意外と知らない。スタンディングデスクの「4つの効果」って?

最近、話題となりつつあるのがオフィスで立ったままの姿勢で仕事をする「スタンディングデスク」。立って作業をして、本当に疲れない?そんなあなたもこれを知れば、メリットが見えてくるはずです。

1.省スペースで有効活用&コミュニケーション増加

立つ

フリーアドレスのオフィスが増えてきていますよね。デスク、椅子を個人で固定せずにみんなで共有して、その時空いている場所を使う。毎日隣の席は昨日とは違う人がいたりするので、これによって部門をこえたコミュニケーションが生まれます。

このように形を変えてきたオフィススタイルの先端に、スタンディングデスクがあるといえるでしょう。カフェにもあるようなスタンディングのカウンター風デスクが窓際や壁際、柱まわりなど空いているスペースにコンパクトに並びます。椅子がないということはその分場所をとらないので、省スペース化でき、空間が広くなる分有効に使える場所が増えたり、オフィスが開放的になるなどという効果がでてきます。

そして、最大のメリットといわれているのは、コミュニケーションの増加。立ってデスクワークをしていることで、歩いている人との目線の高さも同じになり、通りすがりにちょっと会話がしやすい、そんな効果が現れてくるはず。コミュニケーションエラーの予防にもつながるので、仕事の効率もあがるという効能がこの立ったまま作業には期待できますね。

2.軽快なフットワークで「仕事がでデキる人間」に

立ったまま仕事をしていると、自然とフットワークが軽くなるもの。座っているときと違い「立ち上がる」という動作が省略できるからです。椅子に座ったままでいるとなるがちな「お尻に根っこが生えた」状態も避けることができるはず。

スタンディングデスクでフットワークが軽くなると、行動範囲も広がります。ちょっと話しに行けば確認できる案件は、即歩いていって確認完了。メールして返事待ちということもなくなります。そうすると仕事の効率があがるのはもちろんでしょう。「仕事ができる人」=「フットワークが軽い」といわれているのももっともです。

3.仕事をしながらシェイプアップ!

078629

「長時間の座りっぱなしは健康に良くない」とはよく耳にします。不自然な姿勢で長時間座っていると、身体は凝り固まり、肩こり、腰痛、足の浮腫みに苦しめられてしまうでしょう。そんな中、スタンディングデスクは身体にいい!という事でも話題になっています。

立っていることで普段あまり使っていなかった、ふくらはぎや太もも、お尻の筋肉や、姿勢を保持するための腹筋や背筋などが刺激されます。仕事をしながらシェイプアップ効果が期待できるでしょう。全身の血行がよくなると基礎代謝も上がるので、知らないうちに身体が引き締まってくる。立っているだけでカロリー消費できるので、ジム通いせずとも、2~3kgのダイエットができるそうです。

4.身体から「ヤル気」のスイッチを入れる

Businesswoman walking away

たとえば気分が沈んでいるとき、膝を抱えてうつむき、身体を縮めたくなりませんか?反対に気分が明るいときは、立ち上がって胸を張り、視線は前方上向きになりませんか?

心と身体は繋がっています。心が身体の反応に作用するなら、身体から心にアプローチすることもできるのです。座ったままだと、机に肘をついて前にかがみ、背中は丸くなり目線も下がりがちになります。このような体勢だと気分は上がらないかもしれません。そうすると良いアイデアが浮かばなかったり、ヤル気がなくなったり、集中力も下がり仕事の効率は悪くなってしまうでしょう。

逆に、立っていると身体は椅子に束縛されていないので、開放されていつでも戦闘体制。視線は高く、胸を張り、気分まで前向きに明るくなります。もちろんヤル気は沸き上がり、集中力もアップ、仕事の効率はよくなるはずです。座っていると眠くなって集中力も切れ、いつの間にかネットサーフィンなんて時間の無駄遣いをしていた人は、スタンディングデスクがあっているのではないでしょうか。

取材やミーティングを除くと、基本的に1日中デスクワークのぼく。弊社はフリーアドレスを採用しているから、ちょっと業務が行き詰まると席を変えて気分転換するのだ...
出先で仕事をしたいけれど、カフェは満員だし、仕事ができそうなシェアスペースはなかなかコストがかかる…。いい場所が全然見つからない!「Deskview」は、...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
米メディア「Big Think」で、雇用者はコーヒーメーカーより昼寝スペースを設けるべきという内容の記事が話題になっています。昼寝をすることで生産性や忍耐...
一人でブツブツ言っている人を街中で見かけると、「なんだか変わった人だな」と思ってしまいますよね。でも、そう思うあなたは、まだ独り言の持つ力に気づいていない...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
「スポーツジムやフィットネスクラブに通う」「近所をランニングする」など、健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。じつは今、運動前後...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひと...
健康を維持するためにも、栄養は効率よく摂りたいものです。しかし、当たり前のようにやっていることが、じつは食材の栄養効果を無駄にしてしまっていることも……。...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
いまや日本のビーチカルチャーのアイコン的存在であるAOSHIMA BEACH PARK、年一回の発行ながらその高いクオリティでコアなファンを獲得している雑...