【夏限定】世界を周ってビールを飲む仕事。 報酬は12,000ドル(約135万円)

2016年3月1日から始まった、フロリダ企業「World of Beer(WOB)」社による夏季限定インターン募集が注目されています。大まかな業務内容は、ビールを飲んで「グビグビッ、プハーーッ!これだな」とその感動を伝えること。

およそ4カ月間にわたって世界中のブリューワーや酒場、ビールフェスを訪れるとあり、なんとも楽しそうな内容。それに、報酬は日本円にして約135万円と高額です。

世界中のビールを味わい
その感動を伝える仕事

Medium e3918e268747fe398a50fd5450b73cf6506d1baf

募集ページにある詳しい条件がコチラ。

・冒険が好きで、その体験を友だちにシェアするのが好きな人。

・いつもビールや食べものの写真を撮って投稿しているソーシャルメディアマニア。

・ビールに対する情熱があり、その知識を学ぼうとしている人。

・フォトグラファーやブロガー、ビデオグラファーなどクリエイティブな人。シンプルに良いツイートをする人でもOK。

・見知らぬ人と盛り上がったり、誰とでも会話が弾むような社交的な人。

・目の前のチャンスに果敢に飛び込んでいく旅人。

キーワードは、ビール好き・社交性・行動力・SNSと言ったところでしょうか。以下は、同社の書いた「やらなければいけないこと」のリストです。つまりは業務内容ですね。

・ビールについて学ぶこと。

・ブログを書いて、写真やビデオを撮り、Twitter、Vine、Instagram、Facebookなどを駆使して紹介すること。

・アメリカ国内外のブリューワー、ビールフェスに出席すること。

・写真や動画に写り、アメリカのWOBファンに向けて体験をシェアすること。

・うらやまし〜いロケーションでビールを飲んで、写真を取って、その魅力的な体験で私たちを感動させること。

・訪れた場所のうち、一番気に入ったブリューワーやフェスティバルを伝えること。

・あなたの情熱を証明すること。

・積極性を見せて!

・ホンネを見せて!

残念ながらアメリカの市民権か労働許可が必要ですが、それにしても魅力的な募集。「Elite Daily」は、食費も宿泊費もビールも揃った史上最高の仕事、と書いています。たしかに。

採用枠は3人。履歴書の代わりに必要なのは、「あなたの熱意をぶつけた1分動画」とのこと。オンラインで申し込みができるので、条件を満たしている人は試してみては?募集期間は2016年3月26日までとなっています。

Licensed material used with permission by Elite Daily
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
男性の人たちに、こっそりとご紹介したい記事があります。それは、ビールを飲むことで夜の営みが何倍も楽しくなるというもの。ライターのChristine Sch...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
雇用者が毎月手にしている給料明細。マス目に従って数字が羅列しているだけの、あの四角四面の紙、その最古と呼べるものの画像が大英博物館から発表されました。落書...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
アツいに夏に飲みたくなるキンキンに冷えたビール。そんなビールの発祥は、なんと紀元前4000年前のメソポタミア文明時代まで遡るんです。当時のビールは、乾燥し...
ビールを飲みたいけど、カラダを鍛えているからちょっと控え中。そんな方に朗報です。米でいま話題になっているのは、プロテインが入っているビール「Supplem...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。先日、同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」...