本当の意味で「品のいい男」になるため、今すぐ始めたい10のコト

人気ファッションブログの創設者で、自らファッショニスタを公言するMarcos De Andrade氏。その彼が、オシャレなだけでは「品のいい男」とは呼べない、と以下のリストで紳士とダンディの間を行くような“男前”の特徴を紹介しています。

なかなか、いそうでいない男前男子。これ、すべてできるような人がいれば…そりゃ、惚れちゃいますよ。

01.
自分の価値を言語化する

man-successful160317-03

成功するための決定的な要素、それは自分に自信を持っていること。この最強のスキルは、お金で買うことはできません。もちろん、収入が増えていくことで得る自信もあるでしょう。ですが、お金そのものは手段にすぎないということを覚えておいてください。現に富裕層の男性たちだって、今の地位を築く以前から、自分の付加価値を見出す努力をしてきたはずです。

自分の価値を言語化できるからこそ、他人からも評価される。自分のペースを決して崩さないこともまた、男性的な魅力アリと思われるポイントです。お金のあるなしだけで度量が決まるわけではありません。

02.
日々、地道な情報収集で
インプットを怠らない

品のいい男性の資質は、知識に貪欲さがあるかどうか。いま、この瞬間に世界で何が起こっているかを、自分なりの視点をもって語れること。

たとえば、会話の内容がクラフトビールや好きなクラブチーム、女性のタイプで始まった場合、その話をどう展開していくかを頭の片隅でイメージしておく必要があります。ビジネスで成功する人たちは、直接自分の仕事に関係がないことであっても、横の動きに敏感なもの。

では、どのようにして最新のトレンドを得るのか?それには、とにかく自分の目で見て知るほかありません。周囲にアンテナを張り巡らしておく努力を。

03.
着こなし要注意!
自分のスタイルを知ること

全身デザイナーズブランドのロゴで固めたような人を、おしゃれだと感じる時代は終わりました。けれど、品よく見られたい場面では、上品さを装う必要があります。なにも、一日中ジャケットを着ていろ、という意味ではありませんよ。自分が着ている服を知っておく必要があるということ。

ブランドのロゴをどれだけ見せるかではなく、質のいい服に袖を通し、さらにその組み合わせ方を熟知している。それがおしゃれな男性です。自分のスタイルをよく知らない人ほど、見た目ばかりに気を取られ、高価なモノに手を出したりモノトーンに逃げがちです。身なりのいい男性は、ニュートラルな色あいでプリントや細かな柄のないもの、そしてシーズナリティを上手に避けられるアイテムを取り入れているもの。

さらに、服のフィット感がとても重要。服がきちんとフィットするかどうか知っておく必要があります。スタイリッシュな男性は、自分の体型に合わせてジャストフィットに調整されたパンツやスーツをさらりと着こなしているはずです。

これは私の個人的な意見にすぎませんが、すべての男性はスリムフィットパンツやジャケットを着用すべきだと考えています。靴の上にパンツの丈の余りがあってはいけません。同じように、レギュラーフィットや肩パッド入りのスーツジャケットの着こなしにも疑問です。

04.
キーになるものをひとつ
“小物使い”の達人になる

Man wristwatch, calendar, key and glasses on a old table.

あなたをオシャレに見せるアイテムは、なにも服や靴ばかりとは限りません。男性も上手にアクセサリーや小物類をオシャレに取り入れることで、ファッションにぐんと幅が広がります。

たとえば時計なら、1万ドル以上もするロレックスが必要とは言いませんが、バラエティーを持たせるために安価な時計を3つ買うくらいならば、合計した金額で最良のものを1つ買う。かさばる財布からコインだけを抜き出し、本革製のコインケースを持つなど。

ここで、私の考える男性のデイリーユースで3つの重要なアクセサリーを紹介しましょう。「携帯電話」「財布」そして「鍵」です。これらの関連アイテムで他人の持っていないようなモノを見つけると、差がつきますよ。

05.
ジュエリーは
主張しすぎないものを

man-successful160317-07

実際、この中に「キーアクセサリー」を含むこともできますが、この項目の重要性を示すために、上の項目(04)とは分けたいと思います。

そもそもアクセサリーやジュエリーは、男性と女性の魅力を高めるために作られたもの。あなたのオシャレのスパイスとなり、120%の見た目を与えてくれるもの。時計と同じように、品質に見合ったジュエリー選びをおすすめします。

