弱っている人やペットを助けるためなら「車に侵入してOK」な法律が!(米・フロリダ)

フロリダと言えば「眩しい太陽が降りそそぐ街」、そんなイメージがありますよね。

しかしその反面、高温多湿な気候ゆえに「クルマに放置された赤ちゃんやペットの死亡事故」が後を絶たず、新たな法的措置がとられたのだとか。

手順を踏めば
ロックを壊してもいい!?

Fd08c5fdea87775816f90725cf0873a1f559c685

BRADENTON HERALD』の記事によれば、この3月からスタートした法律は「車内で弱っている人やペットを見かけた場合は、クルマに侵入してもいい」というもの。

鍵の開閉チェックや、緊急通報用番号911への連絡など最低限の手順は必要なものの、救助が目的であれば、たとえロックされた車内に入ったとしても訴えられる心配はないとのこと。

最近では車種によって、人が中に残っていると警告音が鳴るものもありますが、現実的にこういった法的措置がとられるのもアメリカらしい、と言えるのかも…。

車内放置の問題に関しては日本のニュースでも定期的に話題になるだけに、他人事とは思えませんね。

アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。その一つひとつを、わざわざ...
ネガティブな問題を注意喚起するのに、あえて逆説的にコミカルに伝える手法は、言ってみれば常套手段。世界には思わず吹き出したくなるようなキャンペーン動画がたく...
毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。アメリカ・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんは、近所で起きた...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
これは、米・フロリダ州キーウエストに建設される海底ホテルです。すでに認可を受け、300万ドル(約3億6,500万)の資金を調達中、集まり次第着工し4ヶ月ほ...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
同国には、2008年に生き物の権利を守るための法律が細かく制定されていたーーと「The Daily Mirror」が伝えています。たとえば、金魚は社会性が...
アメリカである過激な社会実験が行われました。「炎天下の車内で10分間耐えることができれば100ドル」というニセのチャレンジ企画です。冗談にしても少々、度が...
犬や猫との暮らしにある、何気ない「あるある」をほんわかしたイラストで綴る、ロシア在住のイラストレーターLingvistovさん。そんな彼女のクリスマスバー...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
何も言わず、でも全てをわかってくれているような。そして、寄り添うと感じる安心感。ペットとの絆は「家族以上だ」という人もいるほどです。同じ景色を眺めていれば...
夢に出くる「車」は人生におけるあなたの原動力を示しています。車の種類や色、状態、シチュエーションによって、夢の示す意味が変化します。同じ夢でも、夢の印象に...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
3月17日は、聖パトリックデーだった。そんなお酒が進んでしまいそうな祝祭日の夜、とあるBARでスッと出されたコースターには、こう書かれていた。THIS C...
幾何学パターンで組み立てられた多面体の物体。一瞬、オブジェにも見える丁寧な仕上げ。これが、ペットハウスだと知って驚いた。日本のナチュラルスローというブラン...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...