話題の「ビーントゥーバー」のチョコ、どうして新しいのか?

今、チョコレート業界でトレンドといえば「ビーントゥーバー」。2007年頃にアメリカの「MAST BROTHERS CHOCOLATE」というメーカーが、ビーントゥーバーの工場を発足したのが始まりと言われています。以来、日本にも徐々にその波は訪れここ数年は日本発のビーントゥーバー専門店も多数登場し、人気を博しています。
今年のバレンタインでは最高にブームの波に乗ってきそう。知らなかった人も、まだ間に合う!

WHAT'S THEビーントゥーバー?

00082529389_Large

チョコレートの製造は、カカオ豆からチョコレートの原材料(カカオマス、ココアパウダーなど)を作る工程(一次加工)と、製品としてのチョコレートを作る工程(二次加工)は分かれているのが一般的。今でも多くのチョコレート職人やメーカーは、一次加工専門の業者が作ったカカオマスなどを購入し、チョコレートを作っています。
「ビーントゥーバー」を英語で表すと「Bean to Bar」。つまりチョコレートの原料であるカカオ豆(bean)を加工して板チョコ(bar)を作り、販売するまでの全てを1人のショコラティエ、または単一メーカーが、一貫して携わる製造工程のこと。

ビーントゥーバーとは二次加工のメーカーが一次加工をも担う、いわば職人が豆からこだわって「究極の手作りチョコレート」を作ることなのです。

HOW'S TASTE LIKE?
で、実際のお味は?

0081084229_Large

ところで、ビーントゥーバーのチョコレートはこれまでのチョコレートに比べて、どう味に違いがあると思いますか?
ビーントゥーバーでは、1つのチョコレートに同一産地のカカオ豆を使うので、カカオ豆の生産地ごとの特徴を味わうことができます。工程に趣向を凝らし、豆の個性を最大限に引き出すことによって、「産地ごとの味わいが豊かに香る」チョコレートができ上がると言われています。その違いは、実際に味わってお確かめを!

原材料はカカオ豆と砂糖だけなのに、フルーティーな酸味の強いもの、ナッツのような香ばしさがあるものなど、全く異なった風味が味わえると、人気が高まってきました。お店にある全種類を買いそろえて食べ比べたくなりますよね。

WHY IT'S BECOME SO FAMOUS?
ビーントゥーバーに見る
「産地直送」の魅力

_328767515

ビーントゥーバーの試みは、アメリカが発祥と言われています。
コーヒーやワインのようにチョコレートも原材料からこだわるべきだという考えが浸透しはじめ、アメリカからヨーロッパへとBean to Barの工房が広がってきています。こうしたビーントゥーバーの取り組みによって、高い品質を維持できることに加え、現在の消費者ニーズの流れをくんでいるところにも人気の理由が伺えます。

生産者から消費者までの流通に介入する業者を必要最小限に減らして安全性を高めることは、少し前から食品流通界でのトレンドになりつつあるようです。消費者が「食の安全」を求めて生産者との距離を縮めたいと感じる潮流に、ビーントゥーバーも後押しされているのかもしれませんね。

222098431

ショコラティエが原材料から品質を吟味して仕入れ、製品化までを自らの責任下で一括して監修し、店頭に並べる。ここに製品のクオリティへの確固たる信頼感が生まれ、今の人気につながっているのではないでしょうか。

しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!「Minimal 銀座Bean to Bar...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
自動車、時計、家具…それらの世界一には手が届かなくても、食品なら手が届くかもしれない?話のネタになるくらい、味が一生記憶に残るくらい、すごいものを口にした...
「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
あんみつに添えたり、あんこやみたらしで食べたりと、和スイーツに欠かせないのが「白玉」。もちもちの食感とほどよい甘みが好き、という人も多いはず。そんな白玉を...
それは、花びらや木の実で飾り付けたアートなチョコレート。フランス発の「CHOC’FLEURS(ショックフルール)」が、いまInstagramで話題になって...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
チョコレートが恋しい季節。ちょっと罪悪感を感じつつも、仕事中のおやつに欠かせない、となかなか手放せない気持ちはわかります。そこで、糖分が含まれている甘いチ...
ここで紹介するのは、クロワッサンとマフィンを掛け合わせたハイブリッドスイーツ、その名も「クラフィン」!クロワッサン×ドーナツから成る、ニューヨーク発のクロ...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイス...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
バレンタインデーまで、もうあとひと月。例年のようにずバレンタイン商戦は活況で、とくに今年は男性が自分のために買う「俺チョコ」なるものが流行るとかなんとか。...
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...
朝、トーストしたパンにバターを塗ったら、その上に細かいチョコレートをたっぷり振りかけて。これ、オランダ人からすれば常識。チョコレートスプレーのようなカタチ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
食べ物で性格を言い当てる、「Elite Daily」名物ライターGigi Engle氏が、なにやら気になる分析を記事にしました。チョコレートの好みで女性の...