落札額は全額陸前高田市へ。「奇跡の一本松」から生まれた万年筆、チャリティーオークションに出品

東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市の復興を願い、筆記具メーカー「MONTBLANC」がチャリティーオークションを実施する。対象となる商品は、あの“奇跡の一本松”から作られた万年筆、「モンブランマイスターシュテック 奇跡の一本松」だ。

「保存より復興のために…」
試作モデルをオークションへ

11d5ae40df8859224f8c8b4ad0a47fd08caa43e6

今回出品される万年筆は、2015年3月11日に日本国内のみで113本限定販売され即日完売となったものと、同企画で製造された試作モデルだ。同社によると、記者発表会やテレビ番組でのプロモーション用に発売前に作られたものだそう。そのため、インクの充填や試し書きはされたものの、その他仕様は変わらない。

もともと、永年保存が決まっていた試作モデルの万年筆だが、あの震災から5年の節目に陸前高田市のさらなる復興を願い、今回のチャリティーオークションの実現に至ったという。

落札額は全額、
陸前高田市へ寄付

0652c73fcfc25bf5fc56704576a415980f498b11

枯死により切り落とされた松の枝を使って万年筆を作りたい──。2012年「奇跡の一本松」復元プロジェクトを指揮していた戸羽太陸前高田市長は、「断られるのを覚悟でMONTBLANCに協力を依頼した」と当時の心境についてインタビューに答えた。

市の情熱は同社の心を動かすには十分だった。MONTBLANC社は、想いの詰まった枝をドイツ・ハンブルグの本社へと持ち帰り、3年余りの歳月をかけて、特別限定万年筆「モンブランマイスターシュテック 奇跡の一松」を生み出した。

113本の万年筆にはシリアルナンバーが刻印され、No.1は陸前高田市へと送られた。ほか112本は震災4年目の当日のうちに完売し、売り上げの20%も同市の復興のためにと寄付された。今回のオークションによる最終落札額も、全額陸前高田市に寄付する予定だという。

入札締め切りは
3月25日(金)18時まで

D962a0ee1ae0ef0b8ec57db0613030c3229859c8

陸前高田市と東北の想い、さらには創業110年の伝統とクラフトマンシップが融合した万年筆。最低入札価格は、2015年に販売された112本と同じ48万1,000円から。特別な意味と価値を内包した筆記用具は、決して安価なものではない。

今回のチャリティーオークションに興味ある人は、入札ガイドラインを確認の上、こちらから入札フォームがダウンロードできる。

入札条件は3つ。

・日本国内在住者であること

・個人であること

・転売目的ではないこと

Licensed material used with permission by MONTBRANC
欧米では、すでにおなじみ毎年恒例の「消防士カレンダー」。鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露するのは、現役フランス人消防士たち。鋼の肉体は然ることながら、美...
あなたは、1日何通のメールを送りますか?あなたの部署を合計すると?会社全体では?毎日、世界中で数え切れないくらい送られている電子メール。それは、全世界合わ...
野球カード、スターウォーズグッズ、超合金。この3つの共通点は、超がつくほどのコレクターが世界中にいることですが、ここにiPodが加わるかもしれません。実は...
アメリカで“セクシーすぎる”20代のイケメン医師が、自分の魅力を最大限に活かした奇想天外なチャリティーを実施中。「一番多く寄付してくれた女性とデートします...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
ずっと憧れていた〈パーカー〉のデュオフォールド、通称“ビッグレッド”。2015年の秋に復刻バージョンが出てから、悩みまくること約3ヶ月半。40歳になった記...
長崎県・玄界灘に浮かぶ島「壱岐島」の港町である芦辺浦という地域。この地である夢を叶えようと奮闘する夫婦が暮らしています。妻は海女、夫は釣り師海に囲まれ、島...
「がんばろう!九州」、熊本県や大分県に甚大な被害をもたらした2016年4月の熊本地震以降、食で、旅行で、プロダクトで、スポーツで、さまざまな復興支援プロジ...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
「Viral Hog」が紹介する、西オーストラリアのエスペランンス沖合で撮影されたこの動画。ターコイズブルーの海を優雅に漂うスタンドアップパドル・サーフィ...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
奇跡──。そんな謳い文句を聞かされたら、否が応でも気になってしまう。とにかく体に良さそうなことはイメージできるけれど、果たしてその正体やいかに。極寒の地シ...
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか? 3月25日に...
今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクショ...
あなたの周りに、11月になると急に口ひげを蓄え始める外国人の友人はいませんか?日本ではまだあまり知られていませんが、じつはこれ「MOVENBER」と呼ばれ...
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
2014年9月。ジェレミーさんの妻・シェリーさんは、めでたく女の子リランちゃんを出産。しかし、その直後に容体が急変し、意識不明の昏睡状態に陥ってしまいまし...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...