全米で最もセクシーな医者「一番寄付をしてくれた人とデートします」→応募殺到→約300万が集まる

アメリカで“セクシーすぎる”20代のイケメン医師が、自分の魅力を最大限に活かした奇想天外なチャリティーを実施中。「一番多く寄付してくれた女性とデートします」。自らの美貌を競売にかける大胆さ。彼の真意はどこに?

“もっともセクシーな医者”
誰かボクとデートしませんか?

Medium 6a6ccf595a03dae85c08dcbb6517f68ef9817576

家庭医療医として2年目のMikhail Varshavski医師。その甘いマスクと患者をとろけさせるような優しい笑顔で彼は、2015年『People』誌が選ぶ「もっともセクシーな男性」コンテストで、ナンバー1“セクシードクター”に選出された人物。

この受賞を機に人気は急上昇。Instagramのフォロワーはすでに130万人超えています。

Medium d6b384419ef8d6a08c9a52671ba3524f3982c61c

さて、年が明けて2016年1月初旬、彼はInstagramにある驚きの内容を公開しました。「WILL YOU GO ON A DATE WITH ME?(誰かボクとデートしてくれませんか?)」満面の笑みでサインボードを掲げるドクター Varshavski。

「ウソでしょ?行きたーい!」「え、NYCで?」「先生がアジア人好きであってくれることを祈ってます♡」イケメンドクターからのまさかのお誘いに、コメント欄には続々と驚嘆のメッセージが寄せられました。

デート権をかけた寄付合戦

Medium 0ee813f23492b55cb2a77d234e086a7516979562

SNSでの公開デート相手募集。この裏には、ドクターVarshavskiのある秘策がありました。
デート相手の応募を行う出合い系アプリ「Coffee meets Bagel」で、ひとり10ドル(約1,200円)からの寄付を呼びかけたのです。つまり、彼は自分自身を競売にかけ、最高額を寄付してくれた女性とデートするというもの。1月27日が締め切りだそうですが、すでに25,000ドル(約300万円)以上の寄付が寄せられているんだとか。はたして、その寄付の目的とは何だと思います?

Medium d49fa17b3851df92577601ab37957f26516090b2Medium 087fa16e118b2a4ca0b8099e46a076f7bd7fbe86

実は、ドクターVarshavskiには、ソーシャル企業家であり慈善活動家としての、もうひとつの顔があります。

自ら創設した「Limitless Tomorrow」は、学生やアーティスなど、可能性を秘めた若い人たちに資金提供するチャリティー団体。今回のデート権をかけた寄付は、すべてこの団体を通じて若者や学生たちの奨学金に充てられる予定。ドクターVarshavskiは、Instagramでこれを公言したうえで、女性たちへ寄付を呼びかけているのです。

航空券、ホテル代、レストラン
すべて無料の超豪華プラン付

Medium 601c64d280d5b8080484d5a5ec3fb46757516a3e

さて、驚くのはその内容。NYまでの往復航空券のほか、宿泊先は四つ星高級ホテル。さらに、ミシュランで星を獲得したレストランでの豪華ディナー付き。さらにどんなムーディーな仕掛けがあるかは分かりませんが、とにかくデート権利獲得者には、至れり尽くせりのおもてなしが待っているんだとか。

Medium 38066da858bf702a1d29f029d5a30d6e682a0d49

「とってもwin-winな関係だと思うんだ」

アメリカらしいというか、なんというか。この自身こそ、「もっともセクシーな医者」に選出される人物たるゆえんだったりして。さらっと、言ってのけたかどうかは知りませんが、ドクターVarshavskiのコメントを「Metro」が紹介しています。

最後に、彼とのデートをかけた寄付合戦。日本からも参戦できるそうですよ。

Reference:Metro, COSMOPOLITAN
Licensed material used with permission by Doctor Mike
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
欧米では、すでにおなじみ毎年恒例の「消防士カレンダー」。鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露するのは、現役フランス人消防士たち。鋼の肉体は然ることながら、美...
ライター・Zara Barrie氏が、女性として、いつでもセクシーな気分でいるための方法を伝授!参考にしてみては?私は、「セクシーな気分」になるのが大好き...
2014年の夏に話題となった「アイス・バケツ・チャレンジ」は、インターネットの影響力も加わったことで世界中に拡散され、大きな社会運動へと発展しました。氷水...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...
Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏がエボラ出血熱の感染拡大を阻止する為に「25億円の寄付」を行ったことが話題になっている。フェイスブックに...
何がすごいって単純に美しすぎるんです。まずは、どんなカップルのデートなの?というところからですが、写真を見れば一目瞭然。誰がどう見たって美男美女のモデルカ...
「サッカー日本代表のエース」「ACミランの10番」そんな“本職”以外にも、「経営者」や「クラブオーナー」「MITメディアラボ特別研究員」など、さまざまな肩...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
「Elite Daily」の女性ライターZara Barrieさん。正直でストレートな内容が人気の彼女が今回執筆したのは、「セクシーな女性が抱える6つの悩...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...
東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市の復興を願い、筆記具メーカー「MONTBLANC」がチャリティーオークションを実施する。対象となる商品は、あの“...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
アメリカで最も物が売れる日と言われているのが、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の「ブラックフライデー」。さらに週が明けた月曜日は、EC業界がセールを始める...