お金をかけずに、女性を最高に楽しませる12の「デートプラン」

女の子とのデートはお金がかかって大変…という男性がいますが、もしかしたら、それは単に女性経験が少ないだけ!?

「お金をかけなくたって、最高に楽しめるプランがある!」と豪語するのは、ライターAlexa Mellardo氏。彼女オススメのコスパ満点デートから、12選をどうぞ。

01.
意外にベタが利く!?
夕暮れ時の散歩

shutterstock_105401213_2夕日を背に散歩、なんてキザすぎる!と思うかもしれませんが、「ちょっとやり過ぎ?」と思うくらいが女性にとってはちょうどいいんです。日が落ち始める17:00〜19:00、ちょろっとでかけてみてはいかが?西日が真っ赤に染まる夕日、ロマンチックな雰囲気にうっとり気味の彼女。最高のシチュエーションです!

02.
一緒に銭湯に出かける

「ええっ、いきなり?」と思う人もいるかもしれませんが、どうやら長続きするカップルほど、「お風呂は一緒」が基本なんて話もあるくらい。湯船に浸かってリラックスした状態だと普段話せないことも話せちゃうのかもしれませんね。

03.
手漕ぎボートで
湖上をゆったり!

shutterstock_104445389_2ポカポカ陽気のもと、2人で公園に出掛けて、ボートに乗る。なんて休日もなんだか可愛い!湖上で過ごす、2人だけの時間を思う存分楽しんで♪

ただし、上手く漕げるかどうかが、このデート成功のキモだということはお忘れなく。

04.
毛布にくるまって
星空を眺める

車、屋上、キャンプ場のテントの中からでも、場所を問わず恋人と夜空を見上げる。とってもロマンチックなこと。心地良い毛布に包まれながら、お互いの愛を確認し合いましょう。

05.
一緒に作る料理は
買い出しから

shutterstock_300448196_2料理が苦手な彼女に無理やり手料理をねだるのはNG。家でごはんを食べる、という流れになった時は「一緒に作ろう!」と提案してみては?もちろん、二人で仲良くお買い物へ。今の季節なら、作った料理を持ってそのままピクニックなんていいかも。

06.
逆に、あなたの手料理を
披露するってのもアリ

料理が得意なのであれば、あなたが作ってあげるのもOK。ひとつだけ注意して欲しいのは、初めてのものに挑戦するよりも、作り慣れたものを用意しましょうってこと。盛り付けはもちろん丁寧に、ランチョンマットも敷いて♪

07.
自分が得意なことを
教えてあげる

shutterstock_238374793_2これは、あなたの魅力を知ってもらうために一番効果的なアクティビティ。彼女もあなたのことを知れて嬉しいと思うはずですよ。

08.
景色がキレイな場所にドライブ

女性はなにか特別なことがあれば記念に残したい!と思うもの。景色がキレイなスポットに連れて行ってあげる、ときっと喜ばれることでしょう。ドライブデートなら2人の時間も増えるのでなおよしです。

09.
目的地を考えずに
なんとなーく、サイクリング

shutterstock_213041383_2アウトドア好きの彼女なら、近くの公園でピクニックやサイクリング、ちょっと遠出して山登りデートが◎。ちょっとくらい道に迷ったとしても、二人ならばそれも楽しみのうちでしょ?

10.
ビールの蒸留所見学や
ワイナリーツアーに参加

お酒好きの彼女であればきっと嬉しい、大人のデートプラン。蒸留所やワイナリーではできたての味を無料でテイスティングさせてくれるっていうのも嬉しいポイント。2人で昼間からほろ酔い気分になっちゃいましょう。

11.
早朝ビーチでランニング

近くにビーチがあるならぜひトライして欲しいプランのひとつ。いつの時代も海辺は定番のデートスポット。さざなみの音をバックに、ロマンチックな雰囲気のなかで体を動かしましょう。

12.
あれこれ考えるよりも…
家でゆっくり映画鑑賞

shutterstock_148789706_2お家デートの定番中の定番、映画鑑賞。ここにひと工夫加えるとすれば、海外映画によく出てくるような、ちょっとオシャレなテイクアウトの食事を用意してみるとか。さらに、キャンドルやブランケットも用意しておけば雰囲気作りは完璧!

Licensed material used with permission by Elite Daily

デートはお金のかかるもの。たしかにそうかもしれませんが、お金をかけたからといって楽しいデートになるとは限りません。ここでは、財布にやさしいカップルの過ごし...
リッチなレストランで食事をするよりも、人気のデートスポットに行くよりも、他のどんなデートプランよりも一番ステキなのは「2人で料理を作ること」。そう主張する...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
バレンタインデー、愛の伝え方はチョコレートのプレゼントだけとは限りません。たとえば、世界にはこんな面白いアイデアで愛するキモチを伝えるカップルがいるみたい...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
独身で30歳を迎え、焦りを感じ始めた……わけではなく、逆に力が漲ってきたと述べる女性ライターZara Barrie氏。感じたことのない勇ましい気持ちが沸き...
この恋、間違ってるかな?本当に今の関係を続けて大丈夫かな?恋をしていると、そんな不安に襲われることも多い。でも、恋人といてこの「10のこと」を感じるなら「...
「Elite Daily」の女性ライターAmandaさんは、うまくいきそうな男性がいても、後戻りできないくらい好きになってしまうのが怖くて、逃げてしまうと...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
相手との会話が盛り上がらないと、変にもっと話そうと焦ったり、不安になったりすることもあります。でも、強い絆で結ばれているカップルなら、そんな必要はありませ...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...
「幸せじゃないなら別れちゃえば?」そう口にするのは簡単ですが、なかなか離れられず、今の恋愛をうまくいかせようと試行錯誤するカップルも多いはず。でもその恋愛...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
クリスマスの夜、会いたくても会えない人たちのためにーー。東京と大阪。約400kmもの距離を1つのテーブルでつなぐ“特別なレストラン”が、期間限定で開店しま...
男性が求めるべき女性は、こうであってほしいーー。そう語るのは、「Elite Daily」の恋愛エキスパート、Paul Hudsonさん。彼女が隣にいてくれ...
大きな喜びをもたらすことがあれば、その逆も然り。それが恋愛というもの。作家兼英語教育研究家である晴山陽一さんの著書『こころ涌き立つ 英語の名言』から、著名...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...