【結婚のホンネ】ヴァージンロードを歩く花嫁。その瞬間、17人の花婿はこんなことを考えていました

幸せの絶頂で迎える結婚式──。女性がもっとも美しく輝くこの日、ウェディングドレス姿の花嫁が、今まさにヴァージンロードを歩いてきます。

その幸せの瞬間に、花婿は果たしてどんな気持ちで彼女の到着を待っているのでしょう?「Elite Daily」が2015年に挙式をあげた、17人組の幸せな花婿たちから聞き出した“ホンネ”をご紹介。

01.
初デートの日の記憶が
フラッシュバック

shutterstock_371714578_2

「彼女と初めて出会った日を思い出して、笑みを浮かべていたよ」– ハーヴェイK., 33歳

02.
みんな見てくれ、
あれがボクの花嫁さ

「花嫁が登場したというのに、僕の方をチラチラ見てくる人が何人かいたんだ。『違うよ、彼女を見て!』って言いたかった。彼女が文句なしの美しさを放っているのに、僕なんか見てたって、仕方ないじゃないか」 -ティム S., 35歳

03.
頼むから、コケないでよ

「妻はちょっとおっちょこちょいなところがあるんだ。当日までずっと、ヴァージンロードを歩いている最中コケるんじゃないかって、彼女本気で心配していたんだ。そしたら、僕まで本番で転ばないかって落ち着かなかったよ。『コケないように。お願いだからコケないでくれ』そんなことで頭がいっぱいだったのを覚えている」 – ミッチェル H., 29歳

04.
ニヤニヤしっぱなし。
照れ笑いが止まらない

shutterstock_357577442_2

「幸せな気持ちと緊張感が重なって、笑顔をこらえきれませんでした。ゲラゲラ笑っていたわけじゃないんだけど、ずっとニヤニヤしていたから、きっと“変な人”だって思われてたんじゃないかな。でも、こちらとすれば、ただただ幸せを感じていただけなんです」– サム H., 31歳

05.
うわっ、緊張で
汗が止まらない!

「僕は緊張するとすぐ汗をかくタチなんだ。彼女がヴァージンロードを一歩ずつ近づいてくるのを見た瞬間から、シャツが汗でビショビショになっていく気がして仕方なかったよ。額から手のひらまで汗だらけだったこと、みんな気づいていたかなぁ」– ジョー D., 27歳

06.
やばい、お腹空いて
どうにかなりそう…

「正直に告白すれば、『いつ食事が食べられるんだ?』そればっかり。しょうがないと思うんだ。朝から下準備や写真撮影で大忙しだったしね。それに、写真撮影の時点で彼女の晴れ姿を見ていたから、さすがに夕方の5時には式を終えてカクテルアワーに突入したかったんだ」 – クリストファー S., 33歳

07.
だめだ、泣くな俺!

shutterstock_159925406_2

「僕はわりとタフな方だと思うんだ。彼女と初めて出会ってから丸4年が経つけれど、一度も泣き顔を見せたことだってない。だけど、教会の扉が開いて光の向こうから彼女が現れたとき、さすがに涙が溢れて仕方なかった。もう、こらえるのに必死だったよ」– ジョン M., 28歳

08.
来てくれて、よかった〜

「僕の場合、式の前に花嫁さんに会う時間が設けられていなかったんだ。だから、結婚式が始まる直前まで、本当に彼女がこの場に現れるのかヒヤヒヤでしょうがなかった。別に疑っていた訳じゃないんだ。だけど、緊張からいろんなことが不安になってきちゃって。扉が開いた瞬間、すべての願いが叶った。彼女の姿がそこにあったから」– マシュー D., 33歳

09.
それにしても、彼女はなぜ
僕を選んでくれたんだろう?

