再生回数700万超!?日本の「給食」に、世界からオドロキの声

食べるときは「いただきます」。
食べ終わったら「ごちそうさま」。
食事は残さず食べること。
使ったお皿は、自分で片付けよう。

これらは、私たち日本人が食事をする時の基本的なマナー。両親によるしつけはもちろん、知らず知らずのうちに学校生活で身につけたものなのかもしれません。そうです、給食です。

日本の給食事情に
世界が仰天?

スクリーンショット 2016-02-23 15.32.50ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を見て驚きました。

なぜなら、子供たちは食べ残しを平気でするし、ゴミは捨てない、散らかった床だって片付けません。そこで、彼女はNYの給食管理部長と幹部に、日本の「給食」を見せることに。

スクリーンショット 2016-02-23 15.29.48食事の準備をしている、給食のおばさんたち。動画を見た幹部たちは、まずここで「手で皮を剥いてる!」とビックリ。YouTubeページには、学校で育てたものである点について「素晴らしい」との声も。

スクリーンショット 2016-02-23 15.30.10これは、授業を終えた子どもたちが、先生にお辞儀をする場面。

スクリーンショット 2016-02-24 22.55.27

そして、ごく一般的な給食風景へ。これを見た人々はというと…

「うわぁ、先生にお礼を言ってる」
「給食のおばさんたちにも」
「子供達が自分で食べ物を運んでる」

延々とオドロキの反応。極めつけは雑巾がけのシーンです。

スクリーンショット 2016-02-23 15.37.12「これ、毎日やるの?」
「他の学校もみんなこうしてるの?」

佐竹さんによれば、みんな「信じられない…」といった表情を浮かべていたそうです。

ただ「食べる」だけではなく
生活を学ぶ子どもたち

スクリーンショット 2016-02-24 22.59.13

スクリーンショット 2016-02-23 15.35.52牛乳のパックをバラして、水洗い後に乾かすーーなんてリサイクルも、日本人にとっては当たり前の慣習でしたよね。

動画に感銘を受けたのでしょうか、給食管理部の人々からはこんなコメントが。

「ニューヨークの学校でここまでやるには時間がかかるかもしれないけど、とにかく始めないことには前に進めないから」

そうして佐竹さんは、ボランティアで給食のゴミ削減と分別の指導を始めることに。それが今NPOの仕事となり、日本式の給食をNYに広めるべく、各地の学校を指導して周っています。

動画は7ヶ国語に翻訳され
世界中で賞賛を浴びることに

すでに世界30カ国以上で見られているこの動画、再生回数は700万回を突破する大人気コンテンツに。現在分かっているだけでも、7カ国語に翻訳されています。コメント欄も賑やか。

「みんな礼儀正しくて素晴らしい。日本さすが!」「子供を日本の学校に入れたい」「急に日本に引っ越したくなった」「うちの学校の給食はレンジで温めた冷凍食品」

日本の給食や掃除の習慣、礼儀正しさを賞賛する声がホントに多いみたいですね。映像を製作した佐竹敦子さんは、こんなことを話してくれました。日本の「食育」は世界に誇れる素晴らしい文化だと、日々痛感しているそうですよ。

「毎日当たり前にしていた給食や掃除の習慣の素晴らしさを広めることができて嬉しい。これからもこういった情報発信とニューヨークでの実践を続けたい」。

Licensed material used with permission by 環境活動家 ドキュメンタリー映像作家 佐竹敦子

濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
2015年8月2日。京都市内で、和と洋の“極上のコラボレーション”が行われていたことを、あなたは知っているだろうか?舞台は世界遺産・清水寺。1,200年以...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
出てくるのは、新宿や渋谷の見慣れた街角ーー。日本トップレベルのパルクールチーム「URBAN UNION」が、ディレクター兼カメラマンに福井崇志を迎えた映像...
どんなに見慣れた風景も、見る人が変われば別世界にーーそんな"視点の違い"を如実に表しているのが、この11の動画ではないでしょうか。このGIFアニメをつくっ...
そこに暮らしているからこそ見えづらくなる魅力や躍動感が、外から見ると浮き彫りになる。これはその好例だ。たった3週間で、東京、大阪、京都、広島などを撮影して...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
ロシア人アーティストKnavishkolaは、みんなにもっと身近な幸せに気づいてほしいと、このアニメーションを作成しました。わずか1カ月ほどで1億回もの再...
主に女性における「美」の変遷を10年ごとに刻んで再現した動画『100 Years of Beauty』。これまでにアメリカ編やロシア編など15ヵ国を対象と...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全て...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...