アサリを本当に美味しく食べる方法。ポイントは砂抜きの後に・・・

スーパーで買ったアサリ、塩水に漬けて砂を抜くことは料理の基本で言われていますが、砂抜きの先にある、さらにうま味成分を引き出すテクニックについては、あまり言及されていません。

今が旬のアサリの美味しさを最大限に引き出して味わうためにも、覚えておきたい調理テクニックをご紹介します。

砂抜きのポイントを
おさらいしよう

01.
塩水に浸す

286581428

アサリを買ってきたら、バットのような平べったい容器に水を張り、アサリが少し出るくらいの分量で塩水を入れます。塩の分量は水の3%が目処。500ccなら15g入れればOKです。

02.
暗くして
2〜3時間置いておく

新聞紙などで覆って暗い環境にすると、アサリはリラックスして砂を出しやすくなります。また、砂を噴射しても周りに飛び散らないので安心です。冷暗所(室温)で2〜3時間置いておくのが目安です。

※室温が高いときは、冷蔵庫で砂抜きしてください。

この2点を守れば、砂抜きは完璧です。が、ここまでは当たり前。ポイントはこの後にあります。

03.
うま味成分の「コハク酸」を

379048996

アサリの砂抜きが終わってすぐに調理したり、すぐに冷蔵庫に入れてはもったいない! アサリの持つうま味成分コハク酸をさらに引き出すために、濡らして絞ったキッチンタオルをかけて乾燥を予防し、20度前後の室温で約3時間置いておくのが正解です。

アサリはエラ呼吸ができなくなり苦しくなると、コハク酸を作ります。ちょっぴりかわいそうですが、強いストレスをかけることで貝類特有のうま味成分が引き出されるのです。

冷蔵庫の方が鮮度が長持ちして美味しい気がするかもしれませんが、冷蔵の温度ではコハク酸が増えにくいと言われています。こうしてしっかりとうま味を引き出す一手間によって、最高に美味しい状態でアサリを食べることができます。ぜひ試してみてください!

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

アサリをお店で購入する際、どんなものを選ぶようにしていますか? 大ぶりなものほど美味しいと思っている人。それ、間違っていますよ!美味しいアサリを選ぶには、...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
まだまだ暑い日が続く。そんな時こそ食べたくなるのが辛いもの。ただでさえ暑いのにぐつぐつ煮えたぎる韓国料理「スンドゥブ・チゲ」を頬張って、ダラダラ汗をかく。...
ビールが好きです。缶か瓶かで言えば、瓶派。とくに、コロナビールが好きです。日頃から瓶ビールを呑む機会が多くて、とくに夏の暑い日なんかに散歩をしていると、す...
焼き鳥屋さんでは定番の「砂肝(砂ずり)」。食卓にあまり登場しない理由は、料理のレパートリーがそれほど多くない、あるいはそもそも調理法が分からない、といった...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
柔らかくって、瑞々しくって、ほんのり甘い……春キャベツがおいしい季節ですね。なるべく生のまま食べるのが美味しいし、栄養のロスも少ないのですが、まるごとドー...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Sha...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
すっかり気温が下がり、秋の訪れを感じる今日この頃。「そろそろサンマが食べたい!」と思っている人も多いはずです。今回は、そんな時に知っておくと役に立つ情報を...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...