「彼女がヴァージンロードを歩いてくるとき真っ先に思ったのは、ぼくは世界一しあわせなオトコだということ。ストレートすぎてカッコ悪く聞こえるかもしれないけど、あまりにも完璧すぎて、僕なんかでいいのだろうかって疑問が生まれるくらいだった」– クラーク S., 28歳

10.
今度こそ泣かないよ!

shutterstock_367319795_2

「本当によかったのは、式の前に彼女のウェディングドレス姿を見ておいたこと。予定に組み入れていたんです。あとから考えてみれば、あれがなかったら間違いなく、式で号泣していたはず。それもちょっと恥ずかしいですからね」– ジェイソン S., 26歳

11.
Oh, My God!!!

「小声でずっと『オーマイゴッド、オーマイゴッド』と繰り返していたよ。そのとき誰かにしゃべろと言われたら…まともに言葉にできなかったはずさ」– ティム W., 25歳

12.
この異常な暑さ、緊張のせい?

「結婚を控えているキミへ一言:どの教会にもエアコンがあると思ったら大間違い。特に夏に挙式を挙げる人たちに忠告しておくけど、教会の中は意外に暑いんだ!花嫁がヴァージンロードを歩いてきたときは、あまりの暑さで熱が出たんじゃないかと思ったくらいだよ」 – ジョシュア S., 35歳

13.
あれ、何やってんだ俺?
彼女を迎えに行かなきゃ

shutterstock_282681185_2

「彼女が僕の方へと歩き出したそのとき。頭が真っ白になったんだ。今どこにいて、自分が何をしているか、一瞬にしてわからなくなっちゃったんだよね。で、なぜか僕までヴァージンロードを歩きだして、彼女を迎えに行かなきゃなんて考えていたら、牧師さんに『花婿さんはここで立っていてください』って注意されて恥ずかしかった〜」 –マイク J., 33歳

14.
やばい、失神するかも!

「当日はとっても暑くて、何も喉を通らないくらいに緊張していました。神父さんの横で彼女を待つあいだ、『こんな場所で失神なんてできるか!』とひたすら自分に唱えていたんです」 – ジャスティン K., 24歳

15.
夢じゃ、ないよね?

「こんな話をするのは恥ずかしいんだけど、彼女がこっちに向かって歩いてきたときは本当に夢のようで、自分が起きていることを確かめるべく、頬をつねったんだ。もちろん夢じゃなく現実なんだけど、あまりにも夢のようなひとときだったもんで」– ジミー P., 31歳

16.
あれ、呼吸って
どうやってするんだっけ?

「心臓のバクバクが止まらないうえに汗はほとばしるし、一瞬、本気で呼吸の仕方を忘れちゃったよ。その場にいることがあまりにも幸せで、息することさえ忘れさせてしまうほどだったんだろうね」– ポールY., 23歳

17.
こんなに素敵な女性と
結婚できるなんて…

shutterstock_357372143_2

「今だって、毎日彼女は魅力的なんだけど、結婚式の当日の彼女の美しさにはもう、開いた口が塞がらず、例えようのないほどだった。その瞬間を忘れたくないと思って、心の中でシャッターを切ったね」 – スチュワート L., 36歳

Licensed material used with permission by Elite Daily

結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
米オハイオ州、ロレイン郡で行われたある結婚式が話題になっています。花嫁のブリタニー・ペックさんには、育ての父親と生みの父親であるトッドさんの2人の父親がい...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
花婿のタイラーさんと花嫁のチェルシーさんの結婚式。ブーケトスの時間がやってきました。「1、2、3、せーのっ」と、投げると思いきや…ブーケを投げずに手渡しを...
「YourTango」の女性ライター、Liz Pardue-Shultzさんが綴った自身の結婚についての経験談が、話題を集めています。以下に彼女のコラムを...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
よくよく考えてみると、私たちは「結婚」についてポジティブなイメージを抱きすぎているのかもしれません。そう思わされる「Elite Daily」の記事を紹介。...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
この男性となら、結婚してもいい!そう思える瞬間って、一体どんなシチュエーションなのでしょうか。そのヒントが欲しいなら「Elite Daily」に掲載されて...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
付き合いはじめてもう◯年、年齢的にもそろそろ結婚を意識する時期だけど…。「本当にこの人でいいの?」と、なかなか決断に踏み切れないのも事実です。そんなときに...
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
幸せな結婚生活を夢見ている人は多いと思いますが、実際はそう甘くはない。そんな目を逸らしたくなる内容の記事が「mindbodygreen」で話題になっていま...
結婚式の夢は日々の恋愛感を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。未婚で結婚願望が強い人が...