意外と守られていない結婚式のマナー

冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チェックしておきましょう。

花嫁衣装の色は国によって違うかも

_344415497

結婚式に着ていく服について、もし新郎新婦が国際結婚だった場合には、その色には注意が必要かもしれません。

一般的にはウェディングドレスの白を避けて着ますが、中国のチャイナドレスやインドのサリー、韓国のチマチョゴリは「赤」が花嫁の色といった具合に、国によってさまざま。

返信ハガキをすぐに返してますか?

あとで送ろうとどこかに置いておいたら、忙しくしているうちにハガキが見つからなくなってしまったーーなんて失敗談もあるかもしれません。

新郎新婦に余計な不安を与えないためにも、招待状が届いたらすぐに返信ハガキを送りましょう。

プチ・ビュッフェをテーブルにつくって離席・・・

食事

披露宴や二次会などがビュッフェ式のこともあります。ただし、自分のテーブルにプチ・ビュッフェを作ってしまうようなことはないようにしましょう。親切心で、他の人の分も取ってきてあげようという気持ちはわかりますが、ホドホドに。

結婚式で一番大切なこと

どれも、当然のことではありますが、結婚式は新郎新婦にとって人生最大のイベントであり、神聖な御祝いの場です。彼らや、その場にいる人々を不快な気持ちにさせないように、小さなことにも気を配っておきたいものですね。

結婚式の夢は日々の恋愛感を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。未婚で結婚願望が強い人が...
結婚することが決まったら、お金についての情報や知識を集めておきたい。結婚式の予算の目安は?ご祝儀ってどのくらいもらえるの?お金が足りない場合は?など。ここ...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
お歳暮は、お世話になっている方に対して贈るお礼のギフトですので、基本的には、「お返しは不要」と言われています。しかし、実際には、相手や贈られた品によって、...
結婚式やお葬式の際、ご祝儀袋や不祝儀袋はどのように持参するのがマナーなのか知っていますか?ふくさに包んで持っていくことは知っていても、渡し方や色の選び方ま...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
結婚式は一生に一度の晴れ舞台。大切な思い出を美しく残すため、プロのカメラマンを雇う人はたくさんいます。でも、自分たちのことをよく知る参列者から集めた写真だ...
この結婚式の動画がすごい!とYouTubeで話題を集めているのは、プロのマジシャンとして活動する新郎のジャスティン・ウィルマン氏が自身の結婚式の冒頭でパー...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
結婚式に誰を呼ぶかって、きっと誰でも迷うもの。友だちをたくさん招いて大きなパーティもよし、身内だけでしっぽり祝福するもよし。でもせっかくの晴れの舞台、どう...
喪中期間において、お歳暮やお年賀はどのようにしたらよいでしょうか?今回は、喪中期間のために喪中はがきを送る側である場合、また喪中はがきを受け取った場合に分...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
この動画は、いわゆる結婚式の一日を映したものですが、ちょっと普通じゃないウェディング・ムービーに仕上がっています。なぜかと言えば、全編に渡って犬の視線で捉...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
結婚式は、人生で一番ハッピーな瞬間。でもそんな式を夢見ていたはずなのに、突然中止になったら…。一生一緒に歩んでいこうと思っていた相手が、じつはウソをついて...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...