修道僧4,000体分の骸骨で装飾された「イタリアの教会」

コロッセオにトレビの泉、スペイン広場…。ローマに観光名所は数あれど、ここで紹介する小さな教会を訪れる人は、そう多くはないかもしれません。

サンタマリア・デッラ・コンチェツォーネ。その内部のインパクトは、一度見たら忘れられないものでしょう。

外観は少し地味。
しかし、地下納骨堂は…

通称、骸骨寺へはローマの玄関口であるテルミニ駅から徒歩でアクセス可能。外観はごく普通の、ありふれた教会のように見えます。が、地下の納骨堂に一歩足を踏み入れると…

あたり一面、骸骨だらけ。なんと、修道僧4,000体分の遺骨を使って内部を装飾しているのだそう。

しかも、よ〜く見ると、

@lilian_fgが投稿した写真 -

Reference:lilian_fg

骸骨の装飾は天井にまで。

@lilian_fgが投稿した写真 -

Reference:lilian_fg

実はここ、1528~1870年の間にこの世を去ったカプチン会修道僧のために作られた納骨堂。少し気味が悪いけれど、なんだか引込まれるような気がします…。

Reference:hexenkult

入場料は無料のようですが、「寄付金」は持って行くのがマナーなのだとか。

ちなみに、
骸骨寺はミラノにも

さん(@limuze4k)が投稿した写真 -

Reference:limuze4k

こちらはミラノの骸骨寺。美しい天井を見上げると、壁から視線が…

Reference:piddhouse

ものすごいインパクトです。

骸骨寺は、イタリアの他にもポルトガルやチェコにあるそうです。ありきたりな観光スポットに飽きた人は訪れてみては?ただし、死者へのリスペクトは忘れず、しかるべき振る舞いを。

Licensed material used with permission by kanakana_kr, tamamatka, synnefryd1
イタリアは全20州すべてでワインを生産していて、その土地ごとに様々な特徴を持っています。その種類は、とても数えきれないほど。フランスと並んで、世界でも有数...
1912年に設立された「サンタ・バーバラ教会」は、スペイン内戦の際に閉鎖されて以来、放置され廃墟と化していました。「ガーディアン」紙によれば、ここアストゥ...
エクソシストとは、カトリック教会におけるエクソシズム=悪魔祓いをできる神父のことだ。もちろん、オカルト、お伽話、ほら話、都市伝説と片付けることもできる。し...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
日常の喧騒から隔絶された、穏やかで静かな佇まい。視界そのものが建築であるような「水の教会」は、世界的建築家・安藤忠雄が設計した教会三部作の一つです。「水・...
世界中を旅するクリエイターOliver Astrologo氏。これまでに数多くの国を訪れた彼が特別な感情を抱く街──、それがローマなのだとか。ここで紹介す...
真冬の北海道にたった1ヶ月間だけ姿を現わす、“幻の教会”があることを知っていますか?氷だけで作りあげた夢想空間、それが「氷の教会」です。永遠の愛を誓い合う...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
イタリアの夏に欠かせない「ジェラート」。これを旅行者が失敗せずに本物の味に出会うためには、何に注意しなければいけないのか。本当においしいジェラートにありつ...
LAダウンタウンから車で約1時間ほど、パロスバーデスの丘の上に木立に囲まれるようにして建つ小さなチャペルがあります。この場を下見に訪れたカップルの多くが、...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...