香港に咲いた25,000本のLEDの「白いバラ」にうっとり・・・

バレンタインデーに合わせた企画として、香港でステキなLEDの光のバラが咲いています。Instagramにアップされた写真だけでも、うっとりするようなロマンチックな輝き。じつはこのバラ、あるチャリティー活動にも生かされていたようです。

ビクトリアハーバーを
ぼわんと照らす白いバラ

62ed80d90fa178a18fe7ba1be3f1964892ca6d06

香港島と九龍半島を結ぶスターフェリーの発着場にほど近い、添馬公園(タマルパーク)と中西区海浜長廊(中西区プロムナード)の2か所で広大な敷地に合計25,000本もの光のバラが灯りました。夕方6時から夜11まで、幻想的な優しいバラの光に香港中のカップルたちがこの場を訪れているようですよ。

赤いバラの花の代わりに
LEDの白い明かりを

Ebdac1db031b219124583fe6f15a6a461294d01a

この大地を埋め尽くすLEDのバラは、韓国ソウルで始まった「Light Rose Garden」というバレンタインに合わせたイベント。
もともと、香港人のカルチャーとしてバレンタインデーには、男性から女性にバラの花束を添えてプレゼントを贈る風習があります。25,000本すべてが…という訳でもないでしょうが、このバラも1本100香港ドル(約1,460円)で同イベント公式サイトよりオーダーし、バレンタイン当日もしくは、前日までに花をピックアップ。彼女と一緒にそれを刺しに行く。といったロマンチックな作戦もできたようですよ。

愛の花明かりには
チャリティーの意味もあった

ほんわか心温まる光のバラ。これを、単にカップルのためのステキなイベントではないんです。この1本1本が、じつはチャリティーにもつながっているんです。今回nの収益の一部は「Fair Trade HONG KONG」に寄付され、教育事業に役立てられるんだそう。

日本にやって来るかも!?

さて、Light Rose Gardenは今回が初の海外企画でした。今後さらに世界の都市へと展開を予定しているというから、もしかしたら近い将来、日本でもこの幻想的な明かりを目にする日が来るかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by wyman_wong0213, francis_hker
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
ドイツ各地のウォータースライダーを特集しているwebサイト「Tuberides」で一際話題になっているのは、チューブの中がカラフルなLEDでビッカビカに輝...
がっつりお肉を食べたいけど、なかなかステーキ肉は手が出ない……。とくに給料日前となるとつい我慢してしまいますよね。でも、値段が手頃な「豚バラ肉」をうまく使...
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
日当たり良好な部屋…のように見えるけど、実はコレ「CoeLux」という人工的な照明パネルによるもの!ここは窓の無い部屋なのです。イタリア・インスブリア大学...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...
この写真を撮ったのは、アーティストのMichael FarrellさんとCliff Haynesさん。彼らによると、このアイデアは1930年代には存在して...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
「Fret Zeppelin」は、どこにどの指を置けばいいのかを、LEDの光と色で表示するサポートアイテムです。好きなギターに装着するだけでOK。コードの...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
飛行機での空の旅。上空では味覚に変化が起こるというのはよく聞くハナシ。どうやら高度と気圧が大きく関係しているようですが、まさかその変化した味覚に合わせて「...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
嘘のように真白で、触れたら壊れてしまいそうな儚さを感じる2人。ブラジルのサンパウロで生まれたLaraとMara Bawarは、メラニンの量が足りていないこ...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...