自転車で南極点まで到達!有給を使って、夢を叶えた「サラリーマン」が素敵・・・

いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。

大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねてからの夢であった壮大な旅に出かけていました。目指したのは南極点。しかも、自転車で!

5年越しの“悲願”を達成!

357641c7b066b6aa54948435121166d0f1a45570

某重工メーカーで経理を担当している大島さんは、学生時代から長期休暇を使っては海外へ自転車旅に出かけていた模様。一度は南極を目指す夢を諦めたものの、あるとき図書館で偶然出会った「民間人でも南極に行ける」という一文により、“南極欲”が再燃。会社や家族との話し合いなど、約5年かけて準備をしてきたのだそう。

日本を発ったのは昨年12月24日。当日の彼のブログからは、「緊張」と「興奮」が入り混じった様子が伝わってきます。

「自転車旅を初めて12年、南極を構想して10年、そして、本格的な準備を初めて5年。やっと、ここまできました。当初は、本当に夢物語でしたが…今、それが現実になろうとしています」

37cbb082a1330fc33754b74214b55ad57816493a

まず、3日かけて南極大陸への出発点である、チリのプンタ・アレーナスに到着。

Dbb023273aa333c7883fb6adac81020bb70f41fe

その後、南極大陸にある唯一の民間ベースキャンプであるユニオン・グレーシャー基地へ。この地で自転車を組み立て、約200キロの練習を行ったのだそうです。

いよいよ出発!

9867bfdc944d43ec89541b1fd21809302d8f0fa45c866ac345f9143fa2dd9575322bb3feef8967cdD026ef6e98f91da75fda2a927a0ff076abe32f39263386ed46cd3cefa71eebc680f6f4ced85fcad0A8f12fef8e5064d448d05a289f5c7044490aa047A1b0ca9198febd074ac6e6bc674ad8de007d2a1d6fb3e45e35cbfc9fd23da5e87a06ba1f00787d37

そして、ついに

9d55ea921b2014569f322481bf8ba911fd9e35d6

夢の南極点に到達!こちらの写真は“シンボル的”な南極点で、

40b3949218e3510028b2de4d244ee8192223b34e

こちらが、地理学上の“ホンモノ”の南極点。このときの気持ちを「THE PAGE 大阪」のインタビューでこう語っています。

「360度どこを見渡しても地平線で、地面は高級なガラス製品や宝石のように虹色に輝いているんです。写真に収められないほど綺麗でしたよ

ちなみに費用は?

1f00f3c2e8d2bcec1ee99fee1446eccfd260363b

こちらが、今回の旅に向けた5年間の準備期間で費やした金額をまとめた表。ブログで赤裸々に公開しているその総額は、なんと約2,000万円!そのうち1,200万円は借金なのだとか…。

だからこそ大島さんは、チャレンジを理解してくれた家族のために、しっかりと恩を返していくと誓っています。もちろん、会社に対しても。

「ごく普通のサラリーマンが、自分のできる範囲で、どこまで夢を追えるのか?」 リスクを厭わない彼の挑戦からは、きっと多くの人がエネルギーをもらえるはずです。

Licensed material used with permission by 大島義史
Reference:THE PAGE 大阪
自転車は身近な乗り物であり、生活に欠かせない人も多いでしょう。そんな自転車が夢の中に出てきたら…それは自分にとって大きな意味があります。自転車の状態や状況...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
「広い世界を見てみたい」、という情熱だけで海外に飛び出していたころの自分は、少ない資金で毎日ギリギリの生活をしていた。バックパッキングにおいて原動力となる...
総合旅行サイト・エクスペディア(Expedia)が、セント・ジュード小児研究病院で小児ガンとたたかう子どもたちの「夢の冒険(Dream Adventure...
スーパーマンみたいに空を飛べたらいいなぁと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。そんな気分を味わえる素晴らしい自転車が登場しました。え、自転車?って思うか...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
どれだけ運が良かったとしても、努力の積み重ねがなくては夢は叶わないでしょう。では、一体どのような努力をすればいい?その答えが「mindbodygreen」...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
2011年に開業した『青果ミコト屋』は、横浜市青葉区に拠点がある無店舗型の八百屋。サラリーマンだった青年2人が、なぜ自然栽培の野菜を扱う八百屋へと転身した...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も...
一度きりの人生。夢を叶えられるかどうかは、あなた次第です。そして、その夢に向かって努力する過程で必要なのが、何よりポジティブな心構えだと教えてくれるのは、...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...