ハーフマラソンに「犬」が飛び入り参加。そして・・・まさかの結末が!

米アラバマ州で開催されたエルクモント・ハーフマラソン。そのスタート直後、どこからともなく一匹の犬がランナーの隊列に並走し始めました。

え、ランナーと並走?
“アスリート犬”が飛び入り参加

Medium a028cffa807071a9e1a940bc38fd194c7fee022d

団子状態の先行集団が坂を駆け下りてきました。その横を、あれ?犬が…。後ほどこの犬がどうしてここに現れたのかを説明します。ルディヴィンちゃん(2歳メスのブラッドハウンド)今はこの子の名前だけ。では、彼女の迷走ぶりを見ていきましょう!

Medium 3ad70d567af5ad2af735141732b811e38624045f

今度は反対の山側斜面に。まるで、ランナーたちを鼓舞するように、彼らの前を右に左に行ったりきたり。「コラ、邪魔だって!」なんて声が聞こえてきそう。

Medium ed692ab7f941132fe3d969b59114d821e1210968

隊列は徐々にばらけて縦長の展開に。先頭は青いシャツのゼッケン162番。次位は…犬!?

Medium 58f115e4928332360d1af9e5685336ea6c014c41Medium 6604877990618d439fc1ec856b1865cf13a919af

軽快なストライド。まだ疲労の様子は見えません。

中盤、まさかの逸走!?

Medium 48807569038f2d2838d195a2b8e4442fddaab033Medium a310b17aae1f4e46dd4201cc98e300c259cf0687

おおっと、ここでコースを大きく逸脱。茂みでちょっと粗相でしょうか(笑)。その間に後続のランナーたちがルディヴィンの横を駆け抜けていきます。

Medium 8bec83463c13138faf6af0328ab90bc18199e7df

走りながらも、愛想をふりまくルディヴィン。ギャラリーの女の子たちから差し入れ?

ギュイーン。終盤猛スパート

Medium 7a601ca15af54597f50d431a533eb5fc718df86f

レース終盤、ここから一気にペースアップ。

Medium 1fef281a54ab060e80b000fb4dadb4ed1884f26e

皆が苦しくなってきた胸突き八丁。ところが、ルディヴィンは無尽蔵のスタミナで、ギュイーン。一瞬にしてランナーを置き去りにしていきます。そして…。

ちゃっかり、7位入賞
メダルまで頂いちゃいました

そのままランナーたちと一緒にゴール!なんと彼女、21.0975km(正確にはどこから参加したか不明)を完走してしまったんです。しかも、堂々の7位入賞。非公式ながらタイムは1時間32分56秒。
大会側は、ルディヴィンの頑張り(というか迷走)を讃えて、余分に用意していたメダルを授与。首に下げてもらい誇らしげなこの彼女の表情を見てください。

「普段はとっても怠けもの」
でも、やるときゃやる!

Medium 1eb94109799987b3fd49a1ebc65ab4bbfa38f673

ところで、ルディヴィンがどうしてハーフマラソンを走る気になったのか、気になりますよね?飼い主のApril Hamlinさんによると、マラソンコース上にある彼女の自宅前庭でおしっこに出たまま、ルディヴィンは姿を消したそう。たまたま大会ボランィアをしていた友人からのメッセージで、愛犬が21キロ先のゴール地点に飛び込んできたことを知った飼い主。Hamlinさんにしてみれば、寝耳に水の愛犬の知らせだった訳です。

「普段はとっても怠けものの彼女がハーフマラソンを完走したなんて、未だに信じられない」

Runner's World」のインタビューにこう答えながらも、愛犬の健闘を称えていたそうですよ。

Reference:Runner's World
Licensed material used with permission by Elkmont 1/2 Marathon
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
犬の寿命は当然ながら人間よりも短く、大型犬だと6歳くらいからシニアだという意見があるほど。とは言え家族の一員ですから、いつまでも元気でいて欲しいですよね。...
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
人類最高の友、犬。いつでもそばにいてくれる人懐っこさとどこか憎めないキャラクターが魅力的。そんな犬の魅力を、ちょっとゆるめのイラストでまとめるロシア在住の...
まもなく開幕を迎えるリオデジャネイロ五輪。競技によっては、それぞれの国の中で、出場枠をめぐる「代表選手選考会」が開催。4年間継続してきた努力の成果がたった...
あなたは犬派?猫派?それとも他の動物が好き?知り合ったばかりの相手の「人となり」を知りたいときの定番の質問ですが、やっぱり好きな動物の種類によって、その人...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
「Good Boy(いい子だね)!」と声をかけたときに、犬が理解しているのは言葉の意味だけではありませんでした。人間と同じく左脳では言語を、右脳ではそのイ...
Facebookに投稿された2匹の犬の写真は、米テキサス州ダラスの道路上で撮影されたもの。息絶えた茶色い犬の側で、ただじっとたたずむ白いグレート・ピレニー...
愛犬家なら、一度は気になったことがあるかもしれません。いったい、ナゼ犬たちは、排泄前にベストポジションを見つけるかのように、クルクルと徘徊するのか?いった...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
愛犬マイマイ(ゴールデン・レトリバー)との生活をスケッチした、台湾人イラストレーターのジョンさん。犬好きな人はもちろんですが、一度でもワン子と暮らしたこと...
大型スーパーなどの駐車場に車を停めると、車内でお行儀よく待っている(なかには吠えまくっている子も)犬を見かけることがあります。ご主人が去っていった方向ただ...
「……まったく、ホント勘弁してほしいよ。撮影だっていうから行ってみたら、いきなり扇風機の風を直撃だもんね。そりゃ、なびくに決まってるでしょ(笑)、こんなに...
犬はペットとしても親しまれている動物です。いわば、犬を大切している人にとっては家族のようなもの。このように、犬が家族のように近しい存在から、夢占いでは犬を...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
愛犬家だったら「犬を飼うのは至上の喜び!」と感じるもの。人類の最大の友、なんて言う人もいるくらい、良好な関係が築ける存在です。なんだか会話が成立しているよ...
「うちの子に限ってそんなことはない!」。そう思いたい方の気持ちも分かりますが、驚きの調査結果を「Psychology Today」に発表したのは、動物心理...
もしも、目の前に首輪をつけた犬が一匹で歩いていたら…?普通は迷い犬だと思ってしまいますよね。しかし、米・ケンタッキー州に住むゴールデンレトリバー「デュー」...
「パパ、犬を飼ってもいい?」子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約...