大雪のNY。「かまくら」 を作り、1泊2万円で貸しだそうとしたら・・・

大寒波が日本列島を襲った2016年1月下旬、同じく記録的な寒波で大雪に見舞われていたのがアメリカNY。二日間降り続いた雪は、セントラルパークでじつに積雪68センチを記録。摩天楼の機能は、一時完全に麻痺状態だったようです。そんな状況を心待ちにしていた3人組がいました。

手づくりの「かまくら」を
Airbnbで貸し出そう

Medium e139b0ac6390e7a5c29e11909c37bbfb7c046823

NYブルックリン在住のPatrick Hortonさん(写真左)は、ルームメイト2人とともに、大雪のさなか自宅裏庭で「かまくら」作りに挑みました。雪を目にして無邪気にはしゃぐ子どもたちのように?いいえ、彼らはこのかまくらで周到に計画されたプロジェクトに挑もうとしていたのです。

手づくりのかまくらを「Airbnb」で貸し出そう。


Medium 0f4a2e4ecad7f106640913a87d38c3fc3caa1d5fMedium 13aa8cb3315b31c4b45eaa991ffb3defe62dab90

吹雪のなか、3人はおよそ6時間かけて雪のドームを制作していきました。この横殴りの雪。よくもまあ、こんな状況下で。逞しい3人組。
こうして、ついに念願のかまくらが完成しました!

NYで「かまくら」ステイ
一泊2名で200ドル

Medium 7b8ab73e6ee31bb220bac33ecd39b8816dea9a43

さっそく、できあがったばかりの雪の洞窟をAirbnbに掲載。

ここはNY、どんな価格設定をしても「面白い!」と思ってくれる人は必ず借りてくれる。こう確信したHortonさん、思い切って価格を一泊2名で200ドル(約24,000円)に設定しました。案の定、興味を示す人たちが続々登場。わずか5件ではあったもののオファーが集まったそうです。

「溶ける屋根」では、
基準を満たさず…Airbnb

Medium 4411086f1bd8bc26ae1f5a1349d0f837ec06ad8f

とここまでは期待通りの展開。ところが、彼らのもとにAirbnbからメッセージが届きました。

「もう吹雪のなか、皆さんがかまくら制作に励んでいらっしゃったことはよく分かりました。非常に素晴らしい出来栄えではありますが、私たちの定める専有基準を満たしていないため、リストから削除させていただきました」

Medium f78c9ba66b10ee99e7aca9b3f2ee0e0879b98ff5

さらに「ADWEEK」が伝える情報によれば、Airbnb側は彼らに50ドル分のクーポンを出し、こうアドバイスを送ったそうです。

「リスティングは、水道と電気は引いてあること、さらに屋根が溶けないことを前提とした部屋でお願いします」

Medium 6a27c5f374b05d0af4786e7fe295d74d094d7ba5

結果的に、誰かを泊めることはできなかったかまくらでしたが、Hortonさんらは、毛布に枕を持込み、ハンドメイドの雪の洞窟を満喫したんだそう。大雪に見舞われたNY、夜は気温がマイナス10℃近くにまで下がったそうですが、3人はかまくらの中でビールを2ケース空けて盛り上がったんですって。

Reference:Adweek
Licensed material used with permission by Patrick Horton
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
この写真、合成ではありません。ここはセントラルパーク内「Sheep Medow」。満開の桜のようにも見えます。映画によく登場する「Gapstow Brid...
庭用のなかでも、巨大なビニールプールがあるというのは知っていました。けれど、本格的に船で引っ張り水場に設置して、そこに小さなウォーターパークを作ってしまお...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
この宿泊施設を評価するコメント欄には酷評が並んでいる。良い経験になったと書く人もいるが、本気でディスってる人も結構いる。だけど、訪れる人は絶えない。マンハ...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
世の中は知らなくても生きていけるけど、知ってて損もしない情報がたくさんあります。たとえば『お客に言えない!モノの原価マル秘事典』(青春出版社)で紹介されて...
地上200メートルのビルでキャンプができるようになるーー。そんなわくわくするコンセプトが発表されました。環境に応じて中の温度を調節してくれる、セイルボート...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
タイの水掛け祭り、ソンクラーンフェスティバルをテーマとした「ウォーターラン」が話題となっているここ数年。暑い夏を乗り切るためには、やはり「水」を使ったアク...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
東京湾に自然林のある無人島が存在していることを知っていますか?それも大島や小笠原の話ではありません。神奈川県横須賀市。この無人島がナント、平日限定ながら一...
「サッカー日本代表のエース」「ACミランの10番」そんな“本職”以外にも、「経営者」や「クラブオーナー」「MITメディアラボ特別研究員」など、さまざまな肩...