『社会課題のジブンゴト化計画』リバースプロジェクト・龜石太夏匡氏

Be inspired!
東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界中の「社会変革のストーリー」を、独自の視点で切り取り、「問題への気づき」や「解決するヒント」を読者へ届け、活動している方々を応援することを使命だと考えています。
http://beinspiredglobal.com/

生きている以上、社会には守らなければいけないルール・システムが存在する。法律だったり、会社や学校の規則、規定だったり。例えば、学生服や、会社のスーツ・ユニフォームがそれだ。

もし、今のままのルール・システムに従って生きていたら環境問題も社会問題も何も解決せずに『人類は滅びる』、なんて言われたらどうするだろう。

節電をする?食べ残しをしない?
タバコのポイ捨てをしない?
ファストファッションを買うのをやめてみる?

口だけでなく、実際に行動に移せるだろうか。今の生活習慣をいきなり変えるなんて、自分自身が“危機感”を持たない限りできないことだ。

環境や社会のためとはいえ、どこか関係のないことのように感じるかもしれない。しかし、一人ひとりのちょっとした習慣は、実は『人類・地球の未来』と直結している。

160321_beinspired-kameishi_02Photo by Kohichi Ogasahara

それを変化させるには、みんなまず社会問題に気付き、「ジブンゴト化」しなくてはいけない。その気付きをもたらす手段は、「環境・社会にとって良いルール・システムにシフトする」こと。

決して容易いことではないが、個人が変われば社会も変わる。大袈裟にではなく、未来が開く。そう強く信じ、情熱的かつ着実に人類が生き残るために、命を燃やし続ける男が東京に存在する。

彼の名は、龜石太夏匡氏(かめいしたかまさ)。リバースプロジェクト共同代表。彼の活動を聞いていくと、課題先進国・日本に生きる我々に課せられた「ちょっとした宿命」が浮かび上がってきた。

「人類・地球」の救い方160321_beinspired-kameishi_03

photo by Kohichi Ogasahara

「人類が地球に生き残るため」。

そう大きな理念を掲げて7年前に設立した株式会社リバースプロジェクト。龜石氏はなぜこの会社を立ち上げたのだろうか。それは、共にリバースプロジェクトを立ち上げた伊勢谷友介氏との出会い、そして共に制作した映画の存在が大きいという。

今までに『カクト』や『セイジ 陸の魚』いう作品を制作してきたふたりが、毎回絶対にぶち当たるテーマが、現実に起こる社会問題や環境問題だったそうだ。

エネルギー、少子高齢化、年金破綻、産業の空洞化、経済危機、累積債務、地域の過疎化…。前例のない数多くの問題に、世界の先進国よりも先に直面すると言われている課題先進国の日本で、「自分たちの社会課題に対する考え方」を、映画の中だけでなく継続的に現代人に発信していけるような活動をしたいと考え、リバースプロジェクトが始まった。

160321_beinspired-kameishi_04Photo by Kohichi Ogasahara

彼らはプロジェクトに取り組む上で、「危険だ!大変だ!」と警鐘を鳴らすのではなく、冷静にテーマを見つけ、情熱的、かつ現実的な「社会課題を現代人にジブンゴト化」させるプロジェクトを立ち上げ、“机上の空論にしない”をモットーとしている。

企業のルールをひっくり返す計画

160321_beinspired-kameishi_05Photo by Kohichi Ogasahara

龜石氏が目をつけたのは、「企業の制服」を*環境配慮型に変えることだった。
(*ここで言う環境配慮型とは、エシカルな素材や循環システムを取り入れること。)

企業のルールで、制服を着なければいけない会社は少なくないだろう。ガソリンスタンド、運輸業者、工場、公園などで働くスタッフ。彼らは会社に決められた「制服」を着なければいけない。

この社会の「ルール・システム」をシフトできれば、現代人が課題に気付くのでは?と龜石氏は考えたのだ。

プロジェクトの名は『全日本制服委員会』。

160321_beinspired-kameishi_06

Screen-Shot-2016-01-06-at-10.20.09-AM

たった「200円」で開かれる未来

160321_beinspired-kameishi_07

Photo by Kohichi Ogasahara

企業の制服を環境配慮型にして、制服を作ることはひとつ課題が生じる。それは、制服の一着あたりの単価が数百円程度コストアップするということ。

「その200円のコストアップを埋めるために、これからは120%のクリエイティビティが求められる」と、龜石氏。

「120%のクリエイティビティ」という付加価値をつけなければ、企業にとって環境配慮型にするメリットが少ないと見なされてしまうのだ。『全日本制服委員会』では、コストアップをカバーするふたつのポイントが存在することを教えてくれた。

01.「委員会」を大々的に設置し、制服そのものを価値あるコンテンツにすること。02.リバースプロジェクトというフィルターを通して、なかなか伝わりにくい企業の企業の社会的責任(CSR)をより多くの人に伝えるということ。

時にはメンズファッションの第一人者・菊地武男氏のような有名デザイナーに協力してもらうことで、それらをカバーする付加価値を創造したという。

伊藤忠エネクス(ガソリンスタンド)、ヤマト運輸(虎ノ門ヒルズ)、青森県弘前市弘前公園の制服などを『全日本制服委員会』が手がけており、他にも様々な企業から声がかかっている。

160321_beinspired-kameishi_08

Photo by Kohichi Ogasahara

「もし3,000人の従業員のいる会社の制服がエシカル素材に置き変われば、10人でも『自分が袖を通している制服に使われている素材ってなんだろう?』とか『エシカルって、リバースプロジェクトってなんだろう?』と疑問を持つかもしれない」。

そう龜石氏が述べているように、強要できなかった習慣をシフトできる可能性が生まれてくる。

160321_beinspired-kameishi_09Photo by Kohichi Ogasahara

無駄な食品を買わない、エアコンを省エネモードに設定する、ゴミをポイ捨てしないーー。「制服のエシカル化」というルールの変革がキッカケとなり、自発的に「環境や社会を考えた習慣」にシフトする可能性が出てくる。彼が着実に変えていく「ルール・システム」が、社会課題をジブンゴト化させていくきっかけになるかもしれない。

そんな龜石氏の活動を知った今。自分のちょっとした毎日の習慣が、実は、自分の未来や次の世代の未来、日本の社会問題と関連していることに気づく。

今からでも、明日からでもできる。「意識した習慣」から社会課題が頭に浮かび上がってきたのであれば、それが我々現代人に課せられた「ちょっとした宿命」だ。

160321_beinspired-kameishi_10Photo by Kohichi Ogasahara

Be inspired by
“Family and Friends”.160321_beinspired-kameishi_11

Photo by Kohichi Ogasahara

最後に、「Be inspired!」というメディアにちなんで、人生の中で「最もインスパイアを受けたモノ」は何か?と尋ねた。

「家族と友」。

東映第6期ニューフェイスの俳優だった父・龜石征一郎氏、パイドパイパーというアパレルを立ち上げた兄。そして、何よりも「挫折禁止」という座右の銘を掲げ、リバースプロジェクトを一緒に立ち上げた友、伊勢谷氏。そんな挑戦に満ちた人々に囲まれて生きる龜石氏だからこそ、彼自身も「人類・地球の未来のため」と大きな目標を掲げ挑戦をできるのかもしれない。

「挑戦すれば、後悔することも多いかもしれないけど、その分思いがけない人やチャンスに出会えるし、なにより“人生が豊かになる”。後悔以上の喜びや達成感を得られるんじゃないかな」。と、最後にメッセージをくれた。

Top photo by Kohichi Ogasahara
Licensed material used with permission by Be inspired!

新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えた...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...