「留学地」としてオーストラリアが最高である13の理由

NY在住ライターKaylin Pound氏が、“オーストラリア愛”を目一杯盛り込んだ記事を「Elite Daily」に寄稿しました。ニューヨーカーの彼女が遠く離れた南の国を「留学先」として猛プッシュ。でもこれ、観光地としての魅力でも。彼女がオススメする理由の中から、厳選してピックアップ。

01.
ビーチ探しに困ることはない

Reference:whitsundays_qld

02.
ほとんどの場所が気候が良く
過ごしやすい

世界最大の島であり、最も小さい大陸オーストラリア。エアーズロック(ウルル)で知られる熱帯性気候のノーザンテリトリーでは、さすがに夏ともなれば40度近くまで気温が上がります。でも、都市部は一年を通して過ごしやすい!

03.
天からこぼれてきそうな
パノラマの星空でキャンプ!

Australiaさん(@australia)が投稿した写真 -

Reference:australia

04.
多様な大学があり
プログラムも豊富

オーストラリアは、自分の学びたいことに合った多種多様なプログラムを大学側が用意しています。学生の多くが集まるのは、メルボルン、ブリスベン、シドニー、パースといった都市が人気。

05.
エンターテインメント2大都市
メルボルン、シドニー

学生ライフを満喫するうえで、欠かせないのが放課後や週末のアクティビティ。なかでも、メルボルンとシドニーは、若者から絶大な人気を誇るエンターテインメントタウン。

06.
授業前の日課に
サーフィンなんてGOOD

@maila_smileが投稿した写真 -

Reference:maila_smile

07.
意外…?魅力的な男性が多い

08.
オージー独特のアクセントが
心地よく耳になじむ

09.
奇跡のカワユさ♡
クアッカワラビーと
セルフィーだってOK

@outwithashlynが投稿した写真 -

Reference:outwithashlyn

10.
海だけじゃありません!
大自然のスケールに圧倒
カタ・ジュタ

11.
海中の「神秘」を
体験できる

12.
ナイトライフも充実
シドニー・ハーバー沿いで
ロマンチックな夜も。

13.
ほんと、どこへ行っても
冒険心が掻き立てられる!

@peach_freeが投稿した写真 -

Reference:peach_free

いますぐ行きたい!の魅力がオーストラリアにはまだまだたくさん。ちなみに、Pound氏のオススメの理由は、さらに7つもありました。たとえば…最近注目のイケメン俳優Hemsworth brothersの故郷!など。綺麗な画像とともに紹介する彼女の全編リストも、こちらからチェック!

Licensed material used with permission by Elite Daily
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
11月6日、オーストラリアのボンダイビーチに突如として現れた雲が、現地メディアやSNSで話題を集めています。「まるで津波が襲ってくるようだった」ビーチ上空...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
今、フィリピンへの英話留学が、にわかに注目を集めている。ここでは、実際に家族(!)で留学した安達さん一家を取材。その人気の秘密を探っていこう。■フィリピン...
いま、シドニーで大注目のデザートがこちら。見た目のインパクトもさることながら、その独特の食感がやみつきなんだとか。このハイブリッド感がたまらない!シドニー...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
オーストラリア・シドニー発祥のパイ専門店「パイフェイス」が日本に初上陸し、話題沸騰中。この可愛い顔した“ニクい”ヤツ、決して侮ることなかれ。全16種類!日...
その名も「The Break Room」。2016年4月、メルボルンにオープン予定のこの部屋は、安全にモノを破壊するために用意された場所だ。一体、なんのた...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
米・テネシー州生まれのダルトン・ロスは、イギリスへ留学することになりました。そこで彼は「僕がいない間、寂しくないように」と、ジョークで家族に自分の等身大パ...
写真をみてください。このどこまでも続いているなが〜い階段。まるで…雲の向こうまで行けちゃいそう!晴れた空にス〜っと伸びていっています。どうやら海沿いの街に...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?オーストラリアでは、...