今の生活をちょっとだけ、アップグレードさせる「8つの方法」

アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思える習慣。

「シンプル・スワップ」という聞きなれない言葉。意味するところは、不健康な習慣を見直し、1つずつ健康的なものへと変えていこうというチャレンジ。何事もまずは最初の一歩から。その先に、自分が理想とするライフスタイルを手にすることができるかも。新生活のスタートにどうぞ!

01.
ソファの「ながら食い」を止め
ちゃんとテーブルで食べる

0005_Layer-Comp-62-600x318

パソコンやテレビの前で食事をしている人はいませんか?私もこれまで少なくとも週に4日は、テーブルではなくソファに食事を持って行き、Facebookをスクロールしたり、ドラマを観ながら食べていました。すると、気づかないうちに体重がどんどん増えていたんです。

食事中、他のことに意識が行くと、気が散ってしまい、お腹がいっぱいかどうかの手がかりに注意がいかないことがあります。テーブルにきちんと座って食べる。こんな当たり前のことだけど、それだけでちゃんとお皿に取り分けようとしたり、パートナーや家族との団欒に積極的になったりと、いいことばかりですよ。

02.
テレビを観る時間を
「読書タイム」にチェンジ!

0000_Layer-Comp-12-600x318

一日が終わり、家に帰ってくるとまず、テレビのリモコンに手が伸びる。楽しい番組で脳をリラックスさせるのもひとつの手です。けれど、心を落ち着かせる方法は他にもたくさん。たとえばテレビやYouTubeの代わりに本を読むのもアイデアのうち。

なにも純文学や重厚なノンフィクション作品ばかりがここで言う本ではありません。写真集やアートブックだっていいし、もちろん雑誌に目を通すのもアリ。テレビやYouTubeばかりに偏った生活を見直す機会にどうぞ。

03.
間食するくらいなら
食事の回数を増やす

0006_Layer-Comp-72-600x318

よほどダイエットに励んでいたり、朝食抜きが習慣化しているようのな人でなければ、人間一日3食が基本です。けれど、日々の慌ただしさの中で朝食を抜いたり、仕事でランチタイムがろくに取れず、時間を外して食べたり、間食で終わらせてしまう人も多いもの。

勤務時間中、または授業中でも、こうした間食を繰り返すことで栄養価の少ない、高カロリーなものに偏りがち。食間に空腹を覚えるようなときは、間食を控えて水やお茶を飲むようにしましょう。もしくは、たんぱく質が豊富な食事を5回に分けて摂ることをおすすめします。

04.
メッセージよりも
電話でコミュニケーション

0002_Layer-Comp-32-600x318

テクノロジーは、人と人とのコミュニケーションをどんどん簡素化していきました。同時に現実世界でつながる機会が減ってきたのも事実ですよね。テキストメッセージは、相手と瞬時にコミュニケーションを図ることができますが、濃密な会話の代わりを果たすまでには至らないはずです。本当に大切なことを相手に伝えるとき、まさかメッセージだけで済ませてはいないでしょ?

次回、あなたが友だちと会う約束をするとき、あえて「電話」をかけてみるのはどうでしょう?どんなに些細な内容であったとしても、あなたからの電話に相手も嫌な気はしないはず。

05.
全身“黒づくめ”よりも
流行色を取り入れる

0003_Layer-Comp-42-600x318

モードのように全身黒で揃えるコーディネートは、洋服選びに迷いもないし簡単だけど、若いうちは避けた方が無難。とても重苦しい雰囲気を与えてしまうから。

ワードローブに色モノを追加するだけで、気分まで明るくさせてくれますよ。さらに、おしゃれに時間をかけることで、自分の見た目について、もっと良い感情を持つことができそうですね。

06.
100%でもジュースより
本物の果実を食べる

0004_Layer-Comp-52-600x318

グラス1杯の100%オレンジジュースと、1個まるまるのオレンジ。両者に、それほど大きな違いがあるとは思えませんよね。けれど、フルーツそのものには、ビタミンや栄養素、さらには天然糖がぎっしり。

もちろん、ジュースにもそれらは含まれていますが、一般的に加糖したものがほとんど。たとえそれが自然の甘味料だったとしてもです。つまり、本物のフルーツを食べる方が、体にとってはいいことづくし。ジュースでは失われてしまう(もしくは、人工的に添加した)食物繊維の含有量は、比べ物になりません。

07.
ベッドで作業せず、
働くときはデスクに限定

0001_Layer-Comp-22-600x318

デスクトップからラップトップ、そしてタブレットへ。以前よりも、仕事と生活の隔てが空間的に失われてきた現代。けれど、それはまたノートパソコンをソファで使ったり、夜遅くベッドの中でも画面を見たり、と体に悪影響を及ぼす可能性も秘めています。

たとえ、あなたのベッドがこじんまりした快適空間であったとしても、明確な作業スペースは「デスク」に確立する方がベター。やっぱり、プライベートな空間と作業空間は分離するのが理想ですから。

08.
朝食は目玉焼きより
「ゆで卵」がオススメ!

0007_Layer-Comp-83-600x318

卵1個あたりのエネルギーは、約100キロカロリー。タンパク質は約6グラム。朝食に卵を取り入れることは、一日のスタートに最適です。とは言え、より健康的な食生活にするためには、焼くよりも「茹でる」が基本。たとえオリーブ油であったとしても、目玉焼きに使用する油を摂取しなくて済みます。

さらに、サラダに入れたりお昼のお弁当に追加したりと応用力もあります。もしも、あなたがコレステロールを気にしているなら、黄身を取り除いたっていい。ほら、こちらの方が使い勝手は上でしょ?

Licensed material used with permission by LittleThings.com

知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
夢を思い描くことは大切なこと。もちろんそればかりじゃいけないとわかってはいます。では、頭の中にある理想を実現するために一体何が必要なのでしょう?そのヒント...
性別や年齢を問わず、私たちを悩ませるもののひとつ「薄毛」。遺伝的な要素ももちろんあるだろう。でも、それ以上に日常生活には、髪の毛へ大きな負担となっている習...
何が自分を不幸にするのかを知ることが、幸せな生活を送るための第一歩。「Power of Positivity」のこの記事には、そうした内容がまとめられてい...
健康的で、幸せな人生を歩むこと。それは誰もが望むものではないでしょうか?ライターのKristy Rao氏が、そんな願いを実現する25の習慣を「mindbo...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
机に座ってうーんと頭を抱えたり、眉間にしわを寄せて思索にふけったり。「考える」というと、何か「お勉強」的なイメージがつきまとう。だが、それはもっと身近で、...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
いつでも気分よく生活するなんて絶対ムリ!なんて思ってはいませんか?もちろん、人生は山あり谷ありですから、つらいことや悲しいこともありますが、ANAで25年...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
どんなに大きい夢や達成困難に見える目標でも、まずは「絶対にできる」「やるぞ」と信じるところがスタート地点です。でも現実は失敗ばかりで、くじけそうになること...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
犬の寿命は当然ながら人間よりも短く、大型犬だと6歳くらいからシニアだという意見があるほど。とは言え家族の一員ですから、いつまでも元気でいて欲しいですよね。...
ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...