HIPHOP好きの17歳が「ノリ」で作ったメッセージアプリ。予想外の賞賛が!

はじめはシンプルなきっかけだったそうです。

ポーランドに住むMateusz Machは、ヒップホップが大好きな17歳。「友達同士のふざけたメッセージのやりとりをもっと簡単にしたい!」。いちいちテキストを打ち込むのも面倒だし、「YO!」「OK!」と、いわゆるLINEスタンプのようなコミュニケーションツールを求めていたのです。

簡単なハンドサインで
サクサクやりとり

Medium 0763cfbd3def9fb6b086faa0c6758471725aadb0

そんなMachは自らメッセージアプリの「FIVE」を開発してしまいました。若者が好きそうなハンドサインをベースにしたツールで、送りたいサインと友人を選べば、サクサクとコミュニケーションができます。

でも、スゴイのは
ここからでした!

6ddb8648db261c4604b857bf1d880ba130e0886f

FIVEの優れているところは、なんとオリジナルのハンドサインを作ることができる点。友達同士だけがわかる「秘密のサイン」だってOKです。

「いつ使うのかわからない何千もの絵文字より、こっちのほうがシンプルでかっこいいだろ?」

FIVEは、自分たちが「クールだ」と思う精神を大事にしています。

Medium c8d454c2e3dd9e36187cb90214327e50310f0ae2

メッセージのやりとりなのに、実際に友達みんなでワイワイとはしゃいでるような気分にもなれます。

と、ここまででも十分に素晴らしいのですが、物語はさらに進んでいきます。

「聴覚障がいの人から
感謝のメッセージが来たんだ」

Medium 4163bd60dbc04774448f7e28942723fcc8884fbf

当初は、Machが「友達同士のノリ」のために開発したアプリでしたが、彼の元にアメリカ手話を使う聴覚障がいを持つ人々から、たくさんの感謝のメッセージが届くようになったそう。

テキスト入力よりも簡単で、手話としても使いやすいという思わぬ副産物が生まれました。結果として、世界初の「聴覚障がい者向けメッセージアプリ」になったというわけ。

現在アプリは約1万人の耳の不自由なユーザーに届いていて、2016年のうちに15万人に増える見込みだとか。18歳になった彼は今、ポーランドで約1,500万円の資金を調達し、国連のサポートも受けながら次なる開発を進めているそうです。

Licensed material used with permission by Five
Reference:upworthy, CULTURE.PL
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
「世界」ーそれはもはや誰もが気軽に言える単語となった。どこで働いていようが、どんなことをやっていようが関係ない。ボーダーレスの21世紀は年齢すら関係なくな...
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
付き合い始めた頃はあれほど「好きだよ」と言ってくれていたのに、時間が経つにつれてまったく言ってくれなくなる。そんなものですよね、男性って。女性からするとそ...
「reddit」は、アメリカ最大級のソーシャルニュースサイト。誰でもトピックを立て、自由に意見や質問を述べることができる、いわゆる“掲示板”のような存在で...
ブラジルで、障がい者用スペースに駐車したマナー違反者を制裁するドッキリが仕掛けられました。その凝った仕掛けが、世界中で話題を呼んでいます。仕掛けたのは「C...
この男性となら、結婚してもいい!そう思える瞬間って、一体どんなシチュエーションなのでしょうか。そのヒントが欲しいなら「Elite Daily」に掲載されて...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。従来の一般的...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...
サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、な...
ライターAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に男性必見の記事をまとめています。初対面の女性が、以下の項目に該当する行動をとった場合、...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
死んだあとってどうなるの?と聞かれるといくつか思い浮かぶイメージはありますよね。たとえば、天国とか地獄とか。しかし、ここで紹介するRamin Nazerさ...
カナダ在住のPaula Grzelak-Schultzさんは、夫と一緒に「オリジナル・ジョー」というレストランで食事をしたあと、車を置いてUberで帰りま...
コーヒーチェーン、スターバックスの店員さんの接客対応が素敵なことは、ヘビーユーザーでなくとも周知の事実かもしれません。そのホスピタリティを体現するエピソー...