12年前の今日。世界が変わった。2004年 2月4日 ザッカーバーグ Facebookを開設

2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、ネットビジネスに新風を吹き込み、本物の革命が起こるきっかけにもなった・・・。そんなFacebookのこれまでを振り返り、これからを展望してみましょう。

Facebook創業秘話
きっかけはザッカーバーグの悪ふざけ?

最初は悪ふざけがきっかけ

今やソーシャルネットワークの顔ともいえるFacebook。しかしその原型となったのは、まだハーバード大学の学生だったころの、マーク・ザッカーバーグの悪ふざけだったことを知っていますか?
彼はまず、学内ネットワーキングサイトをハッキングし、大勢の女子学生の証明写真を取得しました。そして女子学生の顔写真を2枚同時に並べてどちらがかわいいか投票させ、勝ち抜き戦をする「Facemash」というゲームを作成したのです。ハッキングされたハーバード大学側は、これに激怒。ザッカーバーグは半年間の保護観察処分を受けるに至りました。

ところが、転んでもタダでは起きないのが天才。その後Facemashのアイディアを応用し、2004年2月4日ハーバード大学内の交流サイト「Thefacebook」を作成。これがアメリカ東海岸の名門大学、いわゆるアイビー・リーグの学生間で話題になり、その後あっという間に全米の大学生の間に広まったのです。2006年9月に一般公開され、全世界の人が利用可能に。ここからFacebookの勢いは更に加速していきました。

世界全人口の5分の1が利用者

全人口の5分の1が利用している

2015年夏時点での調査によると、Facebookのデイリーアクティブユーザー(毎日アカウントにアクセスする人)は10億人を超え、月間アクティブユーザー(1ヶ月のうちに1度でもアクセスする人)は14億4,000万人にも上ります。世界の全人口がおよそ70億人と言われていることから、単純計算で5人に1人以上がFacebookを使用していることになります。なんだか途方もない数ですよね。

ちなみに一部の国では、Facebookなどの国際SNS利用を禁止しています。中国もそのひとつですが、その人口はFacebookとほぼ同じ14億人。中国人がFacebookを使えない(奥の手もあるようですが)とすると、Facebookを利用できる環境にある人は世界で56億人。そのうちの14億人、4人に1人が自主的に使っているんです。

その他のメジャーなSNS、TwitterやInstagramの月間アクティブユーザー数が3億人前後であることを考えると、Facebookの利用者数と影響力の強さがどれほど大きいか、感覚が掴めるかもしれません。

Facebookの誕生で
私たちの日常はどう変わったのか?

FBで日常がどう変わった?

それほど大きな影響力があるFacebookは、わたしたちの日常を具体的にどう変えたのでしょう?現在のFacebookは写真をメインに、ライフイベントや友達との交流、旅行先での出来事など、アクティビティを楽しく見せるSNSとして確立されています。
タイムラインの写真は大勢が見るのだから、きれいに、かっこよく写りたい…という願望がそうさせるのか、Facebookの登場以来、デジカメや携帯のセルフィー機能が格段に進化したように思えます。

また、「イベント作成機能」のおかげで、個人でも格段にイベントやパーティーを企画しやすくなりました。まったく知らない人同士が共通の知人や趣味を通じて気軽に交流できるようになり、とたんに世界が広がった人も多いかもしれません。のこの機能は、meet upやInternationなどのイベント企画サービス専門サイトの誕生にも貢献したという見方もできます。

マーケティング予算が限られている小規模ビジネスが、Facebookに自社紹介ページを作れるようになったことで、ネット上での口コミ効果でビジネスを拡大できた、という声もあります。
個人が別の個人と軽々繋がれることで、ひとりのパワーが2倍にも3倍にもなる。それが、Facebookがわたしたちの日常にもたらしてくれた恩恵と言えるかもしれません。

Facebook革命と呼ばれる
社会運動も登場

社会運動にまで展開

2010年12月、チュニジアの地方都市で青年が焼身自殺しました。彼は路上で野菜を売っていたのですが、警察による度重なる摘発で生活が苦しさを極め、抗議と絶望にかられての行動だったようです。一人の青年の死が、同じように貧困に苦しむ数千人のデモに繋がり、デモはチュニジア全土に拡大。ついには2011年、民衆は体制側に長期独裁政権の更迭を迫り、大統領の亡命という形で革命を達成しました。

「ジャスミン革命」と呼ばれるこの運動で、若者の情報共有を支えていたもののひとつが、他でもないFacebookだったのです。同じく2011年、ジャスミン革命に触発され、エジプトでも100万人規模のデモが起こり、大統領を更迭する革命に繋がりました。ここでも情報交換の役割を果たすツールに。こうした流れはイスラム諸国にも影響を与え、一連の運動は「アラブの春」という名称とともに「Facebook革命」と呼ばれることも。ソーシャルメディアが国の運命を変えた、劇的な瞬間と捉えられていたようです。

これからのFacebookが目指す場所

これからFBが目指す場所

個人の生活を変え、ビジネス形態を変え、政治にまで影響を及ぼす。すでに巨大な力を持つFacebookは、これから何を目指していくのでしょうか?
創業者でCEOのザッカーバーグの答えは単純明快。彼は2015年11月にFast Companyのインタビューに応じ、Facebookのミッションを「世界中のすべての人に共有する力を与え、世界をよりオープンでつながったものにすること」だと述べました。今でも十分達成できているように見えるこのミッションを、さらに強化していくこと。それが創業当時からブレないザッカーバーグの信念なのかもしれません。

ザッカーバーグが言うように、Facebookが個人にパワーを与えることで、個人もますます信頼を寄せていく。このWin-Winの関係が続く限り、勢いを増し続けるのかもしれませんね。

2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
2015年10月8日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOが「Like」ボタンの感情表現をより多彩にする新しいボタンを発表した。Like(イイ...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
第一子誕生以降、育児休暇中のマーク・ザッカーバーグ。2016年1月25日、彼がFacebookに投稿した一枚の写真が話題を呼び、瞬く間に120万いいね!が...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
なにかと話題が尽きないFacebook社のザッカーバーグCEOですが、今度はお父さんの発言に人々の関心が集まっているようです。通称ドクター・ザッカーバーグ...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
最近知り合った人とSNSで繋がったら、共通の知人がいてビックリ!そんなふうに思ったことはありませんか?とてつもない偶然のようですが、じつは結構な確率で起こ...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
インターネットがまだ行き届いていない世界中の地域に、ソーラー飛行機を使って空から接続できる環境を届けようという計画があります。Facebook社では、太陽...
2015年11月14日、マーク・ザッカーバーグCEOがFacebookの新機能を自身のフィードで発表しました。「360°動画」を投稿することができるように...
私たちが普段、何気なく使っているFacebook。写真、生い立ち、仕事や交際などの近況や、ふとしたつぶやき・・・私たちは実に様々なことをFacebook上...
2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)、フランス、パリのレストランやコンサートホール、劇場など6カ所で、銃撃や爆発によるテロ事件が発生。捜査当局に...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
たった1週間、Facebookの利用を中止しただけで、日々の生活が満ち足りて幸せになれる。ある研究結果が示した事実によれば、ソーシャルメディア全般に共通す...
10月9日から利用可能になっているFacebookの新機能がある。それは、友達と位置情報を交換できる「近くにいる友達」機能だ。スマホアプリ上で通知設定をオ...