10,000匹を超えるサメがビーチに集結!?一体なにが・・・

2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?

見渡す限り
サメ・サメ・サメ…

343b4e004de7630724329551108c4c1e971d9c77061644f3ab1d2e0c0db5fe8f2125c58eba83ca81

ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フロリダ・アトランティック大学の生物学者で、サメに詳しいKajiura准教授が「ABC News」に話した内容によれば、冬場に温かい水を求めて海を移動する習性があるカマストガリザメにとっては自然なこと。

それにしても、集まった数は例年よりも多く、上空から撮影された画像には思わず圧倒されてしまう。実際には、大きくてもそれぞれ1.5mほどで噛まれても致命傷になることはまずないそうだ。

Bf79603257c4ca90a5aa61f3c8551bae2c4252f0

いつもは、パームビーチよりさらに南下したマイアミ・デイドやフォートローダーデールに現れるそうだが、エルニーニョ現象によって海水の温度が高まり、より北に停留することになったと予想されている。「Science Alert」によれば、詳しくは、60個のタグをサメにつけて調査を行う予定だ。

とても敏感なので、人間が近づくとすぐに逃げてしまうというが、1月から3月半ばにかけて、この周辺に近づいてくる様子が見られる。遠目から観察するには、ちょっとした観光スポットとして楽しめるかもしれない。その証拠に、「気軽に遊びに行ってみれば?」と軽快なトーンでニュースを報じているメディアが多かったようだ。

Licensed material used with permission by Mark Mohlmann, sharkmigration
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
誰しも、ひとりになりたい時がある。じっくり考えごとをしたいとき、仕事に集中したいとき、読書に没頭したいとき──。自分の部屋に閉じこもるのも手だが、ここで知...
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
フロリダと言えば「眩しい太陽が降りそそぐ街」、そんなイメージがありますよね。しかしその反面、高温多湿な気候ゆえに「クルマに放置された赤ちゃんやペットの死亡...
ビーチバケーションも楽しいけれど、もっと落ち着きがある湖畔の宿でゆったり過ごすのも、夏の醍醐味のひとつ。ちょっと離れた場所で人混みを避けて、静かな環境の中...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...