「働くママ」を子どもはどう思っているのか?意外な展開にママたちが号泣・・・

「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」

世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になっています。テーマは、自分の描く「理想の母親像」と「現実」とのギャップ。子どもの目を通して見えた、本当に大切なこととはーー。

「理想の母親像」と「現実」を
4人のママに聞いてみた。

33f3b2677fecd9316bdcc73c8104136d00955112

「子どもを産む前は、怒ることなく過ごせると思っていました。でも、とにかく朝は出勤の時間が頭の中にあるので、怒っちゃうというか。いつも笑顔でいたいと思ってるんですけど、私はちゃんとできていないと思うことのほうが多いです。母親としてこれでいいのかなって思うことは多々ありますね…」

7e6a3e241780a1170c190d6f69d8f5fbfa70b50c

「できることなら笑顔が多いほうがいいですけど、基本的に怒鳴っています…」

3944c5ee1125b746e46a6fd16fd8c9224350ef91

「子どもを育てるために仕事をしているはずなのに、その仕事のせいで子育てが疎かになっていて…ごめんねって気持ちがすごく強いです」

343715143e27e27dad6baebe12b9253bdfebdc29

「私が描いている母親像が、実際の自分とすごく違うんです。子どもにとって目標になる人でいるのかなと不安になります」

…と、みなさんかなり不安げな様子。頭の中では「笑顔で!」と思っていても、いざとなると、穏やかでい続けるのは難しいですよね。でも、

ママのこと、子どもは
こう思っていました!

それぞれの家庭で、心温まる展開が待っていました。一生懸命頑張っているのになかなか自信が持てないママさんたち、子どもはちゃんと親の努力を見てくれているものですよ!

Licensed material used with permission by 片岡物産株式会社
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
子を持つ母親には、本当に頭が上がりません。そう思わずにはいられない動画を「Jukin Media」よりご紹介。再生後に現れるのは、生後8ヶ月の3つ子と2歳...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
もし、子どもが作った作品が名前のない状態で展示されていたら、親は気づいてあげられるでしょうか?また、その結果に子どもはどう反応するのでしょうか?ここで紹介...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
彼氏ができてハッピー!…だけど、この関係が続いたら、ゆくゆくは待ち受けている彼ママとのご対面。できれば仲良くしたいけど、もしも気に入ってもらえなかったら…...
幸福度の高い子どもを育てるには?また、その後もハッピーな大人に育つには?じつは、ある大事な法則がありました。「inc.com」の人気ライターJeff Ha...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...