トヨタ自動車が作った木の車「SETSUNA」。込められた想いが深かった

2016年4月12日から17日にかけて、イタリア・ミラノで開催される「ミラノデザインウィーク2016」。このデザインの祭典に、トヨタ自動車が出展するコンセプトカー「SETSUNA」が話題になっています。

人とクルマの新たなつながりを
「木」を用いて具現化!

9183ada2c9b5982452e1b166583fa71f8359f839

クルマと一緒に過ごす時間や出来事を積み重ね、愛着を持って労わり、手をかけて受け継いでいく。そうして、家族だけの新たな価値となっていくことを提案するコンセプトカーが「SETSUNA」。一瞬一瞬、刹那という短い時間の繰り返しの中で、かけがえのない存在になっていくという想いが込められているのだそう。

Medium 6e0d34cd48f3ba9abce541a52b9dcabd17af5d44Medium eee51beaf0929b30bc69500c9b8f57fc215f2e5f
コンセプトの具現化に適した材料として、外板やフレームなどに「木」を採用。環境や使われ方で色や風合いが変わっていき、味わいや深みが増すことで唯一無二の存在となる。さらには、手をかけることで、世代を超えていつまでも使い続けることができる、といった意図があるのだとか。
Medium 95f5acdf579345e206550712657393a6c67cc91cMedium 654d484c535cf22421a1c9b13cb3af2b6b4d6b26

家族と時を刻む
「100年メーター」

Medium e1cbeaa7e301fdf48be283196fe1e6a9802b32b5

アルミケースの中の短針は時間(1周=24時間)を、長針は月日(1周=365日)を、そしてカウンターメーターは年を刻むもの。その家族の歴史とともに、ずっと止まることなく寄り添い、共に歩んでいる時間を示し続けるのです。

ボディは
取り替え可能な木のパネル

Medium 4bf4d11420dc96735e66baa0b59fc661b14f97c0

積み重なる想いを表現するために、ボディは86枚のパネルで構成。どうしても修理しなければならなくなった時には、全体を交換するのではなく、その一枚だけを交換可能。傷つき外されたそのパネルを見ると、かつて手間が掛けられた跡が残っていて、その受け継がれてきた想いを感じることができます。

日本古来の伝統技法
「送り蟻」「くさび」

Medium 1c84763c71214fd91e6fe51d1fec46b120fa635b

木の接合に釘やネジを使用しない日本古来の伝統技法である「送り蟻」「くさび」などを採用。外板の着脱を釘などを使わずにできる「送り蟻」は、接合部の強度を高めるばかりか、締結部がすり減ったとしても「蟻ほぞ」「ほぞ穴」を部分的に取り換えることができ、本体に加工することなく使い続けることができるそう。フレームの接合部には部品と部品を貫通させた「通しほぞ」に「割りくさび」を用いて締結しています。

Medium 1d2040e58e00cfc6be1768717b1c4fca6026c57aMedium 59647f4c95ec127d3bcdded6194c613362b155eeMedium 7be8484cfbd9fc28706ba7d52386b7e6c34d1090

「SETSUNA」は、以下の動画のように実際に走行することもできます。が、もちろん公道を走行することは不可。その素晴らしいコンセプトが、ミラノから世界中に発信されるといいですね。

Licensed material used with permission by TOYOTA
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。工房は50年前...
チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
自然に囲まれ、空気もキレイなところに住むことが健康にいい、というのはスッと理解できるはず。でもそれが「収入にも影響する」と言われたら、ちょっと驚きませんか...
舞台は中国・西安の古観音禅寺。樹齢1,400年と言われる巨大なイチョウの木が、そのダイナミズムと素晴らしい色づきで、人々を驚かせています。“黄金色の絨毯”...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
2015年12月28日にYouTubeに投稿された動画の内容が考えさせられると話題だ。あの世界一有名なイタリア人男性と言っても過言ではないマリオブラザーズ...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
ここで紹介するのは、米カリフォルニア州にあるワイナリー、キャサリンホールにある少し変わったシャンデリア。まるでブドウが垂れているようにも見えるこのシャンデ...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
あなたの家族や恋人、親しい友人・知人に感謝や祝福のメッセージを贈るとき、いつもとは趣向を変えて「ハワイ語」を送ってみると、相手に驚きと感動を与えられるに違...
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...