なぜ、保存容器に「琺瑯(ほうろう)」が選ばれているのか?

シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知っていますか?Instagramには、保存容器でありながら火にかけたり、お皿代わりに盛り付けたりしている写真が。この多機能さは意外でした!

“金属の強度とガラスの光沢”
手放せなくなる調理道具

Medium d49fe45771969c6cdaadf309ce2f32525cef38d5

そもそも琺瑯とは、金属にガラス質の釉薬(ゆうやく)をかけて高温で焼いたもの。金属の強度とガラスの光沢感を併せ持つ材質です。この、ガラス質によるコーティングが重要なポイント。

では、この保存容器を普段の生活に上手に取り入れている人々のInstagram写真とともに、琺瑯が選ばれる理由を見ていきましょう。

汚れにくく臭わず
風味が長持ちする保存容器

Medium b75a07262880cb0ff4e9b2df91b5da7c45de6c2a

なぜ、みんなが保存容器として琺瑯を使うのか?琺瑯の利点をざっと挙げればこんな感じです。

①汚れがつきにくい
②非吸着性がありにおいがつきにくい
③食材や料理の風味や質が変わりにくい

食品を保存すれば日持ちし、プラスチック容器のように臭いが付着することもありません。また、どんなに脂っこい料理を入れていても、洗い上がりはヌルヌル感がないのも魅力。さらには、もの自体が繰り返し長く使えることも。

シャキシャキ葉物野菜の
新鮮さをキープ

Medium 950df4ff44db409951a9dc77811726c7564d1ef8

週末に料理を作りおきして常備菜としているrico08plusさん。愛用の野田琺瑯の「ホワイトシリーズ」を大小上手に使い分けて料理を保存しています。生野菜もそのまま容器に入れて保存。じつはここにもポイントが。

琺瑯は熱伝導率が高く冷却性が高いため、冷蔵庫内で野菜を保存するにはピッタリ。「葉物野菜がシャキシャキのまま保存できる」、とユーザーから声が上がるのは、こうした理由からかも。

お弁当箱としても◎!

Medium c7f300698038a50cdde5deffdf24d2354f7553cf

琺瑯の利点はそのままお弁当容器としても使えるところ。okinawa_loveさんは、旦那さんのお弁当箱として愛用中。美しいシンプルなラウンド型の容器は、料理もはえるしとっても実用的なんだそう。もちろん洗うのもラクラク。

Medium a693ddd2c4564dde65a3648f3c40e5f7c7a1761a

ちなみに、maki5096さんはレクタングル深型の琺瑯をお弁当箱に。

オーブンや直火もOK!

Medium 98c71204caad36ad82a3f6c4cb330d8e10e97d68

さらに、もうひとつ。この琺瑯調理器具の優れている点は、このまま直火にかけられること。バット型の琺瑯をこのままオーブンに入れてグリル料理をつくったrrstyle05たさん。このままテーブルに出せばお皿としても十分料理の魅力が引き立ちます。

たとえば、余ったおかずを琺瑯の容器に入れて冷蔵庫で保存し、翌日はそのまま火をかけ、容器の中のものを温めることも。

プロからも愛される
野田琺瑯「ホワイトシリーズ」

Medium 2e350ae37209c68b8e6131061161aad40cb703ff

さて、ここまでInstagramの画像とともに紹介してきた容器は、すべて野田琺瑯株式会社のもの。昭和9年創業の同社は、それまでの花柄やビビッドな配色が主流だったなか、色も絵柄も加えない真っ白なデザインのものを製造してきました。

なかでも人気商品の「ホワイトシリーズ」は、まるで純白のお皿のように、どんな料理を入れてもOK。容器が主張しすぎることのない、生活に溶け込むシンプルで飽きのこないデザインで、どんなスタイルにもマッチするところが魅力です。

Medium af38fe862f17b5c3af83835e9c39533a08f7ad13
Photo by openmindsk

openmindskさんご愛用の、天然木のサクラを木蓋に用いたバターケース。この木蓋の上でそのままバターをカットできるのも◎。

Medium b0dac23f40e179807120a553604aa050617f7c0a

最後にご紹介するのはkumakichi3939さんご愛用のアムケトル。どこか懐かしい佇まいのこれらのシリーズでは、カラー展開も豊富。

あくまで料理が主役。控えめながらもその使い勝手の良さに人気が集まってます。Instagramには、デイリーユースに琺瑯を取り入れた人たちがたくさんいるようですよ。

飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
どんなに忙しい日でも、「おいしい」に妥協したくない人たちの冷蔵庫には、つくりおきのお惣菜がいくつもあるものです。すぐに食べられる常備菜をつくっておけば、何...
エスニック料理といえば、やっぱりパクチー。どんな料理に入れても楽しめるので、トッピング用にたくさん購入する人も多いですよね。そんなマニアも唸らせる「万能パ...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
野菜のマリネは、保存性を高めることができるため世界各地で用いられている料理法。ところが、ひと口にマリネといっても、地域によってその特色はさまざま。たとえば...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...
 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
たったスプーン一杯で、250,000枚の写真(1000万画素で)が保存できるというのは、想像したら、スゴイ未来だ。 UKのWiredで紹介された次世代のハ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
 "プロセスリッチ"過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。『CANVAS』(キャンバス)都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるの...