水を極力使わずに、食材の水分だけで料理可能!「無水調理鍋」って知ってる?

素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。

ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしまったが最後ーー。もうコレなしでは生きていけない!なんて人もいるニクいやつなんです。ここではその理由を改めて紹介したいと思います。

01.
旨味をギュッと凝縮!

シチューやカレーも短時間で!

一言で説明すると、水を極力使わずに、食材の水分だけで料理できる鍋。具材が煮崩れしにくく、仕上りはふっくら。見た目だけでなく食感の違いも明らかに違います。

料理時間を短縮した上で、素材の旨味を濃縮できるため、まるで魔法の鍋。鋳物ホーロー鍋やアルミニウム合金、ステンレスの多層構造など、種類は様々あります。

無水調理をするときは、中火で5分ほど鍋を温めた後、焦がさない程度の弱火にするのがポイント。湯気が少し出るくらいが目安です。ただし、万が一調理中に水分が飛んでしまうと、空焚き状態になるため、火加減には注意しましょう。うまく弱火で調理することで、野菜の甘味を最大限引き出せます。

02.
ビタミンCの損失を
「3分の1」に留める

さらに、味だけではありません。水に溶けやすい栄養素を逃さず、効率よく摂取できます。

なかでも、ビタミンCは抗酸化作用によって肌の老化を防いだり、コラーゲンの生成を促し肌に弾力やハリを与えたりするなど美容効果が期待できる栄養素。しかし、水に溶けやすく熱に弱いことから、茹でる、煮るなどの加熱調理では失われやすいのが難点。

でも、この調理方法なら、ほかの調理法に比べ、ビタミンCの損失を3分の1ほどに抑えられます。

03.
料理器具界の万能選手!

無水調理なべは万能選手

茹でる、煮るといった調理法のほか、ごはんを炊いたり、蒸したり、炒める、焼く、揚げることも自由自在です。

また、熱効率が良いため、弱火や余熱での調理も可能。光熱費を削減できます。デザイン性の高い鋳物ホーロー鍋なら、そのまま食卓に出せることも嬉しいポイント。

04.
「ダッチオーブン」で
アウトドアを満喫!

44132210

キャンプなどのアウトドアにも無水調理鍋はオススメ。代表的なモノとして「ダッチオーブン」があります。鋳鉄製のものが主流で、蓋にも炭が載せられるようにつくられており、野外のお供にピッタリ。無水カレーや燻製も美味しいんですよね。

もちろん室内のキッチンでも大活躍。他の無水調理鍋と同様に煮込み料理や炒め料理など万能に活躍してくれる鍋。まだ、試していないという人は、一度試してみてね。

2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
暖冬と言われるこの冬。ですが、それでもこの鍋がそろそろ恋しくなる頃ですよね。冬ごもりのホームパーティーに欠かせないのが、ピェンロー鍋。くたくたに煮えた白菜...
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
まだまだ寒い日が続く今日この頃。夕食に出てくる鍋の“安定感”は、依然として健在です。ただし、近頃Instagramを賑わせている鍋のビジュアルは、普通のそ...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
「ええっ、ハワイで鍋?」なんて驚いてしまう人たちは、ハワイ通とは言えません。実はここ数年、常夏のハワイで鍋が大ブーム。その火付け役ともなった「Sweet ...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
秋が深まって急に寒くなった夜。風邪を引いたかなと嫌な予感のする日、そんなとときはにんにく鍋で元気をつけましょう。スタミナ満点丸ごとにんにくが美味い!<材料...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...