子どもにしか見えない「イマジナリーフレンド」を立体化してみたら・・・?

『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを“イマジナリーフレンド”と呼びます。一説には3歳〜7歳の子どもの内、半数程度が持っていると言われています。

ところが、何せ頭の中にしかいないため、まわりからはどんな姿をしているのかわかりません。そこで、どんな友だちなのかイラストにしてもらったのがコチラ。

Medium 7e5b1e2effb69f712ebd9aa7b6c8ad4791f3315b

Eva Wood(9)が描いてくれたのは、紫色のたてがみにカラフルな流線模様を体にあしらった、ライオンの「Swerl」。とぼけた表情がかわいらしいですね。

じつはこのイマジナリーフレンド、大人になる過程で大抵は姿を消してしまうそう。子どもが持つ創造力のカタマリとも言える損座ですが、忘れてしまうなんてもったいない!そこで、世界の名だたるクリエイターの手により、この友だちを立体化するプロジェクトがイギリスで始まりました。

ライオン「Swerl」の立体化にチャレンジしたのは、ロンドンのアニメ製作会社Picasso Pictures。Evaの前に現れた「Swerl」の姿がこちらです。

Medium 55185d62c3b84643da096ab61f2b9d3548c828f7

イラストのまま、現実世界に抜け出してきたかのような出来栄え!頭をなでる彼女も、立体化された友達を前に嬉しそうにしていますね。

じつはこれ、イギリスの広告制作会社「AMV BBDO」と「ヴィクトリア&アルバート子供博物館」が手を組んだ展示企画、「The Imaginary Friend Collection」の展示品。全部で6体あります。

Evaの友だちはかわいいライオンでしたが、なかにはちょっと心配になってしまうビジュアルの子も。イラスト⇒立体化の順番に紹介していきましょう。なかには日本人クリエーターの名前も!

右手に花、左手に…雲?
3つ目の友だち「CHLOE」

Medium 9cfae8b0de35cb5c7756101a0aeb210fb8e8d7b7Medium ed05458d807dd94511cb3290f3e4fc9301198375

Mable Brim(7)のイマジナリーフレンドは、ちょっと不思議な女の子「CHLOE」。左手に乗せた雲にはいったいどんなメッセージがあるのでしょうね?おでこにパッチリ開いた目も特徴的です。

「CHLOE」を制作したのは、ロンドンのクリエイティブスタジオ「Blinkink」。著名なクリエイター・Becky&Joeの手によるもの。

息子の友だちだったら不安…?
彼の名前は「Monster」

Medium 41877b9bfbe4a5fc08b08614f6719f46c41da58eMedium 5c5bc8a421804ffc8700577704455b2e8fa7de62Medium 1f1d796e41063e58882ce184d395034705f04caf

4本の青い腕と、4本の黄色い足。2本の手でテニスをしながら、残りの2本でバナナを食べ、緑色の鼻水を垂らしつつ、こちらを見つめる目はまたしても3つ。見ての通りですが、名前はやっぱり「Monster」。

Leo Georgiou(5)の表情を見るかぎり、どうやら悪友の模様。制作したアードマンは、日本でも有名な『ひつじのショーン』や『ウォレスとグルミット』を制作したアニメーションスタジオ。そのユーモラスで憎めないデザインには、どことなくらしさが感じられますね。

知的なメガネの「Jamie」は
どーもくんと関係あり!?

Medium cddc13c280962813aa5cde69209d2a3b08ee91c7Medium 3dc786f338822698a9ce47cf986ef431d7c58c91

『妖怪ウォッチ』や『ポケットモンスター』あたりに出てきてもおかしくない、キツネの「Jamie」は、Lily Whitby(8)のイマジナリーフレンド。知的な丸メガネが特徴的なこの友だちは、NHKのマスコットキャラクターとして人気の『どーもくん』の生みの親、スタジオ「ドワーフ」によるもの。

あの未確認生物「nessi」は
彼の頭の中にいた!

Medium 49be2e90e338a0ea2fa933022aeb3e18afa600adMedium e5949f0ac0ef49e4112648c8825d77fcd73919da

ずいぶんと毛むくじゃらな恐竜の友だちですね。その見た目どおり、彼につけられた名前は「Nessi」。そう、あの未確認生物・ネッシーです。Julio Sanzはどうしても一目見たくて、頭の中に思い浮かべてしまったのかもしれません。

ちなみに制作は、ニューヨークのフィルムスタジオ「Psyop」。

ファンタジックな
シマシマ猫「Lilly」

Medium 6aef8621ecdc5a92505d79cabea293ffe01f0093Medium 202be1dbd94e2e70fe5734deea8135a022de09e4

白黒のコントラストが特長的な猫の「Lilly」。Ruth Fekadeが描いたイラストを立体化。先ほどのネッシーと同じく、こちらも「Psyop」が手がけました。

どれもこれも個性的なイマジナリーフレンドばかり。頭の中から現実に飛び出してきたキャラクターに触れる子どもたちは、みんな嬉しそうなのが印象的。

心理学や精神医学の観点からは、解離性同一性障がいの症状でもあると言われているものの、彼らにとっては、人間の友だちと何ら変わりない大切な存在です。動画では、彼らと接する子どもたちの表情が見れます。ぜひその様子を見てみてくださいね。

Licensed material used with permission by design you trust

目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで...
楽しい楽しい休み時間。友達と一緒に思いっきり遊びたいところですが、もし相手が見つからなくて、ひとりぼっちになってしまったら…?そんな悲しい思いをしないで済...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
この記事は、ライターTodd Perry氏が「GOOD Magazine」で紹介した、子どもたちが考える「愛の定義」について。大人だって返答に悩むようなこ...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...