ありのままの自分で、夢を実現させる「5つのヒント」

現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身といかに向き合うか」です。

その方法のひとつが、ライフスタイルを自分でデザインしてみること。早速、そのヒントをお教えしましょう。

01.
ライフデザインの基本は
「毎日をどんな気持ちで
過ごしたいか?」

shutterstock_141521119_2あなたは、毎日をどんな気持ちで過ごしたいですか?1日に何をするか?よりも、「何かをすること」によって「どんな気持ちを得たいか?」や、日々「自分自身がどう在りたいか?」が大切だと思っています。

私は「自由であること」「クリエイティブであること」「チャレンジする自分であること」「心身ともにヘルシーであること」「自分に正直であること」「何に対しても柔軟に、先入観を持たずに、愛を持って接すること」などを大切にしています。

そんな私のライフスタイルは、これら「得たい気持ち」や「在りたい自分」をベースにデザインされています。例えば、型にはまらない時間の使い方や場所のチョイス、制限を持たない考え方、斬新なインテリア、自然を取り入れてナチュラルなものに囲まれた、愛のある暮らしをしています。自分の感情や感覚に従ってライフデザインするからこそ、毎日をワクワク・ドキドキした気持ちで、いろんなものにトキメキを持って過ごすことができています。

02.
成長したければ
まず住まいを変えるshutterstock_104757734_2

家を見れば、その人がどんな性格か大体わかりますよね。センスや、何を大切にしているかといった価値観はもちろん、家にいらないものがたくさん散らかっている人は、普段の生活や心の中にも、いらないものがたくさん散らかっていて、本当に大切なものを探そうと思った時にすぐに見つからなかったりします。

家はあなたが1日で一番長い時間を過ごす場所。あなたがつくられる場所なのです。自分が納得のいく、大好きなものに囲まれた、心地いい空間にしましょう。人間関係や思考はもちろん、外的環境要素など、人は長くそばにあるものの影響をとても受けます。成長したかったら、まずは長く時間を過ごすであろう、住まいを変えることからはじめましょう。

03.
モチベーションのスイッチを
スケジュールにたくさんセットする

shutterstock_331470785_2モチベーションのコントロールさえできれば、毎日をエネルギッシュに、楽しく過ごすことができます。でも、これがなかなか難しいんですよね…。だから、私はあらかじめ、自分のモチベーションを上げるもの、下げるものをリストアップしておいて、下げるものには極力近づきません。

ただし、上げるものに関しては定期的にセットしています。あらかじめ自分の手帳に自分のモチベーションが上がるスイッチとして書き込んでおくのです。例えば…

オープンカフェで太陽を浴びながらコーヒーを飲む
大好きな心許せる友人とランチをする
気になっていたエステやヒーリングを受けに行く

など。他にもたくさんありますが、これらを1日の中に必ずひとつはセットします。スケジュール帳に書き込んでおくと、眺めるだけでモチベーションが上がります。特にエネルギーを使う予定の後など、自分へのご褒美としてもいいですね。

04.
日常でもリゾートを感じる
スローライフ

shutterstock_157255361_2私はリゾートが大好きです。とは言っても、なかなか普段からリゾート地に行けるわけではありません。日本でがむしゃらに働いてリゾートに逃げる…という形でなく、いかに日常でもリゾートにいる時の気分を味わえるかがポイントです。

そのためにはまず、心にゆとりを持つこと。つまり、時間にもエネルギー的にも余裕を持つということです。もし今の暮らしでそれが難しいと思うなら、いっそライフスタイルをチェンジする必要があるかもしれません。

もしもあなたが心に余裕のある暮らしを望むのなら、リゾートにいる時のことを想像してみてください。どんなことを考え、どんな格好をし、どんな時間の使い方をしていますか?

食べるものやインテリア、出かける店、サウンド、ファッションなど、その時の自分になったつもりで、日々の暮らしの選択をしてみてください。

05.
どこに住むかより、
どう住むか

567_225967021

欲しい「モノ」を手に入れると、今度は別の「モノ」がよく見えたりします。「モノ」にフォーカスしていると、いつまでたっても満たされることはありません。

これは住まいも一緒。もっと⚪︎⚪︎な家だったら、⚪︎⚪︎に住んでいたら…、と思いを巡らすよりも、今ある家に感謝して今の環境を最大限楽しむ工夫をしましょう。欲求から満たされる方法はただひとつ。自分の外を見るのではなく、内を見ること。

でも不思議なのが、今あるものを、余すところなく味わいつくして、楽しむのです。今あるものにだけ目を向けると、不思議とそれ以上のものが目の前にチャンスとして現れたりします。

私は海外が好きで、海外ばかり行っていた時期もありました。日本で息詰まると、すぐに海外に行きたいと思っていたのです。でも最近は、日常の暮らしを丁寧に、自分とも丁寧に向き合っていったところ、自分の家や毎日の生活が、とても愛おしく特別に思えるようになりました。

すると、前ほど海外に行きたいと思わなくなりました。…けれど、それから海外のご縁や、海外でのお仕事の依頼が増えたのです。

私らしく夢を実現するライフスタイル
コンテンツ提供元:長谷川朋美

 

仕事、会社、結婚、住まい…。自分の人生は、本当にこのままでいいのだろうか?30代になると、そんな不安が一気に押し寄せてくるもの。ここでは、書籍『30代のあ...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
前人未到の大記録を成し遂げたトップアスリートや、何百人もの観客を熱狂させるアーティストなど、「すごい人」はみな、発言や行動に一貫性があります。これは、なに...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
幸せは自分でつくり出すもの──。なんてよく言われていますが、実際これができる人が少ないのは、難しく構えているからかも。もしかしたら、「Thought Ca...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
人が夢を諦めてしまう瞬間って? そんな疑問を視覚化したイラストが話題です。一見ネガティブにも見えますが、反面教師にすることで挫折を回避するためのヒントとし...
ヤクザという稼業は、社会悪と見なされる存在。しかし、その一方で組員に心酔されるばかりか、市民からも厚い信頼を得る親分(組長)や幹部も少なからずいるのが事実...
原田まりる/Mariru Harada哲学ナビゲーター・コラムニスト。1985年生まれ。大学在学中より芸能活動を行い、レースクイーン・オブ・ザ・イヤー20...
雷に苦手意識を持つ人や、嫌なイメージを抱いている人は多いはず。閃光と雷鳴。それが夢の中に登場するとき、そこにどんなメッセージが込められているのでしょう。「...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
夢を思い描くことは大切なこと。もちろんそればかりじゃいけないとわかってはいます。では、頭の中にある理想を実現するために一体何が必要なのでしょう?そのヒント...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
「これだけ頑張っているのに、なぜ結果が出ないんだろう」「あの人の悩みはしっかり聞いたのに、なぜ私の話は聞いてくれないのだろう」自分が与えたものと同じくらい...
モノや情報に溢れる現代社会。何かを手に入れることよりも、手放すことの方が難しかったりします。あなたの家は、ついつい買ってしまったモノで溢れていませんか?じ...
どれだけ運が良かったとしても、努力の積み重ねがなくては夢は叶わないでしょう。では、一体どのような努力をすればいい?その答えが「mindbodygreen」...
一度きりの人生。夢を叶えられるかどうかは、あなた次第です。そして、その夢に向かって努力する過程で必要なのが、何よりポジティブな心構えだと教えてくれるのは、...
赤ちゃんが出てくる夢は基本的に吉夢とされることも多いです。なぜなら、赤ちゃんはお母さんと深いつながりのある存在だから。しかし、つながりが深いからこそ、夢の...