苦手な人とうまく付き合う「5つの秘訣」

悪い人ではないけれど、「苦手だな」と感じてしまう人はあなたの職場にもいるのでは?しかし、そんな人たちでも深く付き合えば気の合う友人になれるかもしれません。もしかすると、大親友になることも!?

そのチャンスを逃さないためにも、これを読んで苦手な人との付き合い方を変えてみましょう。

01.自分から積極的に関わる!

認め合える存在に

会社にひとりやふたり苦手な人がいるという人も多いでしょう。
社会に出ると、学生時代のように気の合う仲間とだけ過ごすことは難しくなります。たとえ苦手な人であっても、仕事の場面では「苦手だから避ける」ということはできませんよね。どんなに苦手な人であってもコミュニケーションを取る必要があるのです。

そんなときは、自分から積極的に関わってみてください。仕事のやり方や考え方などを通して尊敬する部分が見つけられたり、あなたにとって苦手と思えていた行動も、円滑に業務を推進していくための手段だったという発見があるかもしれません。

02.「個性は誰にでもある」と
苦手を受け入れる

苦手な人に対して、どうにか変わってくれないかと願っても、その人の人格が変わることはあるでしょうか?ほとんどのケースで答えは「NO」。これまでの人生で形成された人格は、簡単に変えられるものではないことがほとんどです。
ですが、自分の中のその人に対する考え方を変えることは可能なのでは?
まずは苦手な人の特徴を個性として受け止め、その人は自分とは違った個性を持つ人なんだと考えてみましょう。
例えば、怒りっぽい人や感情の浮き沈みの激しい人を感情が豊かな人だと受け止め、怒っている時だけでなく笑顔の時にも注目してみると、今まで気付かなかった良い部分を発見できるかもしれません。

03.特別な意識をしない

_228871435

苦手だと感じていることで、ついつい意識してその人の行動を見てしまってはいないでしょうか。注意深く観察してしまい、他の人が同じことをしていても特になんとも思わないような行動なのに、その人に対してだけ過剰に反応してしまっていることもあるのです。
些細なことでも「また○○な行動して!」といったように、苦手意識を積み重ねて、いつのまにかその人が特別な存在になっているのかもしれません。意識し過ぎず特別な存在にしないことも、苦手意識をなくすためのポイント。

04.長所を認め、素敵だと捉える!

苦手だなと思う人に対して、心の中では自分もあのように振る舞いたいと、実は羨ましく思っているケースもあります。例えば、言いたいことをストレートに言ったり、人に遠慮なく甘えたりできる人に対しては、苦手と思う反面、羨ましいと思う感情を抱く人も多いでしょう。
苦手な相手に対して嫌悪感を持っているとは限らず、自分では気づいていないところで憧れを抱いていることもあるのです。
もし苦手な部分が羨ましいと思っていることであれば素直に認め、その人を素敵だなと思えるようになれば気持ちも楽になりますよ。

05.やっぱりこれ!一緒に飲みに行く

飲みの場で新たな一面

苦手だと感じる相手であっても、それは職場での姿であって、素の部分を垣間見ることができたら、仲良くなれるかもしれませんよね。
素の部分を目にしやすく、相手を誘いやすいのはお酒の席です。いきなり苦手な人とふたりでなくても、親しい人と飲みにいくときに「一緒にどうですか?」と誘ってみましょう。
お酒を飲みながら何でもない話をしたり、プライベートな話をしたり、コミュニケーションをとることで職場とは違った一面が見られるはず。
昨日までとは全く違う関係が築けるかもしれません。

人間関係において多くの人が苦手意識を感じるのが「威圧感のある人」ではないでしょうか。上司、先輩、お客様。日常的に関わらざるを得ない「威圧感のある人」にはど...
フットワークが軽い人。思いついたらすぐに行動を起こせる人。そんな彼らには、いくつかの共通点があるようです。1.経験が多彩なので、対応が柔軟行動力が高い人は...
「相手が年上の人だと固まってしまう」「話が聞かれていると思うと頭が真っ白に!」「しゃべっても相手が無表情だと不安になる」そんな事が重なるうちに、コミュニケ...
今ではフリーランスのノマドワーカーとして知られ、多方面で活躍中の安藤美冬さん。しかし26歳のときには、人生のどん底にいたと語っています。そんな安藤さんが立...
気兼ねなく接することのできる人もいれば、とっつきにくい人もいる。できることなら後者とはなるべく関わらないようにしたい…という私的な思いは通用しないのが、社...
ほぼ同じ内容をプレゼンしているのに、「あのプレゼンは良かった」と褒められる人と、ちっとも話を聞いてもらえない人がいます。なぜかというと、プレゼンの成否は「...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
「Thought Catalog」に掲載されたライターのEmily Church氏の記事を紹介しましょう。彼女は、スマホの電話帳に載っている友だちの数は幸...
年下の彼氏との恋愛は色々と小さなことが気になるものです。「彼は本当に私の年を気にしてないの?」「彼と同年代の子に負けてない?」など、年上彼女としての悩みは...
海外に行くと、日本とは全く別の文化に刺激を受けることがあります。滞在中に現地の人と関われば関わるほど、その驚きや学びはさらに深みのあるものに。でも、多くの...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
B型の女性は、発想が豊かで楽天的な性格の人が多いと言われています。そんな彼女と付き合っていると、いろんな驚きがある反面、ときには戸惑ってしまうこともあるか...
社会の一員として、他者と上手くコミュケーションをとる能力の重要性は言わずもがな。とはいえ、異なる価値観や性格の人たちと付き合うことは、決して簡単なことでは...
平凡で落ち着いた恋愛と、愉快で変わった恋愛。あなたなら、どちらを選びますか?「Elite Daily」でPaul Hudsonさんがオススメするのは、ちょ...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
恋人が、もしもあなたと正反対の性格だったら?「みんな、1度は自分とは真逆の人と付き合ってみるべき」と主張するのは「Elite Daily」の恋愛ライター、...