本当に漬けるだけ!余った食材で作る「塩漬けレシピ」5選

購入したのはいいけれど、食材を使い切れなかった……そんなときに便利なのが保存食を作っておくこと。

なかでも塩漬けは、食材の水分を抜き、保存性を高める働きがあります。食材が腐りやすくなるのは水分が残っているから。塩分濃度を高めることで傷みにくくもなるのです。食材の劣化を防ぎ、熟成することでうま味が増したり、味がマイルドになったり……。保存もできて、汎用性抜群な超万能塩漬けのレシピを紹介しましょう。

01.
きのこポン酢やパスタソースに!
「塩きのこ」

th_IMG_9441

【材料】しいたけ     100gしめじ      100gえのきたけ    100g塩          9g【作り方】①しいたけは石づきを切り落とし、薄切りする。しめじは石づきを切り落として長さを半分に切る。えのきたけは石づきを切り落として3cm幅に切る。②フライパンに水(大さじ3)を入れてクッキングシートをしき、(①)を広げて蓋をしたら中火にかけ、5分蒸し焼きする。③煮沸消毒した保存瓶に(②)を入れ、塩を加えて瓶をふったら、そのまま室温で2時間おき、塩が溶けたら冷蔵庫で保存する。

複数のきのこを組み合わせることで、複雑な香りに食欲がわいてきます。

オリーブオイルと合わせてパスタのソースにするのがオススメ。他にも、ゆずやレモン果汁と合わせてきのこポン酢を作ってお鍋にかけると箸が止まらない美味しさですよ。

02.
チーズみたいに、サラダへ
「塩豆腐」

th_IMG_9591

【材料】豆腐     1丁300g塩      小さじ1【作り方】①豆腐の水気を切り、2枚重ねたキッチンペーパーにのせて全体に塩をふったら包む。②(①)を皿にのせ、冷蔵室に半日おく。③キッチンペーパーを変えてさらに半日おく。

ねっとりして豆腐の香りも凝縮! モッツァレラチーズのような感覚でヘルシーに食べられるのがうれしい逸品です。

サラダに入れたり、トマトとバジルと合わせてカプレーゼ風にするのがオススメです。

03.
トーストに乗せると、最高!
「塩トマト」

th_IMG_9437

【材料】トマト  2個(200g)塩        20g【作り方】①トマトを8等分のくし切りにしたら横半分に切る。②煮沸消毒した保存瓶にトマト、塩を交互に入れる。③冷暗所に5日おいたら冷蔵室で保存する。

爽やかな酸味と甘み、そしてトマトのうま味が熟成したことによって増します。マヨネーズに合わせたりドレッシングに加えたりするとさらに美味に。

カッテージチーズと混ぜてトーストしたパンにのせたり、カルボナーラの仕上げに散らすと……堪りません!

04.
魚料理に使って、白ワインと……
「塩レモン」

th_IMG_9439

【材料】レモン(国産・ワックス不使用のもの)            2個(約200g)塩(レモンの重さの10%)                             20g【作り方】①レモンを水で洗い、ペーパータオルで水気をふく。②両端を切り落とし、6等分のくし切りにする。③煮沸消毒した保存瓶に塩、レモンを交互に入れて冷暗所に1週間おく。1日1回容器を上下にふって全体をなじませる。

そのまま食べるとレモンの酸味がまろやか! 発酵することで、うま味が出てパルミジャーノチーズを食べた時のようにじんわり長い余韻が感じられるようになります。

サラダに使ったり、魚料理の仕上げにかけるともう最高! 白ワインによく合います。

05.
肉に魚に!万能調味料
「塩にんにく」

th_IMG_9438

【材料】にんにく       1個(約50g)塩(にんにくの重さの20%)  10g酒(にんにくの重さの2倍)  100g【作り方】①にんにくの皮をむき、根元を切り落として横半分に切る。②煮沸消毒した保存瓶に全ての材料を入れ、冷暗所で2週間保存する。

お酒に、にんにくの香りがしっかりと移ることで美味に。漬けて熟成させることによって、にんにくの辛味も少しマイルドになるんですよ。

魚料理や肉料理の味付けに重宝すること間違いなしです。

旬の食材は1年で最も美味しくなる上、価格も安くなるので大量に買って保存食に仕込んでおくのがおすすめです。ジャーに詰めると、見た目にもオシャレでキッチンの彩りに。完成が待ち遠しくなり楽しみが増えます。ぜひ試してみてくださいね。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
夏に向けてダイエットを始めている人も多いはず。高カロリーなイメージにあるチーズですが、ダイエット中にもたくさん食べたい! そんなチーズ好きな人にオススメの...
普段、何気なく使っている「食材」にまつわる言葉も、明確に何が違うのかと言われると答えられないことがあります。例えば、ハムとベーコン、唐揚げと竜田揚げ、ツナ...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...
ダイエット中だから高脂肪の食事は避けたい。そんなとき、高野豆腐が強い味方になってくれることを知っていましたか? 噛み応えのある独特の食感を上手く利用して、...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
スペイン料理の人気メニュー、アヒージョ。具材をにんにくやオリーブオイルと一緒に煮込んだ料理です。お皿に残ったオイルをパンに浸して食べるのもいいですよね〜。...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
ここ数年で続々オープンし、いまだに行列が途絶えないというポップコーン専門店。どのお店もとっても美味しくて、人気があるのも頷けます。だけど、行列に並ぶのはち...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
昨今の健康ブームに乗っかって、ではなく日常的に食卓に「豆腐」が登場する国は多々あります。その起源は中国と言われ、ベトナムやタイ、カンボジアなど東南アジアの...
ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...