出産後、昏睡状態に陥ったママ。ナースの「とあるアイデア」で奇跡の回復

2014年9月。ジェレミーさんの妻・シェリーさんは、めでたく女の子リランちゃんを出産。しかし、その直後に容体が急変し、意識不明の昏睡状態に陥ってしまいましたーー。

出産直後、母親が重体に…!

14677fad2aca1816f0cc8600cf23ada208bd80a6

彼女はその時のことをこう振り返っています。

「はっきりと覚えています。ストレッチャーに横たわりながら、手術室に戻されました。私はそのとき、死んでしまうのではないかと恐怖心で泣いていて、医師に必死に訴えかけていたんです。そして、その予想は間違ってはいませんでした」

血の塊が破れ、肺に液体が溜まってしまったシェリーさんは、脳への酸素供給が困難な状態に。血圧が急上昇し、それから一週間ほど意識を失ってしまうことになってしまいました。

夫・ジェレミーさんや周囲に居た医師たちも、「もう彼女を失ってしまうだろう」と諦めかけていたそうです。しかし、そのとき看護士のひとりがある方法を試したところ、奇跡が起きました。

赤ちゃんの声で
母親の意識が回復!

このアイデアは、看護師のアシュレーさんが試したものでした。

「私たちは、赤ちゃんにとって母親との肌と肌との触れ合いが、とても良い影響をもたらすものだと知っていました。だから、母親にとってもきっと同じなのではないかと考えたのです。赤ちゃんは無事に生まれてスクスク育っていましたから」

ジェレミーさんがシェリーさんの上にリランちゃんをのせると、すぐにスヤスヤと眠り始めたそう。アシュレーさんはこう続けます。

「本当は彼女に泣いてほしかったんです。だから皆でつついたりして、どうにか泣かせようと頑張ったのですが、とても心地よさそうな表情をしていて、うまくいきませんでした。でも、ようやく彼女を泣かせることができたとき、やっぱり何かが起きたのでしょう。シェリーさんが目を覚ましたのです」

D6a4a0821d7adec7c5fb2c98d69b3afda050ede7

その後、シェリーさんの容体は順調に良くなり、今では完全に回復。2015年9月には1年前に起きた奇跡についてこうコメントしています。

「こんなに素晴らしいことがあるでしょうか。小さな赤ちゃんにこんなに凄い力があるなんて。生まれたばかりでまだ何もできないはずなのに、彼女は私を…。彼女の声が私に闘う力を与えてくれたんです。あれから1年。どんなに状況が変わったか!いまは1歳になったリランと暮らしながら、ナーススクールに通っています。神様が救ってくれた人生のこれからが楽しみで仕方ありません!」

彼女はこの一件を本に書き、多くの人に伝えているのだそう。母と子の間には、見えない力が働いているものなのかもしれません。それにしても、無事でなにより!

Licensed material used with permission by Shelly Ann Cawley
出産は人生の一大イベント!妊娠すると、自分の体がどんどん変化していくのを感じ、喜びを感じたり、ときには不安になったりしながら出産の日を迎えます。さらに、無...
ものすごく大変だと聞く出産ですが、同時に3人だったら母子ともにかなりの負担がかかるはず。だけど、尊い3つの命が無事に誕生した時は、とても誇らしく、何よりも...
出産の痛みって、男性には経験できないものですよね。でも、筋肉を電気で刺激することで擬似体験はできるようです。動画には、「母になる痛み」を味わう実験に参加し...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
2015年に女の子を出産したイラストレーターLucy Scottさんの言葉。母となり初めて感じた大変さをイラストに残していきました。どれも新米ママの苦悩が...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
待望の赤ちゃんが産まれしあわせな日々、のはずなのに突然涙がでたり、訳もなく気分が落ち込む。いわゆる「マタニティーブルー」は、慣れない育児による疲れだけでな...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
彼氏ができてハッピー!…だけど、この関係が続いたら、ゆくゆくは待ち受けている彼ママとのご対面。できれば仲良くしたいけど、もしも気に入ってもらえなかったら…...