06.
楽しませればいい?
「品の良さ」を与えるのは
女性に対するリスペクト

魅力的な男性ほど、礼儀正しい人柄が備わっているように思います。これは、最も重要なリストのひとつ。カジュアルすぎる付き合い方から一歩身を引き、自分自身を区別する必要があります。

もしもあなたが、ファストフード店にハンバーガーを買いにでも来たような感覚で女性にアプローチした場合、女性の第一印象はNGだと思ってください。女性への態度をわきまえている男性は、たんに「楽しませればいい」といった稚拙な思考ではありません。そこに、しっかりとリスペクトが備わっていなければ。

07.
顔・肌・爪のケアに
手を抜かない

man-successful160317-04

たとえ、あなたの服が100万ドルのように見えたとしても、その顔が1ドル50セントのサンドイッチでは、どうしようもありません。上品さを演出するコツは、男性といえど顔や肌のケアを欠かさないこと。なめらかな肌と手入れの行き届いた爪は、ファッションだけでなく、成功した男性たちを見抜く上でのポイントにもなります。

着飾るものばかりにお金を費やすよりも、自身のケアにもちゃんと時間とお金をかけましょう。シェーバー、洗顔剤、ローション、歯磨き粉など。こだわりの品々でデイリーケアを忘れずに。

08.
同じ価値観・目標をもった
「仲間」を増やしていく

必ずしも同じ職種の人間である必要はありません。けれど、同じ志をもって目標に挑んでいる人との交友関係は、必ずやあなたにとって価値あるものとなるはずです。価値観を共有し、情報交換できるチャンスは新しい環境や視点を与えれくれる存在となるでしょう。

09.
自分が口にするものに
もっと積極的になる

man-successful160317-01

あなたが、いつどこで何を食べるか。これも魅力的な男性像において、じつは非常に重要な項目なのです。

話題のレストランをくまなく回る必要はありませんが、自分の体調や健康を意識しながら、数あるレストランの選択肢の中でどういうチョイスをするか。それも重要。そして、世の中で名店と呼ばれるレストランにも時には足を運び、洗練された味や雰囲気を知ることは、人生の大きな肥やしとなることは言うまでもありません。

10.
SNS投稿は誰のため?
スクリーンの向こう側を意識

あなたが好きかどうかに関わらず、今日においてソーシャルメディア(SNS)は、あなたの人生の一部。それに飲み込まれることなく、けれどSNSを人生の履歴書のように使いこなす必要もあります。あなただって、知り合った人のあれこれを知る手段として、FacebookやInstagramのポストをチェックしたことがあるでしょう?

人から見られていることを意識して、写真や動画を投稿することも時には必要だということ。慎重に画像を選んで投稿したり、共感を生む内容を投稿することだって、自分をアピールするためのひとつの手段だということです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
上品な人は、特に意識をせずとも相手が心地よいと感じる立ち振る舞いや話し方ができています。上品な人に共通する10の特徴を具体的にまとめていますので、あなた自...
人によってかっこいいの基準は様々だと思いますが、ここでは、かっこいい男が自然とまわりの人に助けられる理由を7つ紹介したいと思います。1.一所懸命な男には、...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
「mindbodygreen」が選ぶ、“愛の伝道師100人”に選出された結婚セラピストShelly Bullard氏。恋愛の切り口も独特。例えばこの表現、...
恋愛には、いくつもの地雷があります。良かれと思ってやったことが裏目に出たり、ほんのジョークのつもりで言った言葉が取り返しのつかない事態を巻き起こしたり。で...
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
「Elite Daily」で、絶対一緒になってはいけない人を判断できる、9つのサインを紹介していました。そもそもこんな男とは付き合わないでしょう!というよ...
フツメンなのになぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。中には顔で判断する人もいますが、世の中の女性の全てが顔だけで...
「いい人」という表現は、ポジティブな文脈で使われることが多いですよね。もちろん、「いい男」もしかりです。でも、両者の行動の裏側には驚きの違いがある。そんな...
誰が見ても「かっこいい」と感じる女性は、どんなときにもそのスタイルを崩すことはありません。一般的に「かっこいい女」と評される女性に共通する11の特徴を分析...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
「感謝の気持ちを忘れずに」。そんなふうに言われることはたくさんありますが、多くの場合は、家族や友だちから優しくしてもらったときのことを指しているのではない...