メルボルンの街が「ネイキッド・バイク・ライド」で大賑わい!

老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?

ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、2016年2月28日の日曜日に、オーストラリア・メルボルンで開催されたもの。全裸の人、ボディペイントをする人、下着で参加する人、マスクをかぶる人。容姿は思い思い。写真はかなり衝撃的です。

はだかで街中を走る人々!?

Medium 4697633dee0d4aab7f9731f33688d8650bc81b25Medium dd0df466390ad6db974b5a2790dd337bbd63ce16Medium f2b623c64dbd01ebf6faa5a71134d17288a572e6Medium 8ca4dfe8082cab941d056c50f9da395c13d4a400Medium a15c5dabb2390cff1bba36cdf9d88650c6d9fdbeMedium 37c628583ad7d92f96c34a719bae15d90bc89f24Medium 334aea4ba3dbe4799f4ca3bd6d55a499b143a2efMedium e7b8c175433a93ec260c0e3125ce5d93b41f06caMedium c592015d312ffcf8d79ce69d7b025328e7968f30Medium 150bdf32070f5387bc8af63ddd029c55c09dbc02

参加するうえでの注意点はふたつだけ。それは、ヘルメットを着用し、日焼け止めを塗ること。若い女性も多いようですが、ここまで潔いと逆にサッパリなのかも。それにしても、すごい開放感!

2001年にスペインで発祥したこの催しは、車社会に異議を唱えることや、エネルギー問題への意識を高める目的で始まりました。それから徐々に世界へと拡がっていき、2004年にオーストラリアにも上陸。

最初は6人(男性4人、女性2人)と小規模でしたが、参加者は徐々に増え、今回のライドにはおよそ200もの人が集結。「世界最大のネイキッド・プロテスト」と呼ばれように。「The Age」によれば、メルボルンではこれが最終回。他の国でも開催されていますが、日本では考えられない光景ですよね。

Reference:The Age
Licensed material used with permission by As Bare As You Dare
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
人類史上初、モトクロスバイクによる波乗り。とにかく、息を飲む大迫力のパノラマ映像。3分後、アナタも歴史の目撃者のひとりだ。命知らずのモトクロスライダー、ロ...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
NY在住ライターKaylin Pound氏が、“オーストラリア愛”を目一杯盛り込んだ記事を「Elite Daily」に寄稿しました。ニューヨーカーの彼女が...
夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでし...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
2016年7月8日、男性5人が真冬のオーストラリア最高峰「コジオスコ」登頂に挑み、これに成功。大きなニュースとなりました。登頂者を何人も輩出している山で、...
その名も「The Break Room」。2016年4月、メルボルンにオープン予定のこの部屋は、安全にモノを破壊するために用意された場所だ。一体、なんのた...