「城下町全体」がひとつのホテル。400年の歴史にとけ込むように泊まりたい!

ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、これまでとは違う“まったく新しいコンセプト”のホテルがオープンし、話題になっています。

新しいホテルのカタチを
「城下町全体」で体現

Medium 5a66bb4dd421c4dabac975c26a46cadd36d27991

Photo by nipponiastay.jp

2015年10月に開業した「篠山城下町ホテル NIPPONIA(ニッポニア)」は、「城下町全体」をひとつのホテルに見立てた宿泊施設です。築100年を超える明治時代のものから昭和のものまで、歴史的に価値の高い建物を中心に宿泊棟としてリノベーション。滞在中は、その歴史ある空間に包まれ、趣を感じることができるはず。

4棟ある宿泊棟の名前には、ONAE(オナエ)、SAWASIRO(サワシロ)、NOZI(ノジ)、SION(シオン)と、歴史的に篠山と関係の深い「菊の名称」をつけたのだそう。

「ONAE」

Medium 34099ba380a87ebd3955b2b631121b06d68bca05

Photo by nipponiastay.jp

主屋や離れ、土蔵、庭園が現存しており、庭園にはその昔に篠山城の見張り台として使われていたとされる「エノキの大木」がシンボルツリーとして佇んでいます。建物は、篠山城下町の町屋の特徴である下屋(主屋から差し出してつくられた小屋根)を有し、その高さは周囲の建物と合わせて連続したまち並みを形成。

「SAWASIRO」

Medium 04e0b41ca13350f7f681235fc3ec1b2754eee420

Photo by nipponiastay.jp

もともとは、茶屋を営む店舗兼住宅。創建は江戸後期とされ、篠山城下町ホテルNIPPONIAの4棟の中で最も古い建物です。

吹き抜けた土間は開放的ながらも、当時からの梁などを見ることでき、風情たっぷり。昔の姿を残したお風呂をそのまま利用することができるなど、古民家宿泊ならではの歴史の趣を楽しむことができます。

「NOZI」

Medium 057200b82bc150eb4b67f498d145309dfbc99bda

Photo by nipponiastay.jp

京都の町家に多く見られる平入り厨子(ツシ)を屋根に持つ、間口が狭く奥行きが深い敷地・建物の形状は、明治前期とされる創建当時の趣をよく残しています。街道に面した母屋からは、特徴的でもある格子越しの情景を楽しむことが可能。

「SION」

Medium 32f257a0c3a17d22754776e9d48cc74c8315e891

Photo by nipponiastay.jp

一度改装されたこともあり、現代風の外観ながらも、どこか実家に帰ったような気持ちにさせてくれます。付近には「王地山まけきらい稲荷」や公園があるため、気ままな散策から街歩きまで、町を楽しむことのできる建物。

土地を楽しむ本格フレンチ

Medium 18a73973309f4e62b14875e63edca2e889b8bb3a

Photo by nipponiastay.jp

丹波篠山は古くから栽培される全国的にも名高い特産品が多く、まさにブランド食材の宝庫。月ごとに旬を迎える滋味豊かな地元産食材を、最高の状態で提供してくれます。

Medium b2e380d06bd8a03474f37f369e26bf6334186315

Photo by sasayamastay.jp

「城下町全体」で体現する、新しいホテルのカタチ。まだGWの予定が決まっていない人は要チェック!宿泊予約はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by NIPPONIA
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400m...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがある。日本の町工場をレーベル化する計画だ。つまり、工場内に繰り返し鳴り響く機械音を再編集し、映像と掛け合...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...