3週間ほったらかしでもOK!「ハーブや野菜」を自宅で水耕栽培できるキット

自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水耕なので、土が要りません♪

水・栄養・光を自動調節できる
「水耕栽培キット」

室内で葉物野菜やエディブルフラワー(食用花)を育てられるように考えられたのが、この「Plantui」。どんな仕組みになっているか、中を見てみましょう。

上から順に、LEDで植物に必要な光を当てるライトユニット、成長の度合いに応じてライトの高さを調節するハイトブロック。台座には、育てる植物の種が入った、プラントカプセルを最大6つまで植えられます。

手順は3つ

水と栄養剤を入れ、カプセルを挿入したら、スイッチオン。数週間経つと芽がニョキニョキと伸びてきます。

タンクの容量は3リットルあるため、3週間ほどは手放しでOK。しかも、循環機能があり、水や根が腐ってしまう心配もありません。給水や栄養剤の追加が必要になると、ランプが点灯するので一目でわかります。生長を緩やかにするホリデーモードなら、長期間自宅を開けるときも安心。

サイズ:直径29cm×高さ21〜37cm (ハイトブロック使用時)
重さ:2.6kg
本体価格:51,840円(税込み)
プラントカプセル:各1,512円(税込み)

六本木・AXIS内にあるインテリアショップ「LIVING MOTIF」では、2016年1月13日から2月7日にかけて「Plantui」フェアが開催。通常はホワイトのみの取り扱いですが、期間中はグレー・レッドを含めた3色がチェックできます。

自宅でカンタンに水耕栽培ができるだけでも魅力的ですが、照明として使っても素敵なのだとか。実際に見てみたいですね。

以下に、製品ページに掲載されている、栽培可能な24種の植物と栽培期間の目安を紹介します。参考にしてみてね。

Licensed material used with permission by DKSHジャパン㈱
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
クロッカスは、毎年春先になると、華やかな黄色や紫色、白色の大きな花を咲かせるアヤメ科の品種で、球根から育てることができます。品種によっては、秋咲きのものも...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
屋内で野菜を育てて楽しむ「水耕栽培キット」に注目が集まっているのは、なにも日本だけじゃありません。あのIKEAが発売したと大きな話題になったものだけでなく...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
トマトの植え込みに最も適したシーズンが、4月〜5月にかけて。つまり今が最旬期。そこで、斬新でカンタンな栽培方法を動画でご紹介。これホント?と、思ってしまい...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
世界の人口は、2050年には91億人を超えると言われています。その上で考えなければいけない大きな課題は、食料需要の増加に対する生産量の確保。今も世界中で様...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
突然ですが「スマッシングハーブ」を知ってますか? これは火をつけて使用するハーブのこと。浄化の儀式や瞑想時にネイティヴアメリカンがその煙を利用していたこと...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...