泡が刻む、あいまいな時間を楽しむための「泡時計(awaglass)」

「砂」から「泡」へ──。
正確な時間を刻む砂時計。その中身をシャボン水に代えただけで、「計る」ための道具は、時間の流れそのものを「楽しむ」ためのものになりました。

「計る」から「楽しむ」へ
あいまいな泡の時間

Medium e072578bf3898eb4dfdc55926571bcc60d5ca69e557ee3447b4838431575ffcd77355acb3f272467

この泡時計、正式には「awaglass」ですが、デザイナーNorihiko Terayamaさんは、自身のプロダクトについて、潔くも的を得たひと言でこう表現します。

泡の刻む時間は、砂のそれよりもずっと曖昧

そう、大きな泡もあれば小さなものも。ゆっくりの泡もあれば連続したものもあります。これら不均一な泡がぷくぷくと表れていくのを、ただずっと眺めて楽しむための道具。それがawaglassのコンセプト。

落ちる「水」ではなく
上がる「泡」に注目

A8a35a5c994bfa9cd5b6307e5a95ff2da579d513

吹きガラス職人による「砂時計」とおなじ工法で作りあげたグラスの中に、デザイナー自ら調合した、特殊なシャボン水を閉じ込めてあります。

虹色のシャボン玉からヒントを得て誕生した泡時計は、液体が真ん中のくびれを通って下のガラス玉へと落ちるとき、下段の空気が泡とともに上へと逃げて、ぼこぼこ泡が立つ仕掛け。

落ちていく砂に目的がある砂時計とは対照的に、こちらは上がっていく空気(泡)の方に着目したつくり。逆転の発想から生まれた、砂時計とは似て非なるもの。

「時間」について
考え直してみたくなる

Medium 738beab989325d9fe0ef29eb4bdeac39418a711aMedium 62453e56be4612051b9f94ab7e536f44c03f4a5cMedium 264741cd964d8b354a80838afc758f36b7a2d429

時計をつくることからイメージを固めていったNorihiko Terayamaさん。時計について、時間について、深く考えていくうちにこのawaglassに行き着いたそうです。

「この作品を見ると、ほとんどの人が『正確かどうか』を気にします。なんだか不思議な感じがする」

Medium ff4e871da95793aa1a8920d0fda3cd02bf94852aMedium 19e36c2117fe79157b0dc1df2922ca5e2c0648f3F018eb71b08aa1c23d1c4e84bb6226cf4b13fa82

気づかないうちに過ぎていく一日、毎日の生活の中に流れる時間。ガラスの中に溜まっていく泡を眺めているうちに、あたらめて居心地のいい「自分のための時間」を見つめ直してみたくなるはずです。

そもそも、時間って「計るもの」なのでしょうか?
それとも、純粋に「楽しむ」ためのもの?

Medium f3cdb1b393f780395fd073103ee29ae9740a0103

awaglassのサイズは2種類。左はレギュラー(5,400円)、右は手のひらにすっぽり収まるサイズのmini(3,564円)。動画では、日の出から日の入りを「泡」が自在に時を刻んでいる様子が伺えますよ。

Licensed material used with permission by studio note
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
液体が動き、時刻を表示する。とても単純に聞こえるその仕組も、以下の映像を見るとその表現力の豊かさに驚く。使用されているのは「Ferro Fluid(磁性流...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...