スターバックスが「廃棄食品を100%寄付する」と公式発表

2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリース発表しました。安全な食料の廃棄を削減し、フードバンクを通じて必要とする人々へと届けます。

初年度には、米国内にある7,600の店舗から500万食を確保。5年で100%寄付できる仕組みを整え、2021年までに年間5,000万食までその規模を拡大する意向です。

売れ残った食品を
必要としている人に届ける

3d3877a8a67c2321ead560332c6a6f498f7e4aa2

アメリカ合衆国商務省」による2014年の統計によれば、米国内の貧困者数は4,670万人。これは国民全体の14.8%にも及ぶ数字であり、その割合は2007年から比較しても2.3%増加しています。

リリースページの動画には、涙ながらに話すスーパーバイザーのTeva Sakima氏が登場。彼女の家族も、食べるものに苦労していたそうです。コメントを一部紹介します。

「簡単には忘れられない感覚です。お金がなかったから分かるんです。空腹でいていいことなんてありません」。

世界各国で進む
食品ロス削減対策

2016年2月5日には、フランスが世界で初めてスーパーマーケットに対して売れ残った食品の廃棄を法的に禁止する国となり話題になりました。品質に問題のないものはフードバンクを通じて人々へ。また、食用に適さなくなったものも堆肥などとしての転用が義務付けられます。

さらに、2月22日には賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が、デンマーク・コペンハーゲンにオープン。型くずれした商品などを含め、定価の30-40%引きで購入できるようになりました。

そして、3月12日の「The Independent」によれば、イギリスの大手スーパー「Tesco」が、2017年までに売れ残った食品を100%寄付すると発表。食品ロスを削減するための取り組みが、各国政府や企業の手によって次々に行われています。

Top Photo by iStock.com/luvemakphoto
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
昨日9月9日、全国のスターバックス店舗で、あるキャンペーンが実施されました。それは、ドリップコーヒー、エスプレッソビバレッジ、コーヒー風味のフラペチーノを...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
普段、私たちが何気なく口にしている食品や飲料。実際、どんな原料が使われていてるのか、不透明な部分もあります。ここでは、渡辺雄二さんの著書『今いちばん知りた...
コンビニやスーパーに並ぶ食品には、「本物」に見せかけるために、いくつもの添加物を使った「フェイク食品」など、体への影響が心配になる加工食品が数多くあります...
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...