心の底から信じられる恋人にだけ現れる「8つのサイン」

ライター、哲学者、そして起業家でもあるPaul Hudson氏が「Elite Daily」に綴ったのは、「心の底から恋人を信じられる8つのサイン」。あなたの“お相手”にいくつ当てはまるか、チェックしてみては?

01.
追いかけなくていい

00057263814_Large

あなたを本当に必要としている人であれば、一緒にいる時にはつねに気にかけてくれているはず。相手がつまらなそうな顔をしていて、いつも気負いがあるようであれば、要注意。

02.
知り合ってから1年経ってる
(2年の方がより安心)

最低でも1年は相手のことを知らないと、信頼というものはなかなか築けないものです。

03.
嘘をつかない

0084831605_Large (1)

気づけないこともあるかもしれませんが、それらしい雰囲気は何となくつかめるもの。長く付き合っていて嘘を付いている様子がないようであれば、信頼できると判断していいでしょう。

04.
“お姫様”扱いしてくれる

扱いの粗さは今後も変わらないでしょう。尊重されていないと感じているなら考えを改めるべき!パートナーは、所有者ではなく「パートナー」でなければなりません。

05.
側にいて欲しいときに
ちゃんと、いてくれる

374294413

これは重要な項目です。あなたが愛すべき人とは、決してあなたを見捨てない人。決してあなたを1人にせず、行き詰まらせず、あなたを諦めたり手放したりしない人です。

もし彼、または彼女がそのような人でないのなら忘れなさい。新たな人を探しましょう。

06.
あなたのために
苦労をいとわない

自分の時間を割いて相手のために何かをする。忙しいほど、その重要さを忘れがち。パートナーが、あなたの心地よさのために犠牲を払ってくれないのではあれば、彼らはあなたとの恋愛関係において、頑張ってくれないでしょう。

07.
どんな秘密も
打ち明けられる

Young happy couple outdoor in the park

「黒歴史」で笑い合えるっていうのも大切ですよ。

08.
あなた自身の準備が
整っている

37224226

最後は、あなた自身のこと。忘れがちですが、パートナーの適正だけでは十分ではありません。当然、自分自身も準備しなければいけないのですから。

相手のことを考えすぎていること、ありませんか?まずは、ゆっくり自分の気持ちを確かめることから始めてみてください。

Licensed material used with permission by Elite Daily

恋の終わりはネガティブなイメージで捉えられがちですが、逆を言えば新しい恋のチャンス。「そのうちいい仲になれるかもしれないから」と関係をダラダラ続けてしまう...
良好な関係にあるカップルは、お互いが相手の考えや立場を尊重するもの。でも、もう一歩踏み込んで考えると、「尊重」ってどういう行動を指すのでしょう? その具体...
海外に熱狂的なファンを持つ、恋愛の伝道師ポール・ハドソンさん。彼が「Elite Daily」に書いたのは、女性たちから多くの共感を得たこんな記事。本当に大...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
どんなにいい恋愛関係にあろうとも、言葉で伝えることは重要!なはずですが…。まったく逆の意見、つまりは「会話の必要性がなくなる」と、持論を展開するPaul ...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
「Power of Positivity」に掲載されていた、恋人と別れるべきサインをまとめた記事から、一部を抜粋して紹介しましょう。恋人との関係に疑問を感...
「Collective Evolution」でライターのMark DeNicola氏が、今の恋人とこれからも付き合っていくべき8つのサインを紹介しています...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
恋人との日常にイマイチ手応えが感じられず、自分に自身がない人たちへ。この記事で伝えたいことは、「付き合う相手を間違えているかもしれない」というサインの見分...
恋愛初期のドキドキした時間はすごく楽しい。でも、時が経ち、気を遣わない関係になると、また違った居心地の良さが出てくるものです。今回は、二人がそんな幸せな関...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
起業家のマーク・マンソン氏は、ここ十年ほどで進んだ心理学研究の成果などを踏まえ、一見気にならないけど注意しないと身を滅ぼすーーそんな恋愛のカタチをいくつか...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
言い争いって本当に心がすり減ります。喧嘩しなくても仲良しでいられる方法があるのであれば、ぜひともそうしたいもの。たとえば、「YourTango」に掲載され...
「2分に1組」が離婚をしている?厚生労働省の「人口動態調査」によると、平成23年度の離婚件数は約23万5千組。これを時間で表すと、およそ2分に1組が離婚を...
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...