「10人中9人が見えない画像」あなたは見える?

この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。

Medium 5019cbd57e1d7b01e823a19e8ac39e8bed8a469d

どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…という人は、画像をもっとスクロールしてみるといいかも。

画像に
写っていたのは…

おそらく見えていた人も多いかもしれません。そう、写っていたのは「パンダ」です。しかし、どうやらそれだけでは「見えていた」とは言えないのだとか。この絵には、こんな意味が隠されていました。

画像右下に書かれた
あるメッセージとは?

Medium 0444b4332e47be314940d4ae17292d0314acd7a0

「THEY CAN DISAPPEAR(絶滅する可能性アリ)」

このパンダのマークは、環境保護団体「WWF」のロゴとして知られています。「Come on England !」によると、画像は2010年にロシア人アーティストによってつくられたもの。SNSに投稿されたことで再び話題になりました。

制作した「Ilja Klemencov」は、年々パンダの個体数が減少していることをもっと多くの人に認識してほしいと考えていたそうです。つまり、10人中9人に知られていなかった事実、を意味していたのがこのイメージだったというワケ。

WWF」に掲載された2015年の中国政府の発表によれば、絶滅危惧種に指定されている「ジャイアントパンダ」の推定個体数は1,864頭。うち、1,246頭が保護区域内で生息中。ここ十年ほどは増加傾向にあると認識されているようですが、たしかに知らなかった人も多いのかもしれません。動物や自然環境について、改めて考えさせられる画像でした。

画像のパンダがまだ見えない!という人は、WWFのホームページを確認してみてくださいね。

Licensed material used with permission by Klemencov
この動画の人物、誰に見えるでしょう? きっと、アルベルト・アインシュタインだと言う人が多いのではないでしょうか。でも、実はある条件によってマリリン・モンロ...
言葉って難しい。こちらが心配して発しても、人によっては気分を害してしまう。褒めているのに侮辱していると思われることもある。しかも、厄介なのは、私たちが普段...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
白と黒だけで表現されたこの一枚の絵、あなたには何に見えるでしょう?絵の中に潜むあるモノを見つけ出してしまった人。ひょっとしたら、アナタには“見えないものが...
一人旅が最高の旅のスタイルであることの理由!「ひとり」であることには、しばしばマイナスイメージが付きまとっている。例えば、1人で食事をしたり、映画を観に行...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...
人間関係においてある程度の計算はどうしても必要なものですが、中には「この人腹黒い人だな」と感じてしまうほど計算高い人もいますよね。そんな腹黒い人によく見ら...
あなたの周りに、存在感のある人はいますか?なぜかは分からないけれど、何となく周囲に一目置かれている人。姿を見せるだけで、その場の空気を変えられる人。地位や...
尊敬とは何でしょう?権力で誰かを従わせたり、恐れさせたり、サービスをお金で買ったりすることはできます。しかし尊敬の気持ちは、権力やお金ではどうにもできませ...
世の中には「話しやすい人」と「話しにくい人」がいますよね。話しやすい人と会話していれば、自然と盛り上り、また会って話したくなるもの。話しにくい人は会話がな...
あなたはこのドレスを知っているだろうか?青と黒に見えるか、白と金に見えるか?で話題になった画像だ。There's a scientific explana...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
上品な人は、特に意識をせずとも相手が心地よいと感じる立ち振る舞いや話し方ができています。上品な人に共通する10の特徴を具体的にまとめていますので、あなた自...
登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
たちが悪い人が周りにいるとしたら、たいていの人はどうしたらよいか悩んでしまうものです。たちが悪い人に共通する特徴を知ることで、どう対処すべきかを考えるきっ...
あの人、私と同じ年なのに、どうしてあんなに若く見えるんだろう? 不思議に思って聞いてみると、釈然としない「特別なことはしてないよ」という答えが……。その差...
年齢を重ねるごとに、子どものときの純粋な気持ちは薄れて、より現実的になってしまうものです。大人になってからも純粋な気持ちを持ち続けている人って、なんだか輝...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
海外サイトでは、頻繁に恋愛に関する記事が話題になる。それは、もしかしたら、多くの人がより良い人間関係を築きたいと思っている証拠かもしれない。恋愛のかたちは...
これまで見たこともないくらい、ポップでスタイリッシュな「だまし絵」が登場。目の錯覚を引き起こすのは、複雑な描写だけじゃないんですね。このまま額装すれば、部...