ミラノ発!京都の着物にイタリアのシルクを融合させた「巻くスカート」

日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとするブランドが誕生。大河内愛加氏と宮下万里恵氏がミラノで立ち上げた「renacnatta(レナクナッタ)」です。

“れなくなった”もの同士が
ミラノで融合!

3bf7b537b4980338d0e2642dfb7b35c862dc892d

日本の着ら「れなくなった」着物とイタリアの使わ「れなくなった」シルクーー。2つの“れなくなった”が融合し、新たなものへ生まれ変わるというコンセプトがブランド名の由来。

145f3f4da754f790bc8f3a90cda471b1c53b7ce1

着物ならではの良さを生かしつつ、現代にも、そしてヨーロッパの街並にさえもマッチする「新しい着物のあり方」があってもいいのではないか。そうして、着物特有の「巻く」「たくし上げる」からヒントを得たrenacnattaのスカートは、ワンサイズでどんな人でもぴったり履きこなせるのだそう。

Abd7b45c3cd145cd216e02695d67cd31a19cf670

着物地の裏はイタリア製シルク。renacnattaで使用されるシルクは、すべて高級シルクの名産地コモ地方で作られたもの。ヨーロッパのブランドの中でコレクションに採用されず、後に卸屋に出てくる貴重なものを買い付ける模様です。

基本の着方がこちら!

944349519ccc95e294c918e744c9bd86250e0ae42be28fc3015fe63f478964091bd678cfd74d3efc

上記5番の後に、シルクの部分を表に出しながらたくし上げることで、好きな長さに調節することも可能。

F4388a6a58393d3eff606da8ee8f09ab2ac7842831a280b0680a5c6e8aed1493bd14364801e352eb

応用編も!

74dc5a7d3705d66b02aa9af7e06b7120f2a164ae

紐を穴に通さず、正面の部分のシルクを多めに出すことで段違いを作れます。

6692be0cc34e4d169f67d16e0ea1c232c5d5befe

シルク側をメインにしてギャザーを入れたバーションも。

D591940386aa71653dfbf61127335053e8028c47

パーティー用の「お呼ばれスタイル」。巻貝のようなきれいなギャザーが入ります。アイデア次第でさまざまな表情を楽しめますね。

Ff98faa6e429f7a84d9ce20f49c21a1e4b381c16

価値があるにもかかわらず、たまたまスポットライトを浴びることが出来なかった異素材のテキスタイルたち。日本で眠っていた京都のヴィンテージ反物とイタリアのコモ地方で生まれたシルク、本来なら出会うことのなかった異なる背景を持つ素材が組み合わさりジャパニーズ・イタリアンテイストなスカートとして生まれ変わります。

B6d659b9e045b623f2d7618371b1dac4ed95ea39

そんな「renacnatta」は、現在クラウドファンディングサイト「Makuake」にて資金調達中。サポートの種類はさまざまですが、スカートは9,800円(税込)から支援できるようです。クラッチバッグ付きのコースもあるので、ぜひチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by Makuake
シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と...
吉田ユニやPARTY川村真司など、これまでに数多くの著名クリエイターたちが映像制作を手がけてきたスペースシャワーTVのステーションID。先日公開されたその...
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
いまや髭は、髪型と同様に立派な個性の表現方法として認知されています。とはいえ、顔立ちの問題もあってか、“モフモフのあご髭”に挑戦する日本人は少ないですよね...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
イタリア・ミラノで61年の歴史を持つ老舗ピッツェリア「SPONTINI(スポンティーニ)」。その海外進出第1店舗目が、本日2015年10月30日(金)、「...
ブルックリンのゴワナス地区にある「Gowanus Printing Lab」。ここは、“素人さんも歓迎”のシルクスクリーンプリント・スタジオだ。アンディ・...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
歯垢を除去。歯周病予防。息さわやか、などなど──。歯磨き粉においてそんな特徴は、もはや当たり前。じゃあ一体、何で差をつけるべき?そんな問いに対するイタリア...
栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。ごはん1...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
コロッセオにトレビの泉、スペイン広場…。ローマに観光名所は数あれど、ここで紹介する小さな教会を訪れる人は、そう多くはないかもしれません。サンタマリア・デッ...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
トルコ・イスタンブールに在住のセナ・ルナさんが「ペーパークイリング」を始めたのはごく最近のことだそうです。2015年までは人事職に就いていた彼女ですが、仕...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...