ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」

タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです。

新感覚ペイント!
「ボディマーブリング」って?

上の動画は、「TomorrowWorld」、「Electric Forest Festival」、「Moonrise Festival」などに出展していたクルー「Black Light Visuals」が、2014年に記録したもの。

容器の中で渦巻いているアクリル染料に手を加え、カラフルな模様をデザインしていきます。パフォーマンスとしても十分見応えがありますが、モノやカラダを浸して水圧転写させることで、複雑なボディペイントが一瞬でカラダに!

Medium 16c3aa8f959dc10692acac00e0d0853d1a9e6890Medium 5983712efd23d280c58a577d2318743ac87b86cbMedium be93954744c17b7dd755c19457e154c7ad87daf2

遊び方はカンタン。ペイントするときには、手をドボン!と染料に突っ込むだけOK。そのあと塩水をベースに配合された特殊な液体にサッと通すと色や模様が固定する仕組み。

染料の層が薄いため、肌の呼吸も邪魔せず、これまでにアレルギー症状が出たこともないと言います。それに、ひと通り楽しんだ後には石鹸で洗えばすぐに落とせるので、その日だけ楽しみたいというカジュアルな人にピッタリなんです。

同クルーは、この手法でマーブル塗装を施したTシャツやキャップ、スマホケースなど衣類や小物も販売中。ですが、やっぱりこれをボディペイントに応用しちゃうところが注目のポイント。さらに!じつは、日本にもクルーが。

日本でも楽しめる!

Medium 2fb7103ce7a37ec1e634a5eeac3eaea1b21c60e7Medium a69fe1b220c9b4af03c8256b59217ae0074f2035Medium 88cbc8c7d4d2873b6554502b035f64abbbe65826Medium 7cab77ed26d9bc08f4b18926e4c1eaa1409c1bdcMedium 807e17404f70140e3681655c2ccf43e0f3feabd1

上の画像は、「Dirty Workers Studio」のもの。2015年から東京で活動を開始した日本のボディマーブリングクルー。2015年10月31日に開催されたハロウィンイベント「PKCZ ELECTRIC HALLOWEEN 2015」などに出展し話題になりましたが、そのほかにもいろいろな画像がFacebookInstagramで見ることができます。

その日の服装や気分に合わせて模様をデザインしてくれ、まるで変身したかのような高揚感を味わえるんだとか。とくに自分のカラダが光っているとなると、なおさらですよね。2016年のイベントは要チェックかも!

Licensed material used with permission by BLVisuals LLC, Dirty Workers Studio
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
100円均一でも一部手に入るガラス用絵の具は、ツルツルした面に貼れて、カンタンに取り外せるので人気です。クッキングシートなどに一度描いてから貼り直してもO...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでし...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...
どんな人でも、皮膚の下には筋肉があり、血管がある。自分の身体でさえ日常の中であまり意識することはありませんが、「もし皮膚が透けていたら、その下はこうなって...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
「おしゃれは足元から」なんて言葉があるように、靴はファッションの大きなポイントを占めるアイテム。薄着の季節はカラフルな色の服を着ることも多く、何を履いたら...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
ブルース・ガードナーは、ニューメキシコ州アルバカーキにいる。どうやら究極の「光る泥だんご」を追い求め、日々研究と実験を重ねているようだ。きっかけはある人物...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
グラフィックデザイナーValeria Prietoさんは幼い頃から自然が大好き。気に入った落ち葉を見つけては家に持ち帰り、本に挟んで大切に保管するような女...
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...
サラダを入れてランチに、はたまた小物を入れたり。1つあったら大活躍のメイソンジャーに、新しい用途が生まれちゃいました。ほっこりな気持ちにしてくれそうな明る...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...