリーズは3作目までしか出版されていませんでしたが、彼女のなかにあった壮大で繊細な物語の全体像はたしかなものでした。これは、語り続けられるべき物語です。しかし、それには素晴らしいストーリーテラーが必要だ。J.K.ローリング、いままで本当にありがとう」-アラン・リックマン

Top Photo by Stephen Lovekin/Getty Images Entertainment/Getty Images

Referene:Daniel Radcliffe,Emma Watson,J.K. Rowling,Independent.

今からまだそんなに遠くない未来のお話。日本全国から選り抜きの「不幸な高校生」ばかりが集められた「私立不限高校(通称:フコウ)」が設立された。いじめや貧困、...
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
え、白黒写真じゃないの?と疑うのも無理はありませんが、コチラの動画を見て下さい!イラストレーターのHeather Rooneyさんが描いた、スーパーリアリ...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
「魔法学校に入学したい!」映画、ハリー・ポッターシリーズを見てそう叫ぶ子どもたちも多いかもしれませんが、ホグワーツ魔法魔術学校って、入学するのに結構お金が...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
LINEやメールで手軽にメッセージをやり取りできるからこそ、手書きのぬくもりが見直されている今日この頃。さらにもう一歩踏み込んだ“新種の手紙”が登場し、関...
この手紙は、イギリスのチャーチル首相宛てに、妻のクレメンティンから贈られたもの。ドイツ軍の侵攻が激しさを増すなか、窮地に立たされていたチャーチルを救い、1...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...
俳優、モデルとして活躍中の尚玄氏。彼にはプロフィールには載らない“旅人”というもうひとつの顔がある。彼にとって、旅とはなんなのか? それは表現にどう役立っ...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
ここで紹介するのは、「Lessons Learned in Life」で掲載された、年老いた母が、娘に贈った手紙という記事。すこし物忘れをしやすくなってし...
イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。昔ながらの変わ...
偉大なる探検家である彼の名前は、ロバート・ファルコン・スコット。イギリス海軍の軍人で、南極探検チームのリーダーを務めました。ショーン・アッシャーさん編集の...
届けたくても、届けられないーー。そんな思いを受け止めてくれる「漂流郵便局」が、香川県の小さな島にポツリと立っています。宛先は、いつかのどこかの誰かこちらは...