「子どもの落書き」を実際に製品化したら、めちゃめちゃ楽しそう・・・

「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子どもなりの視点で世の中の便利を「クリエーション」、これがスゴかった!

子どもの発想力に
大人は気づいていない

Medium e6e7caf2fded03f693f2db5875e75f6ea7eab2f5
Photo by the INVENTORS! project

イギリス人デザイナーで発明家のDominic Wilcoxさんは、これまで450人以上の子どもたちに発明品のアイデアを描いてもらうプロジェクト「the INVENTORS project」を実施しています。
もちろん、ただ描いてもらって終わりではありません。子どもたちのアイデアを実際にカタチにする(ものによっては3Dイメージ)までを行い、彼らにものを生みだす楽しみを伝えるという試み。他にも、イギリス政府より依頼を受け、学習障害を抱える人々への発明フロジェクトも実施しているそうです。

では、ここからは実際に子どもたちの発明品をチェックしていきましょう!彼らのアイデアを元に独断ですけど、「実用度」と「面白さ(発症力)」を星の数で表してみました。

01.
プリングルスホック
実用:★★★★★
面白:★★☆☆☆

Medium d70cd8026965d2cbcef88eced119ccfe8d242599
Photo by the INVENTORS! project
Medium 52a522758cbabcdd36147f7d2fb5fbccb314c54a
Photo by the INVENTORS! project
3e29d671ae8e96c4d3850bab7effe63a366581c2
Photo by the INVENTORS! project

大好きなポテトチップス。食べ続けているうち、だんだん指が届かないところまでいっちゃった…。いかにも子どもらしい着眼点と拍手したくなる、この発想力にあっぱれ。下の方のチップスもこれなら簡単に取り出せる。11歳のジョージアちゃんの発明は誰もが喜びそうなアイデアでした。
でもこれ、最初どうやって「ホック」を中にいれるんでしょうね?

02.
全自動食品冷却フォーク
実用:★★★★★
面白:★★★★☆

Medium 1e074315ae0102f908287805f3280e848fb312df
Photo by the INVENTORS! project
Medium 709dcde0e066da5e6f92fa72b71a5bb829134698
Photo by the INVENTORS! project

こちらも子どもならではの大発明。6歳のアメリアちゃんは、日常生活の中から彼女がいちばん困っていることに着目したんでしょうね。どうやら“ねこ舌”な彼女。料理が冷めるまでごはん待つより、こんなアイデアを思いつきました。

下の写真は、発明を元に3Dデザイナーがグラフィックに起こしたもの。わかります?フォークの柄に小さなファンが装備されています。風はホークの先に空いた穴から直接料理に。この着眼点、大人の私たちからはゼッタイ出てこないって?

03.
緊急救命バンド
実用:★★★☆☆
面白:★★★☆☆

Fe2c95e333b2a6d53c13b93fa6fa033f89cc7a24
Photo by the INVENTORS! project
Medium 710410f19ffcc0e563852317d4a0435d30605776
Photo by the INVENTORS! project

ダニーくん9歳は、人命救助のための偉大なアイデアを生み出しました。それが、こちらの「Life Band」。もしも、プールや海で溺れてしまったとしても、このリストバンドを腕にしていれば心配ご無用。ボタン一つで、中から風船が膨らんで浮き輪代わりになるという優れもの。このダニーくんのアイデアを、プロダクトデザイナーのAndy Mattocks氏が具現化していきます。より力強い浮力を得るために、Andy氏は空気を圧縮した小型ボンベを搭載。実用化に向けて動きだす!?

04.
全自動ハイタッチマシーン
実用:★☆☆☆☆
面白:★★★★☆

Medium db7c53d9f71463abf5eb32d73122021106052028
Top Photo by the INVENTORS! project
Medium d94fef441d3cb8ca83e9ee62f9296eb8e1f578b1
Photo by the INVENTORS! project

いったい、なんのため?どんなときに使うのか?そんなこと関係なしに、自分の「あったらいいな」を発明した6歳のオリバーくん。きっと気分ノリノリのとき用。
ところが、その発明は結構こだわりがあるんです。まずは、このマシンの前で叫びます「ハイ・ファイブ!(ハイタッチのこと)」すると、マシンの手が赤色に変色、その後、赤い手が前方にハイタッチを求めてやってくるという仕掛け。面白い!

05.
ファミリースケーター
実用:★★☆☆☆
面白:★★★★☆

Medium 5ba8a382b9b4cbb65d02bbd8c2d029e74fc93f1a
Photo by the INVENTORS! project
Medium 475d49f02e93a5de145c56f056b0cd5aac27c5cc
Photo by the INVENTORS! project
Medium bfca4c0ff6ec365d90eb501ec1e6eaf858946159
Photo by the INVENTORS! project

ウェンディーちゃんお気に入りのキックスケーター。これを家族が連なって楽しもうというのが彼女のアイデア。いわゆる3人乗り、4人乗り自転車の要領で、みんなで息を合わせてこいでいくんだそう。
このアイデアを持って実際に自動車工学研究所AMPを訪れ(もちろんプロジェクトの一環)たウェンディーちゃん。ラボで溶接のお手伝いをしたそうですよ。6歳らしい発想がナイス!

06.
全自動なわ跳びマシーン
実用:★★★★☆
面白:★★★★☆

Medium 80b8a55d8c418c2cdfa8a8adfd3f22af7c1971d9
Photo by the INVENTORS! project
Medium e0a7048a2f968c95a13c852f7d18d8864d2ce1de
Photo by the INVENTORS! project

クロエちゃん6歳は縄とび。でも、もちろんただの縄とびではありません。なんと彼女のアイデア、グリップ部分にプロペラが付属されていて、上空にホバリングする設計になっているんです。つまり、手ぶらで縄だけが目の前に回ってきてくれる仕様です。子ども用だけでなくても、エクササイズに使える!?

07.
照明付きウィッグ型ヘルメット
実用:★☆☆☆☆
面白:★★★★★

Medium d6124dde34a19fa5f864d83f021d577ce892c6a1
Photo by the INVENTORS! project
Medium 6fe0b6b37999a18005bd24f703adcb5a8ea28ce1
Photo by the INVENTORS! project

9歳のケイティちゃんは、暗い夜道が苦手。自分と同じように怖がりな女の子が安心して夜道を歩くための発明がこちらのLEDヘルメットだそう。スッポり頭から被った際、おでこからサイドにかけて埋め込まれたLEDが前方を明るく照らしてくれる設計。サイドのカラフルな飾りにもLEDが内蔵。不安を払拭し、オシャレにもこだわりたい。女の子ならではの発想が◎!

Licensed material used with permission by the INVENTORS! project
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
この部屋で圧倒的な存在感を示しているのは、2階から伸びている灰色の大きなすべり台。ここ、モデルルームなどではなく、実際に個人の住居なんですよ。設計はウクラ...
「私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon In...
『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
建物の壁面や商店のシャッターにスプレーやフェルトペンでなぐり描いたグラフィティ(文字だけのものはタギングとも)を読解するのは至難の技。あえて読みにくく描い...
時間ができたらタメになることをしよう。と、スケジュール帳とにらめっこしている人は多いかもしれません。でも、“暇してみる”のも良い選択肢。たとえば、夏休み。...
イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引...