子どもたちに「愛ってなんだと思う?」聞いてみら・・・純粋な答えに胸が打たれる

この記事は、ライターTodd Perry氏が「GOOD Magazine」で紹介した、子どもたちが考える「愛の定義」について。大人だって返答に悩むようなこの話題。それを4歳〜8歳の子どもたちは見事なくらいに闊達で、シンプルに自分の言葉で表現しています。う〜ん、イイ!

子どもたちが教えてくれる
「愛の意味」が深い

2d491b1c21f6c449073303ee858b13ab81f653d1

Noelle(7歳)
「たとえば、誰かに『そのシャツかっこいいよネ』って言ったとするでしょ。そしたらその子、毎日それを着てくると思うんだ」

Elaine(5歳)
「ママが、“グリルチキン”の一番美味しいところをパパに取り分けてあげてたのね。それって、愛があるからでしょ?」 

Danny(7歳)
「ママが、自分が飲むんじゃないコーヒーをパパのために淹れるとき、美味しくできたかどうか、いつもひと口味見してからパパにあげているんだ」

04676aa1746a44fb9099a7b03e73b1968ad61f54

Terri(4歳)
疲れてるときでも、わたしをハッピーにしてくれるもの」

Rebecca(8歳)
「おばあちゃんが関節痛になっちゃったのね。背中を丸めて足の爪にネイルするだけで痛いんだって。そしたら、おじいちゃんが代わりにネイルしてあげてるんだよ。自分だって関節が痛いはずなのに。これが愛だって思った」

Billy(4歳)
「ボクのことが好きな人はね、みんな呼び方が違って聞こえるんだよね。だからすぐ分かるよ」

6c33a2033956dd0cd66e37f0bfd3cc780f4d66e7

Bobby(7歳)
「愛って、つまりクリスマスの朝、自分の部屋にあるもの。真っ先にプレゼントを開けるんじゃなくて、まずは想像するってことなんじゃない?」

Nikka(6歳)
「もっと上手に愛する方法を知りたいなら、まずは嫌いな友だちと仲良くなることから!」

Cindy(8歳)
「ピアノリサイタルのとき、ステージに独りぼっちで、本当に心細かったの。みんなが私のことを見てて。そしたら、ニヤニヤしながらおっきく手を振っているヘンな人がいるのが見えたの。そう、パパ。他の誰もそんなことしてないのに。もう、怖いなんて気持ち、どっかに吹っ飛んじゃった」

Aaf045ce3fff04f71dd62af0bb863d15d419fdf9

Emily(8歳)
「いつでもキスできること。それでキスに飽きたなら、今よりもっと一緒にいる時間をつくって、いっぱい話をするの。私のパパとママはそうしてる。でも…キスしているときの2人は、ひっどいけどね」

Mary Ann(4歳)
「一日中ひとりぼっちだったのに、お家に帰ったら子犬が飛びついて、ほっぺをペロペロって舐めてくるんだ」

Tommy(6歳)
「知り合ってから、ず~っと仲良しで、お互いのことを何でも知ってる、おじいちゃんと、おばあちゃん」

Aaf045ce3fff04f71dd62af0bb863d15d419fdf9

Jessica(8歳)
「“アイ・ラブ・ユー”の意味が分かってるなら、いっぱい使わなきゃ!そのうち忘れちゃうよ」

Licensed material used with permission by Tod Perry
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
いつもありがとう、Google先生。世界中の人が毎日たくさんの疑問を検索していますね。でも、検索以外にも答えを知る方法はあります。たとえば、身近な人に聞く...
「All You Need Is Love (愛こそはすべて)」誰にでも愛が必要だ!とは、The Beatlesの有名な曲の一節。でも、そもそも愛って何で...
親が子供にしてあげたいことって山ほどあるんです。生まれる前はあれもこれも、なんでもしてあげたいと思っていたのに、実際に生まれると、毎日の生活でいっぱいいっ...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
世に恋愛の名言はごまんとありますが、不思議なものでどれだけ昔の偉人が語ったコトバであっても、そこに「古っぽさ」を感じることがないんですよね。今も昔も、愛は...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
小学校の先生であるアドリアーナ・ロペスさんは、2015年1月に乳ガンと診断され、現在化学療法を受けています。そんな彼女を励ますため、生徒たちで結成されたコ...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
家族や恋人、友人など、周りの人に対する愛の形はそれぞれです。でもすべてに共通する大切なことは「相手を思いやる」ということ。ここでは、世界のさまざまな「想い...
愛とは、瞬間的につくられるものではなく、じっくり育むもの。それは、お互いを大切にしている想いから、時間をかけてゆっくりとできあがってきます。まずは、あなた...
これって、本当にあるあるだと思う。恋人に気を使わなくなっていくほど、陥りやすいのが過度な要求。やりすぎていると自覚しにくいから怖いんですよね〜。「I He...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
年齢を重ねるごとに、子どものときの純粋な気持ちは薄れて、より現実的になってしまうものです。大人になってからも純粋な気持ちを持ち続けている人って、なんだか輝...
レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は聞いたことがあるはず。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの20...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
フロリダ州・マイアミに住むLauren Ellman先生(以下、ローレン先生)は、「THOUGHT CATALOG」で恋愛関係、デート、自己愛、ワークライ...
一見すると、キスは唇と唇が触れ合うだけのシンプルな行動。でも、お伽話でもあるように、ときに愛する2人にとって「魔法」のような効果もあるようです。「The ...