【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!

まだ、アメリカの統治下にあった1970年代初頭の沖縄。その時代に建てられた施設をリノベーションして、新たに「モーテル」として生まれ変わらせたデザインホテルが、本島中部に開業しました。

気分はまるでロードムービーの主人公。窓から海が見えるだけが、この島の魅力じゃありませんよ。

リアルな“Okinawa”を体感する
モーテル泊が面白そう

Medium bb6f0d6a97d45b3b73e0c5714fcdaf68a7544a3e

一列に並ぶガレージから、キャデラックやサンダーバードといったアメ車が今にも出てきそうなこの感覚。スクリーンの中でしか出会えないような世界が、那覇から1時間ほどの場所にありました。

ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着いた住宅地が広がっています。

Medium 2bb4995587d5cdb7b84aa796d31e57ddea2aea82

日本とアメリカ、ふたつのカルチャーがミルフィーユ状に折り重なるようにして、琉球文化と混じりあう場所。この沖縄の象徴のような地区には、アメリカ統治時代の“Okinawa”だったころに建てられた建物が今も多く点在し、ここ数年カフェやセレクトショップへと改装した店舗が次々とオープンする注目のエリアです。

その一角に開業したのが「SPICE MOTEL OKINAWA」。建築デザインオフィスがリノベーションした、開放感あふれるデザインモーテルです。

部屋は選べる3タイプ
もちろん、ガレージ付きも

Medium ea5c2b0ac3744110332b412d3b5836b2950db138Medium 5d0ac7bb373ddcbf7c58136f1c8c925861cb882fMedium a2d3151ca62f19a5a607dd3330944850e62f19acMedium 7c25d97d68db9dfad4666965696e549a58a30a04

部屋のタイプはダブル、ツイン、トリプルまで(1泊5,200円〜)。かつてのモーテルを再現したインテリアの部屋は、外国人旅行者にも人気があるんだそう。また、北部へと向かう旅の中継点として単泊で利用したり、さらには腰を据えてのロングステイにも、旅のスタイルやスケジュールに合わせて利用できる“気軽さ”が魅力です。

Medium 847945825a30fb0e6a3e047b5587b52e12ac52bf

こちらは併設のカフェ。ひときわ目を引く「自動車」のネオン看板は、もともと建物の屋根にあったものを再利用したものだとか。出会いの場となるロビーラウンジにくつろぎながら、旅の情報を交換したり、泡盛のグラスを傾けながら旅の余韻に浸ったり。ホテル泊とはひと味違う「島時間」を堪能できるはず。

ちなみに、一番近いビーチまでは車で約10分ほどだそう。

Medium da698b612770562d3290041745ece7e195e9d46c

ところで、県の観光統計資料によると、沖縄を訪れる観光客の約8割がリピーター層だといいます。コバルトブルーの海が広がる、オーシャンビューのリゾートホテル泊も当然すてきだけど、普段着感覚で沖縄を体感するのも、この島の楽しみ方ですよね。目の前に迫ったGW、もしくは夏休みに。予約は公式ページからどうぞ。

三線の音色がいつもと違って聞こえてくるはず。

Licensed material used with permission by SPICE MOTEL
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
冷たい風にさらされて冷え切った体をいやすのに欠かせないのが、ぬくもりと滋養。その2つを同時に満たしてくれるものといえば…日本人のソウルフード「豚汁」でしょ...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。そこでは、コンピュータやスマホ、タブレットから時計に至るまで、デジタル機器に触れることは...
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま...