ワインを1杯、2杯、3杯・・・ほろ酔いの友だちを激写!結果、こうなりました(24人)

ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。

内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」「1杯」「2杯」「3杯」とそれぞれの表情を撮影したもの。陽気になっちゃう人から、ほとんど表情が変わらない人まで、「自分だったらどうなるかな〜」と想像しながらご覧あれ。

3杯めのワインは
「騒乱」とともに!?

Medium 9cc967c9812c71ad9387f700beb8a116ed67b377

撮影をしたマルコスさんいわく、

「ワインについて、こういう言葉があるんだ。『1杯めは食事とともに。2杯めは愛とともに。3杯めは騒乱とともに』ってね。だから僕は、それを試してみたかったんだ。

仕事帰りで疲れているのか、来る時に渋滞に巻き込まれたのか、最初のカットはみんな表情がかたいけど、最後にはいろいろなストーリーが生まれたよ」

Medium c2e5ed5f53397b15b1f7b32992b7be8f2907cb41Medium f050a5ca3dbf510193317809be471c3e0fd6339cMedium a9c594afceaf2f05762f78fe6e865df7662e59f5Medium 26c1ae2ca455eceafa4c226ce495a7f384c752c7Medium cbc070573e36e6b34fe6b67567c12afd898d20d3Medium 843525156a02d0a882bb895665eae88eee9242e5Medium 5e950d29bcea4e5cf1186fc05866d37cc0dec169Medium a25dba0d78b939103956205a2b6551160f3879daMedium 778cf4ea9678673c9c7888d9cd797dae6508ad83Medium 2b8075a520c0ecd787eaddcdd9ee9f6b0a21bacbMedium da5131a06ca08d7edc49b349412e9788509b24d6Medium c97eaa54cc461ea7ec458a7fc6c006232c649e64Medium 5ddd30f394cb0ccd9e3fd910d828157a349c2cbcMedium 6852dfbd8db1d7e48c201f53906e8cb537cf6024Medium 400170f44bb02a29bac3ceeaf4c2e8da61745156Medium cca2cdefe6e8ff62e2835b64ad51032ab607ee75Medium 3d3e4fe4007815707c9dce08d0a0ecc4fba6fde4Medium acfd4a83c747eb745f135789a0ba8dd59b828f0eMedium d6b2ab04c40363b5ecd94e435c50b239313695eaMedium 7f1301a28c672c72b45f232e49093ee89e90f4d5Medium f6232b8b8bc3da6149749e211fba3c8dfda0bbd2Medium 61a86e7743ad6945863fe6b96eafdb2255bd0d12Medium 5a3bbec80270a52104ab2979f7ac6a77b4edb507

なかには、2杯めにテンションが上がって、3杯めにはもう目が座っちゃってる人もチラホラ(笑)。

あなたも、友だちと試してみませんか?

Licensed material used with permission by Marcos Alberti
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
イタリアは全20州すべてでワインを生産していて、その土地ごとに様々な特徴を持っています。その種類は、とても数えきれないほど。フランスと並んで、世界でも有数...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
クラウドファンディングを目的としたサイトKicksterterには、あらゆるモノが登場する。目からウロコの発明品もあれば、次世代ハイテクギア、モノでなくと...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...