「新しい紙幣に、デヴィッド・ボウイを」約4万人の署名が集まる

Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。

「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・ボウイ以外に考えられない」

一体どういうことか。つまり、お札に描かれる偉大な人物の肖像として、2016年1月10日に亡くなったアーティスト、ボウイを起用するべきであるとうこと。すでに約4万人の署名が集まっているようだが、なぜこんな話に?

イングランド銀行が
「20ポンド札の顔」を一般公募

これは、2015年5月にアップされた公式の募集用動画だ。ボウイの姿が一例として右下に表示されている。

推薦するにあたって必要な条件は3つ。英国出身者であること。ヴィジュアルアートにおいて偉大な功績を残したこと。すでに死去した人物であること。

改めて考えてみれば、確かに「ボウイしか当てはまらない!」という意見があるのはもっともかも知れない。しかし、募集開始当時、彼はまだ存命していた。締め切りは、2015年7月19日とこの応募はすでに終わっている。そこで始まったのが今回の署名運動。仕切り直しが必要というワケだ。この意見には1週間で35,000人を超える賛同者が集まった。

イングランド銀行が公開した候補者リストには、チャーリー・チャップリンやアルフレッド・ヒッチコック、スタンリー・キューブリックなど590人の名前が連なる。いま紙幣に印刷されている18世紀の学者・アダム・スミスの次を「デヴィッド・ボウイ」が担うことになるのか。発表のアナウンスは2016年春に予定されている。

2016年1月10日、デヴィッド・ボウイ(69歳)がガンで亡くなった。彼の死を惜しむ声は多いが、その一方で彼の音楽に触れたことがない人もたくさんいるのでは...
訃報が報じられてから、たくさんのエピソードがそこかしこで語られている。これはそのうちのひとつ。たまたま訪れていた京都の飲み屋で、そこにいた京大生と話をした...
2017年1月10日は、「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」と評されたデヴィッド・ボウイが亡くなってからちょうど1年が経つ日。彼は、なりたい自分にな...
イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念す...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
ジンバブエのワンゲ国立公園周辺では、スポーツハンティングが合法的に行われていましたが、この度ライオンやヒョウ、象のハンティングが禁止となりました。英・メデ...
2月27日に死去した米俳優レイナード・ニモイさん。彼の功績を偲んで、カナダの5ドル紙幣をニモイさんの代表作「スター・トレック」のミスタースポック船長に書き...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
え、白黒写真じゃないの?と疑うのも無理はありませんが、コチラの動画を見て下さい!イラストレーターのHeather Rooneyさんが描いた、スーパーリアリ...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
このたび登録されたロンドン・デンマークストリートにある2件の建物は、もともと歴史的建造物として公式登録されていた場所。しかし、2016年3月22日にそのラ...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
7月22日から24日にわたって、ロンドンで開催された「Just Eat Food Festival」。ここに現れたスイーツ「Zebra Cro」が、ありえ...
第一印象を大きく左右する顔のパーツと聞いて、「目」を思い浮かべる人は大勢いるはず。もちろんそれはそれで正なのですが、髪型やヒゲも十分なインパクトを与えるこ...
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
YouTubeでは、変わった挑戦をしている動画が爆発的な再生回数を記録することがありますが、今話題なのがこちら。まずは見てみましょう。1,500ガロン(約...