【研究結果】美女は得する。女性の外見は、学校の成績や評価にも影響を及ぼす

「美人は得をする」とは、世界共通の“暗黙の了解”。現実には「不平等だ!」と思うことも決して少なくありませんよね。

このたび、ある研究において、「学業」における美女の優位性も明らかになった模様。ライターRyan General氏がまとめた「NextShark」の記事を紹介しましょう。

美女は仕事だけでなく、
学業においても有利だった!

女性の外見が魅力的だと、仕事や給与交渉において有利に働く。このことは、なんとなく理解されていますよね。でも、最新の研究で新たに発見されたのは、学校の成績や評価にも好影響を与えるというものです。

メトロポリタン州立大学デンバー校の教授、Rey Hernandez-Julian氏とChristina Peters氏。彼らが実施した新たな研究では、外見が魅力的な女子学生は、そうでない女子学生と比べ、良い成績をとることが判明しました。

研究者たちは、2006年から2011年の間に大学に通った77,067人の学生からデータを収集。彼らの写真、成績証明書、入試の点数、外見による評価を比較しました。その結果、前述のような結果が明らかになったのです。

気になるその理由は?

Inside Higher Ed」に掲載された発表によると、Hernandez氏は、2つの可能性について言及しています。

「教授が美しい学生のサポートに多くの時間とエネルギーを割くため、高得点につながることはあるかもしれません。また単に、見た目が美しいというだけで、その分高得点を与えているのかも?」

おそらく、多かれ少なかれどちらの影響もあるのでしょう。

ちなみに彼の論文によると、魅力的な女子学生でも、オンラインクラスと普通クラスでは成績に大きな差があることが明らかになった模様。さらに、男子学生においても影響が検証されているようですが、見た目の魅力と成績との間に相関関係はないのだとか。

Licensed material used with permission by NextShark

母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
「美女」と「イイ女」の違いを軽快な切り口でリスト化したこの記事。なるほど、と納得させられます。両者を隔てるものが、じつは男性の偏った美意識にあり、それに女...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...
世界中に、様々な「恋愛論」が乱れ飛ぶ中、ある興味深い調査結果が判明した。それは、性格が外見の魅力をより良くするというものだ。その中身とは・・・? 華中科技...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
ソフトウェア開発の共有ウェブサービス、GitHubで行った調査と研究によると、女性コーダーのコード内容が高評価であっても、プロフィールに性別を女性と登録さ...
とびっきりの美人ほど彼氏いない歴が長かったりすることってありますよね。「なぜ彼女たちに彼氏がいないんだろう?」と不思議に思ったことは数知れず。気になるその...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
ポルトガルのある研究によれば、女性の背中の反りが大きいほど、男性は魅力的に感じるそうです。つまり、猫背を改善できれば、男性からの好感度も上がるのでは?
自然に囲まれ、空気もキレイなところに住むことが健康にいい、というのはスッと理解できるはず。でもそれが「収入にも影響する」と言われたら、ちょっと驚きませんか...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
もっとも人間に近い猿と言われるボノボ。パッと見てチンパンジーと見分けがつかないのですが、大きく異なるところがあるよう。彼らは繁殖目的だけではなく、食べ物の...
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
もし、目の前で激しいケンカが始まったら、あなたならどうするでしょうか?人を呼んだり、間に割って入ることもあるかもしれません。が、きっとこんな斬新なアイデア...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。
日本ではよく、一番上は面倒見が良くて責任感が強い、末っ子は要領が良くて甘えんぼう、ひとりっ子はおっとしている、など出生順位による性格分析がありますが、学力...